NPCリスト

  伝奇における世界(主に狭間市)の住民達の紹介を行います。
  思いもかけず長期&複数SDによる共有世界観キャンペーンが続いているため、状況整理の為に一読する事をお勧めします。
  セッションにより追加になったキャラクター及び設定などを随時更新する予定です。
  セッションに複数回登場したNPCなどの紹介を各SDが加えていただければ幸いです。

共有NPC

  以下に共有NPCのリストを掲載します。
  共有を許可するNPCを各SDは加えていただければ幸いです。

名前 親元のSD 活動場所 根源力 共有条件など
メルクリアーリ シュワ 主に狭間市 60000 塵骸魔京の経験
田中義春 シュワ 主に狭間市 15000 特に無し
彼方左衛門尉雪典 シュワ 主に狭間市 15000 特に無し
わだつみの民の女王 シュワ 主に狭間市 15000 特に無し
ガーレン・ヌーレンブルク シュワ 主に狭間市 10000 特に無し
平井ゆかり シュワ 不定 10000 特に無し
赤坂守 シュワ 不定 10000 特に無し
下田龍雄 シュワ 主に狭間市 6000 特に無し
ルナ・アイクード 白石 不定 10000 特に無し
ラウラ 白石 不定 8000 特に無し
近城静 白石 不定 8000 特に無し
弓下総 白石 主に狭間市 8000 洒落のわかる方
白石 主に狭間市 6000 洒落のわかる方
七草舞子 露木 主に狭間市 2000 洒落のわかる方


Index

あ行


赤坂 守

(根源力10000相当)
  警視庁公安部第7資料室に勤務する穏やかな青年です。
  しかし、その部署は名前と裏腹に実は国家の機密を管理する仕事になっております。
  その部署のエースである彼はどうやら問題の狭間市の調査の為に訪れている様です。
  ある事件で深い後悔を覚え、肉体を鍛え上げた彼の実力は狭間市でも十二分に通用するものになっております。
  特にその打撃技は「徹甲弾」と呼ばれる程に強力なものになっております。
  ちなみにその事件の数年後に起きたある騒動は彼の活躍により無事解決し、家族と平穏な生活を送っていました。
  基本的に調査目的の来訪な上に彼自身は極めて温厚な性格なので敵対行動をとらなければ友好的な態度で接してくれるでしょう。
(セリフ)
「給料いくらだ!!」(戦闘時敵に向かって)
(SD:シュワ)

イータ

(根源力1000相当)
  深田が産業廃棄物処分場の中から拾って直した人形の少女。以前の記憶などが無い為、深田を主として活動を行っています。
  外見は十代前半の西洋風の少女のものであり、幼い外見をしていますが時折、口調が変化する事があります。
  また、彼女は完全に人間に擬態することが出来ないため(関節等は球体間接になっています)普段は服などで隠してバレない様にしております。
  普段は深田の秘書(?)として付き添っていますが役に立つか怪しいところです。
深田曰く「はぁ・・・せっかく金髪なんだからボン!キュッ!ボン!の姉ーちゃんが欲しかったぜ・・・トホホ」
(SD:シュワ)

大カラス

(根源力2000相当)
  狭間市に住むカラス達の長です。体長1m前後、翼を広げれば3mを超える体を持ちます。
  狭間市の特殊な環境により人外に変化している途上です。現段階では低い知能であり、人間の言葉を話すことまでは出来ません。
  しかし、種族間・特殊な技能(「人外理解」の保有者)ならば十分な意思疎通を取る事が可能です。
  また、街にどれほど居ても不自然ではない配下のカラス達による情報網は侮る事が出来ないでしょう。
(SD:シュワ)

か行


蟹法 牛光(通称:大男)

(根源力?????相当)
  美咲のアパートの住民の寡黙な大男。他詳細不明。
(SD:シュワ)

彼方左衛門尉雪典 (通称:彼方)

(根源力15000相当)
  夜闇の民の吸血鬼の一員です。田中の同僚で組織の戦闘部隊を任せられている実力者です。 肉体的な外見は西洋系の白色人種ですが、名前・言葉遣い・立ち居振る舞いは古式ゆかしいものです。
  なぜかいつも不機嫌そうな憮然とした顔をしていますが、主に対する忠誠は狂信的なものであり、主のために命令にない行動を取る事もあります。
  普段の格好は下はスラックス、上は素肌の上にそのまま羽織を着ただけで前もはだけています。そして長く伸ばした髪をそのまま垂れ流し、常に日本刀を引っさげており、機嫌を損ねた者は容赦なく切り捨てます。
  PCが接触を行う際は十分注意してください。
  • セリフ
「下郎が・・・!己が身を思い知れ!」(無礼を働いた者に対して)

(SD:シュワ・塵骸魔京をご存知のSDはガイドラインに従う限り、ご自由に使用して結構です)

鎌田 一

(根源力8000相当)
  ビル風が吹く狭間市中央部に根城をもつカマイタチの人外。
  趣味は夜の街の散歩。目標はバイクで400Km/hを出す事。
  バイクショップのバイトで生計を立てながらバイクの改造に勤しんでいます。
  普段はノンビリとした雰囲気であるが、切れると凶暴化し周囲を破壊しつくします。
(セリフ)
「やぁ、珠江君。今日もバイトに精がでるねぇ」(タマに挨拶)
「石造りの都にも風は吹きすさぶ・・・味わえ!我が疾風!」(格好つけて攻撃する時)
「イチじゃねぇ!ハジメだ!次言ったらブッコロス!」(半殺しにした後で)

(SD:シュワ)

ガーレン・ヌーレンブルク

(根源力10000相当)
  旧市街地の一画に住むチェコ出身と噂される老婆の魔道士。
  性格は厳しいがその分、自分にはより厳しく戒律を求めるため、狭間市の魔道士のまとめ役を担っている。
  魔道を私利私欲のみに使うことを極めて嫌う故に魔道による被害者の救済には極めて熱心である。
(セリフ)
「やっかいな呪いだねぇ・・・苦しかったろう・・・でも安心をし、ここにくれば安全だよ・・・」(救いを求めてきた者に対して)

(SD:シュワ)

奇綿津見玄比賣命(通称:わだつみの民の女王)

(根源力15000相当)
  狭間市の地下に流れる水路(雨水・地下湧水・河川の埋め立てによる排水等)をナワバリにする「わだつみの民」の民長(女王)です。
  無論、全ての地下水路(地下施設)が彼らのナワバリではありませんが、狭間市に住む人外としては最古参な組織であるため主要な水路はほぼ押えております。
  活動範囲が地下であるために地上のナワバリの保有者とは接触・対立する事は非常に稀となっております。
  彼女の本拠地は狭間市の地下にある大規模な地底湖であり、通常はその湖に全長20mを超える蛇を思わせる肉体を置いております。
  また、彼女は分身として人間の肉体(幽体)を持つため、意思疎通は可能です。
  性格は極めて温厚でありますが、近年、その存在をストラス製薬により脅かされつつあるために、ナワバリへの侵入者への対応は厳しいものになっております。
  また、とある事件により「紅」との交流の機会が得られましたが、それがどう影響するかは未だ不明な状態です。

わだつみの民:全長1.5m程の巨大なゴツい深海魚の姿を持つ人外です。生息数は100前後と考えられています。

(SD:シュワ)

(根源力10000相当)
  数百年前に名工の手により作成された自動人形が魂をもった人外。
  現在は自己改良を重ね人間と区別がつかない外見をしています。
  自分の屋敷の中から外界で起こる出来事を楽しんで見ています。そのため、彼女はこの街で起こるほぼ全ての事件を把握していると思われます。
  極端な人嫌いなのでPC達が訪れても会ってくれるか分かりませんが、情報を教えて彼女の楽しめる展開になるならば無償で情報提供することもあります。
  また、その能力の特性上最低、一度は人や物、場所などを目視する必要があるため、極まれに外出を行う事もあります。
  • セリフ
「・・・フフフ、面白そう・・・」(事件を傍観しながら)

(SD:シュワ)

さ行


下田 龍雄

(根源力6000相当・・・?)
  美咲のアパートの住民です。体型は細め、身長は人並み。容姿は白髪・色白・赤目の為人目を引きます。
  どうやら彼は世界移動を重ね、この世界でしばらく修行を行う事にした様です。
  アパートの住民の正体に気付いていますが実害はないと判断して普通に接しています。
  今のところ他の世界から人が着いて来る様子はありませんが、この先の事は分かりません(笑)
  普段は学校に通い、放課後はアルバイトで生計を立てている様です。たまに怪我をして帰ってくる事もあります。
  この世界では人騎兵は存在できないため召還は行えません。
  • セリフ
「うわぁー!バイト遅れちゃうよ!」(授業終了後)
「管理人さん・・・本当にこの家賃でいいんですか?」(家賃支払いの時)
「悪しき夢・・・この世界にもいたか!」(初めて人外と遭遇した時)

(SD:シュワ)

た行


田中 義春(通称:田中さん)

(根源力15000相当)
  夜闇の民の吸血鬼の一員です。見た目は冴えないサラリーマン風の格好ですが組織の実務を任せられている実力者です。
  新参の人外が挨拶に来る場合は、組織の長に代わりこのキャラクターが対応する事が多いようです。
  また、狭間市の勢力バランスを取るためにPCに接触して仕事を依頼することも多々あります。
  • セリフ
「ご挨拶ですね、わざわざご苦労様です。主は今、所要がございますので、僭越ながら私が承ります」(新参の人外の挨拶に対して)

(SD:シュワシュワ・塵骸魔京をご存知のSDはガイドラインに従う限り、ご自由に使用して結構です)

な行

七草舞子

(根源力2000相当)
最近、狭間市に新しくできたファミリーレストラン ロゼッツのバイト
時給アップのために自分の勤めているファミレスを
狭間市一のファミレスにするべく日々努力している。
好きな食べ物は【カニすき】
基本的には、普通の人間ですが健康的(?)なジュースや
あつあつのピザなど心を込めた料理で味方(敵も)もてなします。

(SD:露木)

は行


春風

(根源力4000相当)
  東北の人狼一族出身の少女。
  一族は老齢化が進み、また春風が生まれたのが最後で、それ以前も以後も他の子が生まれなかった為、新たに子が成せない状態になり婿探しに狭間市に出て来ました。
  人狼は人間との交配も可能なため相手の種族には特にこだわっていません。また、人との間に生まれた子は育て方により人にも人狼にもなります。
  本来、彼女の一族は「古い血」をもつ一族でしたが彼女の母親は一族の外から婿を迎えたために、彼女の血は既に純粋なものではありません。
  しかし、一族では種族存続を優先し血の純粋性を放棄したために彼女は最後の子として可愛がられて育ちました。
  (血の純粋性を放棄と言っても全ての者がそれに賛同したわけではないので未だに一族の危機にあります)。
  現在は、春風を追って上京してきた冬子と共にそれなりに幸せに暮らしております
  普段は、管理人のツテで始めた古本屋のバイトで、冬子とともにヒマなときには本を漁りながら生計を立てています。
  • セリフ
「あーぁ、どこかにボク好みでボクより強い人いないかなぁー」(独り言)
「わ!それはボクんだ!取るな!この泥棒ネコ!」(夕食時にタマに対して)

(SD:シュワ)

平井 ゆかり

(根源力10000相当)
  世界的に有力な退魔組織【炎獄】の若き逸材と噂される少女です。組織の有力人外【天壌の劫火】をペンダントに封じ常に身に着けています。
  普段は無愛想で口もマトモに聞いてくれませんが、美味しいメロンパンを食べてる時だけは本当に嬉しそうな顔をします。
  現在、挟間市には到着したばかりで各組織の調査を行っています。そのため調査を行う組織に狙われる恐れもあるでしょう。
  戦闘時は大太刀と黒いコートを身につけ小さな身に会わぬ動きで敵を圧倒します。
  また、普段は黒髪で黒い瞳ですが、戦闘の際には【天壌の劫火】の影響により炎髪灼眼へと変貌を遂げます。
  PC達に対してどの様な対応が行われるかは不明です。今後の展開次第でしょう。
セリフ
「うるさいうるさいうるさい」(主に照れ隠しに言うセリフ)

(SD:シュワ)

深田

(根源力8000相当)
  元はただの人間でしたが、とある事件により自らに流れる血の特殊性に気付く事で覚醒した人外です。
  彼の真の姿は特殊な魚人間(体長2m以上の半漁人)をしており、変身後は粘液の分泌により生臭い匂いを発します。、
  性格は卑怯で陰湿、成り上がり趣味にケチという小悪党気質です。
  また、非常に執念深いので敵対したものはどんなイヤガラセにあうか想像も付きません。
  現在は、ストラスの飼い犬として、狭間市外の人間勢力の排除・人外の捕獲など、ストラスの「人間」では動き難い仕事を行っています。
  過去においては、複数の人外組織のナワバリを荒らし、敵対。一時期は狭間市外に退去、そして政治的取引により再起などの経験をもちます。
  彼のもつ集団は、様々な組織からつまはじきにされた者達を吸収して独自に作り上げたものであるため、統一性はともかく行動力に関しては目を見張るものがあります。
  また、意外な事ですが深田は自分の立場をわきまえているため、意外と部下に対する面倒見は良いです。

(SD:シュワ)

冬子

(根源力2000相当)
  東北にある、「古い血」を伝える雪女の一族の少女。
  春風とは種族を超えた親友であり、婿探しに上京した春風を追って狭間市に出てきました。
  彼女の持つ、古い血は古来より保たれてきた由緒正しき人外の力を今に伝える数少ない種族のみがもつ血脈であり、現在ではそれを伝えるものは非常に数が少なくなっております。
  古い血は魔術等に使用する際には非常に有用な触媒になるために、身を狙われる事も珍しくありません。
  彼女も一時期、深田によりその身を狙われた事がありましたが、美咲のアパートに匿われたことにより「深田の」標的からは外れております。
  現在は古本屋でアルバイトを行いながら、春風との幸せな同居生活を営んでいます。

(SD:シュワ)

ま行


ミケ(本名不明)

(根源力4000相当)
  製薬会社により幼少時から改造を行われてきた少女。
  コードネームは「ブレイド」本来は全身を変化・硬質化して、刃状の四肢で戦うが現在は右手のみの使用にとどめている。
  しかし、自我を取り戻した現在ではコードネームで呼ばれる事を極端に嫌う。
  製薬会社からの脱走に成功したものの生存のために吸血鬼になってしまった。
  精神年齢は改造が始まる前の小学校高学年で停止していたが、脱走を期に再び成長を始めた。
  現在の主食は献血用パック。 また、田中の助手としてPCと遭遇する事もあるでしょう。
  • セリフ
「ふ、ふぇーん、鉄の味しかしないよぅ」(夕食時)

(SD:シュワ)

美咲 真央 (通称:管理人さん)

(根源力6000相当)
  住み込みでアパートの管理人を行って生計を立てているいる夢魔です。
  基本的には人を食う事はありませんが、どうしても我慢できない夜には味見程度に精気の吸収を行っています。
  また、彼女のアパートには下記の「春風」「タマ」も住み込み、よく食事を世話してもらってますが彼女たちは美咲の正体に気付いてはいません。
  ちなみにこのアパート周辺は彼女のナワバリとなっています。(2人ともそれにも気付いていません)
  PC達に大しては基本的に友好的に振舞いますが、アパートや住民を守るためならば手段を選ばずに普段とは掛け離れた冷酷さをもって対処します。
  美咲は気に入った相手に、自分の手料理を食べさせる事、一緒にお酒を飲む事を好みますのでご馳走になるPCも少なくないでしょう。
  • セリフ
「あらあらあら、春風ちゃんも珠江さんもそんなに慌てなくてもご飯は逃げませんよ」(夕食時)
「(フフフ・・・たくさん食べてしっかり精をつけなさいね)」(食事を御馳走している時の内心)

(SD:シュワ)

三船 珠江(タマ)

(根源力4000相当)
  20年以上生きたメス猫が化けた人外。
  今の姿は元の飼い主の老婆(故人)の若い頃の姿を模した姿です。
  普段はスーパーのレジ打ちで生計を立てています。また、余ったお惣菜を貰ってきて近所の野良ネコ達に世話している姿も見られます。
  また、日によっては中央部と旧市街地の間にある情報交換場所である喫茶店「猫目洞」でウェイトレスのバイトをしているのを目にする事も出来るでしょう。
  最近は春風が冬子に取られて寂しい思いをしていますが、意地を張ってそれを口にする事も出来ません。
  • セリフ
「こら!大きい子は小さい子にも分けてあげるニャ!」(野良猫にエサをあげながら)
「ふぅ・・・、婆さんの膝の上で日向ぼっこしてた頃が懐かしいニャ・・・」(独り言)
「ニャ!このイヌコロ!大皿にあるものに所有権を主張するニャ!」(夕食時、春風に対して)

(SD:シュワ)

(根源力8000相当)
  20歳前後の容姿をした白髪の吸血鬼で、常にイヤらしい笑みを浮かべています。
  元PC「宮下篤志」を吸血鬼にした張本人で、その弟である「宮下晃」の宿敵です。
  元は血族を引き連れ狭間市外から来た吸血鬼ですが、現在は夜闇の民に帰順していますが決して主に忠誠を誓っているわけではありません。
  この雅の血統は夜闇の民とは違うため多少の特性の違いがあります。特に雅は過去に何らかの出来事がありその特性が強化されております。
  果たして宮下篤志は何を考え、その最後に弟に何を託したのであろうか?
№81デスゲーム「雅討伐」にて死亡。

(SD:シュワ)

や行


ら行


わ行


-