絶技作成ルール

  以下に伝奇A-DICでセッションを行う際に、自作で絶技を作成するためのルールを紹介します。
  また、自作した絶技を自分のキャラに登録する際はA-DICデザイナーのシュワの承認を必要とします。自作出来ましたら、「伝奇・絶技」のページのコメント欄に投稿下されば、修正を加える等して新たに絶技リストに追加されます
  また、その効果に関してはセッションを行うSDに一任されますので、よく確認をとると良いでしょう。


Index

注意
以下の説明文は判定単位200で書かれています。


根源力

その術の効果の強さを表します。計算方法は後述します。


疲労度

根源力が1消費するごとに1000の成功要素が得られます


使用条件

成功要素が1停止しているという条件ごとに500の成功要素が得られます


範 囲

その術の効果範囲を表します。範囲が広がるほど修正が大きくなります。

修正ナシ
3m×3m×3m ・ 50m(直線)・1体
根源力修正50%
半径100m・視界内・複数(3体まで)
根源力修正25%
無限・多人数(10人程度まで)


持続時間

その術の持続時間を表します。時間が長くなるほど修正が大きくなります。

修正ナシ
一瞬・10秒程度・1行動
根源力修正50%
10分・1時間
根源力修正25%
条件が満たされるまで


絶技の用途

その術の使用目的を表します。便利な絶技ほど修正が大きくなります。

修正ナシ
特定の用途にしか使用できない事・限定的な使用法しか考えられない
根源力修正50%
自分・抵抗しない相手の強化・あると便利そうな絶技
根源力修正25%
万能成功要素に使えそうな事


その他、絶技の内容による修正

投稿する際に自分で客観的に判断して適応して見て下さい。

根源力修正+100%
根源力修正+50%
修正ナシ
根源力修正-50%
根源力修正-25%


ケーススタディ(絶技作成方法)

例:絶技「鬼火」の場合
  • 鬼火
根源力:200
疲労度:1
範 囲:1個
持続時間:1時間

1、疲労度:1…これにより根源力1000分の効果がある
2、使用条件…特にナシ
3、範 囲:1個…修正ナシ
4、持続時間:1時間…根源力修正50%
5、用途:あると便利そうな絶技…根源力修正50%

以上から
1000(1より)×1(2より)×1(3より)×50%(4より)×50%(5より)
=250→200がこの絶技の根源力になります。

-