A-DIC 伝奇 β版・補足

  文章量が多くなりましたものは、こちらで改めて説明させて頂きます

Index

原型


A:種族


人間

  肉体的に人間に分類される者の事です。
  設定として人外の事を知っていて構いません。また、一般的に人間社会での活動では人外よりも範囲が広くなっております。
  肉体的に人外に劣る人間ですが、数で言えば圧倒していますので主に組織で人外に対応する事が多いようです。

人外

  肉体的に一般的な人間ではない者を差します。悪魔・化物・魔物・妖魔・悪しき夢などとも呼ばれています。
生れつき人外であった者や後天的に人外になった者も含んで分類されます。
  人外が一般的に認知されているか否かは世界観により異なりますが、認知されていない世界観の方が楽しめるでしょう。
  また、PCとして選択できる人外は人間に対する擬態能力を持つものとします。
  擬態という事なので、本来の姿に戻る事も可能です。この場合の変身には絶技登録は必要ありません。
  ただし、種族に合った生活環境などに設定してください。その設定が認められるか否かはSDの裁量によります。
  食生活などはその種族などに影響されますが、基本的に人を食う事でダメージ回復を行えるのは「D:特殊能力」でその項目を選択したキャラクターのみです。
  設定的に食人を行っていると設定しても構いませんが、成功要素に絡めて行動できるかはSDの裁量によります。
  以下に代表的な人外の紹介を行います。

  • 吸血鬼:主に夜間を活動時間とする種族です。詳しくはブラムストーカーを読んで下さい(笑)。
  • 人狼:満月に変身する必要はありませんが、初期状態で狼に限定した変化を行う事ができます。主に人里離れた場所に集落を持ちます。
  • 夢魔:人の精を糧に活動する妖魔です。人間社会に溶け込んでいる固体が多いようです。
  • 食人鬼:人肉を主食とする鬼です。食事は人肉以外でも平気ですが、この種族にとって人肉は何物にも代え難い甘露として認識されます。
  • 自動人形:名工が作成した人形に魂が宿った種族です。人間に対して強い憧憬をもつ個体が多いようですが行動原理は固体ごとに異なります。
  • サイボーグ:人間の手により体の大部分を機械に変えられた元人間です。
  • 改造人間:人間の手により生物学的に改造を受けた元人間です。人外の因子を持つ者もいる様です。
  • その他:PLの好みにより他の種族(?)に設定する事も可能です。

  • 人外が生得的にもつ変身能力に関して
  人狼など設定的に限定された変身能力をもつ人外は絶技「変化」を習得しなくても本来の姿に戻れる事にします。 この際、常識的な範囲で体積(重量)変化は起きても構いません。また、必要であれば成功要素の入れ替えも認めます。
  これは世界観維持のためものです。世界観を壊さないように各自、十分によく考えてキャラを作成してください。 ただし、部分的な変身を行う事は出来ませんので、その様な事を希望する時は絶技「変化」で表現してください。
  また、「D:特殊能力」で取得していない能力は生得的な変身能力であれ、絶技による「変化」であれ認められません。ただし、成功要素としての再登録なら可能です。(例:成功要素【嗅覚】など)
  生得的な変身能力の必要時間としましては、最低でも5秒を要する事とします。


B:所属


組織

人間・人外に関わらず特定の団体に所属する者が選びます。
  基本的に自組織の最大公約数的な利益の為に存在していますが、その為に構成員には規則を課している事が多い様です
  以下に団体の例を挙げます。SDの裁量により設定などを変更しても構いません。

  • 退魔組織(人間側)
  宗教的な意義などにより人外を排斥しようとする組織です。
  その多くは人外の殲滅を目的としていますが、中には人に害を及ぼさない人外には不干渉の立場の組織もあります。

  • 利益組織(人間側)
  人外から利益を得ている団体です。人外に関しては自分の組織の利益になるなら敵対もしますし、そうでなければ不干渉の立場を取ります。
  人外側の組織がある場所においては取引などを行っている場合が多いようです。

  • 人外組織(人外側)
  人外が自分達のナワバリ等を維持する際に組織しています。
  都市部には一つは存在する様でその地域でもっとも力がある者を顔役として代表者にしている事が多いようです。
  その都市部に複数の人外の組織がある時は、主に最も勢力が大きい人外の長が顔役を兼ねております。
  その場合、組織は複数の人外の組織の集合体となっている様ですが、必ずしも友好的な関係であるとは限らないでしょう。
  また、都市部に居る人外は必ずこの顔役に挨拶を行っています。それを行わない者は侵入者として排除されます。
  (流れとしては、都市に入る→顔役に挨拶→都市に居つく→その後は「一匹狼」か「組織」に入るなどになります)
  ナワバリは組織が都市の全てを持つわけではなく、一部は自由地帯として解放されていることも在るようです。(ただし、いい狩場は組織が確保しているでしょうが)
  「一匹狼の人外」でもこの組織が持つナワバリで狩をすることはしないという不文律が存在します。それを破った者は組織により排除されます。

一匹狼

  特定の組織に属さない者達です。行動の自由はありますが、保護してくれる者もいません。
  適応されるものは、普段は普通の生活をしている者・フリーの人外専門業者・探偵…などが上げられます。


C:A+Bで決まるもの

  PCの設定を表現する為に取得してください。多少のこじつけがあってもSDは認める事にしましょう。


D:特殊能力

  特殊能力を取得する際は相応しい設定を行って下さい。

人間の特殊能力


  • 【人外感知】:人外の気配に敏感である
  人外や呪術などに対する感知能力を持ちます。判定の際にはPCの根源力の10%分の成功要素を追加する事が出来ます。

  • 【情報網】:複数のコネがあり、情報網が広い
  情報収集などに関して広い人脈を持ちます。判定の際には根源力10%の成功要素を追加する事が出来ます。
  また、これを持っていないPCは拳銃などの入手は出来ません。
  原型「B:所属」で組織に所属している者が拳銃などを保有する事は可能ですがこの特殊能力を選択していない場合は安定した弾薬補給・整備などが行われません。(具体的な判定はSDの裁量によります)

  • 【人外理解】:人の言葉を使わない人外との意思疎通ができる
  この能力をもつものは人外を従える事ができます。この特徴に加え、絶技「契約」「召還」を取得して初めて悪魔召還士として扱われます。
  これは厳密な意味で会話を行えるとは限らず、人外に対してこの特徴を持たない者よりもその存在に理解力がある事を意味します。
  必ずしも親しみを感じている訳ではありませんが、人外との交流に対しての精神的抵抗は薄くなっています。

  • 【魔力吸収】:魔を食う事ができる
  この能力を持つPCは目の当たりにした(自分に向けられた敵意を含む攻撃など)絶技は師匠設定なしで習得できる様になります。
  (これは取得条件が整うだけで、これだけではマウントさせる事は出来ません。)
  また、倒した(殺した・止めを刺した)相手の持つ絶技を自分にマウントさせる事が出来る様になります。
  ただし、これはその絶技を憶える事ができるわけでなく一時的にマウントさせて絶技として使用できるという事です。
  新たに敵を倒した場合はその敵がもつ絶技を習得するかの選択が可能です。ただし、(人外用)と記述がある絶技は習得は不可能です。

例1:得意絶技でない【衝撃3】をもつ根源力6500のPCが敵NPCに【衝撃6】を食らって生き延びた場合 。
通常であれば根源力が8000まで育たなければ【衝撃4】に出来ませんが、
【魔力吸収】を所持していれば根源力7000の時に「絶技を新たに2つ取得する」などを追加設定で取得すれば最大で【衝撃6】までレベルを上げる事が出来る様になります 。

例2:【衝撃】を保有していない根源力6000のPCが【衝撃6】を保有する敵NPCの止めを刺した場合 。
PCの根源力÷2000までの【衝撃】を食う事ができます。この例では【衝撃3】をマウントツリーに一時的に留めておく事ができます。
敵が他の絶技を保有し、プレイヤーが選択するのであれば他の絶技を食う事も可能です。


人外の特殊能力


  • 【人間捕食(吸血・吸精など)】:人を食う事でダメージの回復ができる。
  食うと言うのは比喩的表現で構わず、人肉を貪る必要はありません。(吸血・吸精など)
  他のキャラクター(人間に限らず)が抵抗しない(出来ない)状態の際に「自分の」根源力の25%までを1回の行動(最速で5分程度)で吸収できます。
  したがって、戦闘中など不安定な状況で使用する事はできません。
  この能力を持つキャラクターは吸収した根源力分のダメージを回復する事が出来ます。また、吸収された対象の回復は通常のルールに従います(ルールブックP92参照)
  また、吸血鬼等の人外がこれにより対象のキャラクターの成功要素を全て停止させた時、対象はその吸血鬼の下僕になるとしてもよいでしょう。また、これはSDの裁量により判断される事柄です。

  • 【蘇生処置】:死亡しても条件付で復活する事ができる。
  あらかじめ「任意の根源力分の成功要素」を停止しておく事で、死亡後に復活する事が可能です。
  復活後は生前の記憶や外見を持ったまま活動を再開する事が出来ますが、死亡時に失ったマウントアイテム・サポーターはロストしたままとして扱います。
  復活方法はあらかじめ自分のナワバリなど安全な場所にに自分の一部などを保管しておく事などの設定が必要です。
  また、復活の際には停止した成功要素を使用し、2000÷判定単位の難易度で復活判定を行い成功する必要があります。
  停止している成功要素はセッションの度に変更が可能です。

例:根源力7000のキャラクターがその内2000を停止して死に備えた場合
本体(?)が使用できる「根源力分の成功要素」は5000分として扱い、本体が死亡したら、あらかじめ停止していた「2000分の根源力の成功要素」を使用し、復活判定を行います
復活判定に成功したら根源力7000で復活します。
ただし、死亡判定時に所持成功要素よりも大きなダメージを受けたらその分復活判定の際にマイナス修正が加わります。
また、失った死亡した時に失ったマウントアイテム・サポーターは戻ってきません。

この特殊能力はキャラロストこそ免れるでしょうが、大幅な戦力低下を覚悟しなければなりません。
また、蘇生準備中であってもペナルティは死に備えた「根源力分の成功要素」の停止のみであり、ダメージ計算値・追加設定・絶技などには影響はありません。

  • 【眷属交流】:師匠設定なしに絶技習得が可能。
  自分の種族と同じ種族のコミュニティと交流しているために、師匠設定が不要で絶技を習得できます。
  (狭間市世界観でセッションを行う際は主に「夜闇の民」になると思われますが、小さなコミュニティはプレイヤーの次第で設定して構いません。)
(例:吸血鬼・ネコマタ・人狼・妖狐・自動人形など)
また、通常は能力に関する絶技については師匠設定は行えませんが、人外の種族的にもっているであろう能力であれば許可します 。(例:妖狐であれば【変化】など)
ただし、その様な設定を行うときは一般的に良く知られ、納得できそうな妖怪などの設定を行うとよいでしょう。

  • 【感覚能力】:異常な感覚能力(視覚・聴覚・嗅覚・味覚など物理的なものに限る)
  通常の人間では到底持ち得ない感覚能力(視覚・聴覚・嗅覚・味覚など物理的なものに限る)を取得する事が出来ます。
  感覚能力は以下の様なものがあります。また、判定の際にはPCの根源力の10%分の成功要素を追加する事が出来ます。
  人外の種族などにより得意・不得意なものが存在しますので設定に合わせて取捨選択を行ってください。
1. 視覚:暗視能力や望遠鏡並みの視力を持てる様になります。詳しい設定はPLにより行われます。
2. 聴力:人間の可聴域を超える能力を持てる様になります。また親しい存在なら「虫の知らせ」などを感じる事も可能です。
3. 嗅覚:訓練された犬並の嗅覚を持てる様になります。ただし、それ故に一般生活では困る事が多いかも知れません。
4. 味覚:信じられない味覚を持てる様になります。分泌物の状態により対象の精神状態などを知る事も可能です。
また、状況により複数の感覚が抽出される事もあります。その場合は「抽出される感覚の数×PCの根源力の10%」分の成功要素が追加されます。(SDの裁量による)


E:活動分類


  • 【特殊訓練】:初期状態で任意の「一般的な技術」の絶技を1つ所持する。
  • 【術者修行】:初期状態で任意の「呪術に属する絶技」を1つ所持する。
  • 【超常能力】:初期状態で任意の「能力に属する絶技」を1つ所持する。
以上の分類を選んだPCは選択した絶技1つに限り疲労を半分で使用できます。
ここで選択した1つの絶技を便宜上「得意絶技」と呼称します。
得意絶技のレベルは師匠設定無しに上昇させる事が出来ます。(絶技レベルの上限については絶技の項で説明します。)
得意絶技以外の絶技のレベルを上昇させるには師匠設定がなければ制限を受けます。(師匠設定の詳細については基本の項で説明します。)

これらの分類を選んだ場合は初期保有絶技はで3つから始まります。
PC作成時の絶技習得パターンとしましては以下のようなものが可能です。
パターンA:1(自由)+2(選択)
パターンB:1(自由A)+1(自由B)+1(選択)
パターンC(人外のみ):3(選択)

サポーターを原型を用いて作成する時は以下を参照してください。
  • 根源力1000のサポーターで【特殊能力】等、習得絶技が増える原型Eを選択していた場合、以下のようなパターンで習得出来ます。
パターンA´:1(自由)+1(選択)
パターンB´(人外のみ):2(選択)
サポーター作成の際は絶技習得制限などが緩和される事とします。
ただし、サポーターは1回の行動で提出できる絶技の数は根源力÷1000までですのでご注意ください。

  • 【術具操作】:現在の自分PCの根源力の半分をもつマウントアイテムを所持できる。
(PCの成長によりアイテム根源力も増加します。追加設定で強化も可能です。)
術具の効果に関する設定はプレイヤーが行います。常識的な範囲で設定してください。SDは極力認めるようにしましょう。
例:PCの体内に融合して隠しておく事等も成功要素の登録無しに可能とします。

  • 【主従関係】:現在の自分PCの根源力の半分をもつサポーターを所持できる。
(PCの成長によりサポーター根源力も増加します。追加設定で強化も可能です。)
サポーターはPCの意思に完全に従うものとします。この設定で得られるサポーターとの繋がりは追加設定で得られるサポーターよりも深いものに設定され、このサポーターを失った場合はPCも強い影響を受ける事になります。
また、特に設定がない場合はサポーターは実体を持つものとして扱います。
人間が人外などをサポーターに設定した場合はこの原型に限り、サポーターが使用する【飛行】など「本人」と記述される絶技の効果範囲を「PCとサポーター」に拡大させる事ができます。(ただし、SDの裁量により不可能な場合もあります。)

  • PCが悪魔召喚士の場合
(悪魔召喚士=D:特殊能力【人外理解】を選択し、絶技【召喚】【契約】を習得したPCと定義します。)
この設定で得られたサポーターは【契約】を行わなくても【召喚】可能とします。また、このサポーターは【契約】の制限(根源力など)からは解放されます。


マウントに関して


サポーター(マウントNPC)に関して

  PCにマウントしたNPC(サポーター)は人間及び、人間に擬態可能な者はPCと同じ原型を使用してキャラクター作成をしてください。
  (運用に手間をかけることを望まないのであればタイプの選択だけでも結構です。手軽に遊ぶにはこちらの方が良いでしょう)
人間に擬態が不可能なサポーターに関しましては簡易ルールにあります各種  タイプに設定し運用することとします。
  これにより、PCが取得したマウントアイテムなどをサポーターにマウントさせる事も可能となります。
  また、追加設定の取得によりNPCを強化した場合は、その成長によりNPCの追加設定の取得、新たな絶技の習得を認めます。

  集団をマウントする際は簡易ルールなどを適応して処理を簡単にすると良いでしょう。
  また、サポーターの習得絶技に関しましても伝奇ルールに従うものとします。ただし、PCの行動時に提出できる絶技はPCかサポーターかどちらか一方の絶技のみとします。(設定的な絶技使用は除く)

  また、複数のPCをもつプレイヤーがキャラクターの放棄(以後PCとしてセッションに参加しない事)を代償に1PCだけ別のキャラクターのサポーターとする事も認めます。ただし、【契約】を行う際は【契約】のルールを適応するものとします。
  サポーターとするキャラクターは主となるキャラクターの根源力よりも低いものとすることが条件となります。

  • 要点確認
  • 基本的には各種タイプ別選択を行って簡易運用を行う事とします。
  • 希望するプレイヤーはPCと同様に原型を使用し作成をすることができます。この場合は、成功要素を提出理由と共に個別に提出できる様なります。(簡易処理で扱う事も可能です)
  • 1回の行動で使用できる絶技はPCかサポーターかどちらか一方のキャラクターのみとします。
  • サポーターの絶技使用もPCの絶技使用1回として数えます。
  • サポーターとなる人外は絶技習得可能レベルの上限はサポーターの根源力÷1000で統一します。
  • サポーターが提出可能絶技数はサポーターの根源力÷1000で統一します。これはルール理解の程度によってサポーターの強さに差が出ないようにするためです。(保有可能絶技数に関しては制限はPCと同様です)
例:根源力7000の【戦闘技術6】【衝撃3】を保有するサポーターが絶技の2種類絶技を使用可能な設定でも【戦闘技術5】【衝撃2】などの使用方法しか出来ません。
  • 特殊な設定での絶技使用の疲労度低減もサポーターに関しては除外します。
  • これらの処理はサポーターはPCよりも各下である事を表現するためのものです。主役はPCですので頑張りましょう。
  • サポーターにアイテムをマウントさせる場合はPCと同様に処理します。
  • 主となるPCが死亡した場合はサポーターをPCとして格上げすることを許可します。この場合は各種の制限から解放されます。

マウントアイテムに関して

  「原型E:活動分類」や追加設定で得たマウントアイテムに絶技などにあるような特殊な効果を与える場合は以下のように処理します。

  • 【術具操作】で得たアイテム
絶技効果を求めるのであれば、(絶技に設定された疲労度÷2×1000)の成功要素を割り振る事で可能とします。

  • 追加設定・セッション・【術具作成】で得たアイテム
絶技効果を求めるのであれば、(絶技に設定された疲労度×1000)の成功要素を割り振る事で可能とします。
消耗品であれば(絶技に設定された疲労度÷2×1000)の成功要素にしておくといいかもしれません。

  どちらにおきましても絶技効果を発動するのには疲労は起きないものとします。(サポーターとのバランスによるものです)
  絶技効果ほど劇的なものを望まないのであれば成功要素はプレイヤーの自由に設定してもいいと思われます。(例:【発光】【燃焼】【塩が出る】など)
  ただし、どの様な場合でも効果が発動するには「アイテムに接触している事が必須」などの条件に設定するといいでしょう。
  また、アイテムの成功要素を一度設定したら、以後は変更は不可能とします。
  マウントアイテムの成功要素が停止した場合は、【術具操作】で得たアイテムのみ次のセッションまでには回復が可能とし、他のアイテムは回復は不可能とします。
  追加設定で行われるアイテムの強化により根源力が増加した場合は、新たに成功要素を設定し加える事ができます。

追加設定に関して


重ねて取得できる追加設定


  • 強力な武器等を手にする。(根源力1000相当)【マウント可能】
  • 従順な下僕を手にする。(根源力1000相当)【マウント可能】
  • 護るべき者(恋人、子供など)ができた。
  • 実は次回あたりに家族や恋人などが出てくる。
  • 不倶戴天の宿敵が現れた。(根源力4000相当)
  • 【マウント可能】と表示されるものの強化を行える。(根源力+500)
  • 能力に関する絶技を新たに一種類習得する事ができる様になる。
  • 絶技を新たに習得できる。(人間は2個、人外は1個とします)
  • 任意の1種類の絶技の師匠(プレイヤーの設定したNPC)を得る。
  • 次回辺りに宿敵との対決が起こる。(根源力6000相当)
  • 有名な武器等を手にする。(根源力2000相当)【マウント可能】
  • 優秀な下僕を手にする。(根源力2000相当)【マウント可能】
  • 次回辺りに敵対する者に命を狙われる。(根源力8000相当)
  • 実は次回あたりに昔に別れた友人などが出てくる。
  • 実は強力な存在(根源力10001以上)との主従関係にある。 (友好的な関係などの師匠設定も可)

重ねて取得できない追加設定


  • 実は性別を偽っていた。
  • 実は年齢を偽っていた。
  • 隠していたが実は魅力的な容貌だった。
  • 合意を得られた他のプレイヤーのPCとの師弟関係(または協力関係)を結べる様になる。
  • 次回辺り原型A(種族)を変更される様な出来事が起こる。
  • 次回辺り原型B(所属)を変更される様な出来事が起こる。
  • 1ターンに使用できる絶技の回数が2回(2種類)になる。
  • 絶技を使用するとき、最大習得レベルの半分までなら50%の疲労で使用できる。
  • 次回辺りに人生を揺るがすような大事件に巻き込まれる。
これらに加え以下の「段階的に取得しなければならない追加設定」も含みます

段階的に取得しなければならない追加設定


  • マントツリーを2つに出来る
  • マントツリーを3つに出来る
  • マントツリーを4つに出来る
  • マントツリーを5つに出来る

  • 実は食うに困らないだけの資産を持っている。
(人外なら自分の家周辺などをナワバリにしても良い)
  • 実は遊んで暮らせるだけの資産を持っている。
(人外なら自分の住んでいる周辺の一区画をナワバリにしても良い)

  • 実は最近、知名度が上がってきた。(裏側のみ)
  • 実は最近、街では知らない人が居ないほどの有名人になった。(裏側のみ)

  • 実は小規模集団の長だった
(根源力1000で10人程度、サポーターになりうる)
  • 実は中規模集団の長だった
(根源力1000で20人程度、サポーターになりうる)
  • 実は大規模集団の長だった
(根源力1000で30人程度、サポーターになりうる)
注意:この集団はSDの許可がなければマウント出来ません。
集団のキャラクターの根源力を2000にする代わりに人数を半分にする事も可能です。
ただし、集団の設定は前提変換や一時成功要素を想定しております。人海戦術が必要な時には人数の多さが求められる事も考えられますのでご注意下さい。
また、サポーターと違い完全にPCに従属しているわけでありませんのでご注意ください。(SDの裁量による)


-