妖精の剣(ようせいのけん)


  • 2010年新年すごろくの賞品。
  • ヒイラギの葉。庭に普通にある。
  • たくさんあるので使用しても消費扱いにはならない。
  • 「妖精の剣」というヒイラギは「妖精の剣」という名前が付いている以外は外見上も普通のヒイラギ(葉も樹も含めて)と同じ。
L:妖精の剣(マジックアイテム) = {
 t:名称 = 妖精の剣(マジックアイテム)
 t:要点 = いつも青い,剣に見える,ヒイラギ
 t:周辺環境= 森
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *妖精の剣のアイテムカテゴリ = ダガー、マジックアイテムとして扱う。
  *妖精の剣の特殊1 = 武器として使う場合白兵評価に+1
  *妖精の剣の特殊2 = 対妖精武器として使う場合白兵評価に+18
 }
 t:→次のアイドレス = 妖精のベル(アイテム),妖精よけの蹄鉄(アイテム),幽界の扉(イベント),妖精の盾(アイテム)
}

解説

 「妖精の剣」という名前のついたヒイラギの葉。
 要点では「いつも青い」などと言った特徴が記載されているが、正真正銘ただのヒイラギで(どこの庭かはわからないが)普通に庭でも採取できるものとのこと。
 元々は妖精のために人間が植え始めたもので、せっかく植えたのに使わないのもなんなので使い始めたものらしい。
 実際、ケルトではヒイラギを「妖精の国を守る木」であると捉えており、妖精が好む木であると同時に魔法にも関係を持つ樹木とされている他、伐採すると不幸をもたらす、邪悪なものを遠ざける、雷が落ちなくなると言った言い伝えが残っている。
 2010年元旦に行われた双六大会の景品の一つだが、このアイテムが景品となったのは優勝者である那限氏が妖精と縁の深かったためであろう。

 アイテムとして見ると「妖精の剣」という名前が示す通り白兵戦用の武器としての側面が強く、特に妖精相手の白兵戦では評価値に18ものプラスシフトが発生する。
 夢の中にも持ち込めるという事やナイトメアが妖精に属する存在であった事を考えると、ナイトメアに対する数少ない直接的な対処手段であると言えるだろう。
 (実際、このアイテムが開示されたのは是空氏によるナイトメア討伐のための支援が目的である)
 しかし、『妖精の剣(アイテム)』の特殊には「白兵戦行為を行える」という記載が無く、普通の武器としての白兵戦評価の補正も高くは無いので、使うのならば白兵戦行為のできる職業アイドレスの着用をしておいた方が無難と思われる。

 派生も殆どが妖精に関連するもので占められており、武器である『妖精の剣(アイテム)』を対を成すアイテムなのであろう『妖精の盾(アイテム)』や現在のイギリスでも実際に使われている魔除けである『妖精よけの蹄鉄(アイテム)』などが存在している。
 ナイトメアのような敵性存在が再び出現する事を考えると、防御手段としてこれらのアイテムの開示を考えてみるのもいいかもしれない。

保有国一覧

藩国名 入手履歴 保有者 使用履歴 現在所持数
フィールド・エレメンツ・グローリー 10/01/03:入手
10/06/04:L化
那限・ソーマ=キユウ・逢真 1
Flores valerosas bonitas 10/01/03:入手
10/06/04:L化
光儀 1

参考資料



編集履歴:ポレポレ・キブルゥ@天領 (2010/07/25)
矢上麗華@天領 (2010/06/22)
解説文:那限・ソーマ=キユウ・逢真@FEG