※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

色鉛筆(48色)(いろえんぴつ(よんじゅうはっしょく))

  • ほほえみ書店にて販売中。
  • 色鉛筆として使用できる。消しゴム・削り器付き。
L:色鉛筆(48色) = {
 t:名称 = (アイテム)
 t:要点 = 洒落た缶ケース入り,様々な色,描きやすい
 t:周辺環境 = 家庭
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *色鉛筆(48色)のアイテムカテゴリ = ,,,携帯型アイテム。
  *色鉛筆(48色)の位置づけ = ,,,{ショップアイテム,文具}。
  *色鉛筆(48色)の取り扱い = ,,,ほほえみ書店
  *色鉛筆(48色)の販売価格 = ,,,5マイル
  *色鉛筆(48色)の特殊能力1 = ,,,色鉛筆として使用できる。
  *色鉛筆(48色)の特殊能力2 = ,,,消しゴム・削り器付き。
 }
t:→次のアイドレス = 写生大会(イベント)
} 

解説

ほほえみ書店で販売中の文房具。
お値段5マイル。

同店で売られている色鉛筆(12色)よりも相当大人向けのラインナップである。
色数は12色から48色と増え、使える色のバリエーションが増えている。
色鉛筆は顔料を蝋などで固めているため、混色や重ねて塗るのが難しい画材であり、無理に1度塗った上からさらに塗ると蝋が削れて汚く仕上がってしまうのである。だから専門的に色鉛筆を使っている人は、色を多数揃えるのが通例である。
もっとも、よっぽど絵を描くのが好きな人ではない限り、なかなか色数が多くて使いこなせないので、絵が好きな人用のプレゼントになるだろう。
昨今では塗り絵で脳の活性化などと言われているので、難しい塗り絵を用意したら需要が増えるかもしれないが。

次の派生には写生大会(イベント)が存在する。
48色もあれば充分写生も楽しめるであろう。楽しかったら結果はその次である。

保有国一覧

藩国名 入手履歴 保有者 使用履歴 現在所持数
保有者なし

参考資料



編集履歴
編集履歴:ポレポレ・キブルゥ@になし藩国 (2010/08/07)
矢上麗華@土場藩国 (2009/12/27)
解説文:多岐川佑華@FEG
イラスト製作
黒崎克耶@海法よけ藩国  (2010/5/16)
添付ファイル