手作り牛丼(てづくりぎゅうどん)

  • ハニーキッチンで販売されている商品
  • 使い捨ての簡易保温容器に入っており、温かいままで食べられる。
L:手作り牛丼 = {
 t:名称 = 手作り牛丼(アイテム)
 t:要点 = 細切れの牛肉,あめ色玉ねぎ,どんぶりご飯
 t:周辺環境 = ご飯をよそっている自分
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
   *手作り牛丼のアイテムカテゴリ = ,,,携帯型アイテム。
   *手作り牛丼の位置づけ = ,,,{消費型アイテム,食物,料理品,ショップアイテム}。
   *手作り牛丼の取り扱い = ,,,ハニーキッチン。
   *手作り牛丼の販売価格 = ,,,1マイル。
   *手作り牛丼の使用回数 = ,,,使用回数(1回)。
   *手作り牛丼の特殊効果 = ,,,使い捨ての簡易保温容器に入っており、温かいままで食べられる。
 }
 t:→次のアイドレス = 肉の道へ イベント) 
} 

解説

ハニーキッチンで製作できる料理の1つ。値段1マイルで製作難易度は6。
またハニーキッチンでは製作の際に好きな特殊を足す事ができる。マイルと調理判定に問題がないのなら好みの特殊を足せばいいだろう。
この手作りハンバーグは使い捨て保温容器に入っているので、温かいまま食べられる。出かけるACEのお弁当の1つとして渡したら喜ばれそうだ。

日本が牛肉を食べるようになったのは明治時代初頭。当時は牛肉を味付けした牛鍋(現在で言う所のすき焼き)で食べるのが一般的だったが、庶民にはやや高級で手を出しにくい料理だった。そこで牛鍋をご飯にかけたもの、牛めしと言うものができ、食べやすさと丼ものの親しみやすさで牛肉の普及が進んだと言う。その牛めしが、現在の牛丼の原型である。牛丼の作り方は牛の細切れとたまねぎを、醤油やみりんで味付けし、それをご飯に乗せると言う一般的だが、好みで一味加える場合がある。牛丼屋みたいにつゆだく、つゆ抜きにしたい場合も作る時に調味料の量を調整すれば可能である。

次の派生には肉の道へ(イベント)が存在する。世の中には牛丼を食べ歩く牛丼通と言う趣向の人も存在するが、牛丼通になる道を行くのか、究極の牛丼を作るべく肉の探求に明け暮れるのか、何気に気になるイベントである。


保有国一覧

藩国名 入手履歴 保有者 使用履歴 現在所持数
保有者なし

参考資料



編集履歴:
ポレポレ・キブルゥ@天領 (2009/12/19)
矢上麗華@土場藩国 (2009/09/29)
解説:多岐川佑華@FEG (2009/12/19)
イラスト製作
黒崎克耶@海法よけ藩国  (2009/11/08)


添付ファイル