※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

経済学入門"設置"(けいざいがくにゅうもん"せっち")


  • ほほえみ書店にて販売中。
  • このアイテムはPLの他、NPC(設定国民やACE達)も読み買いすることが可能であり、それによって若干の影響を与える事が出来る。
  • このアイテムを設置した場所にまつわるNPCは経済の出来事に関して強い関心を抱くようになる。
L:経済学入門"設置" = {
 t:名称 = 経済学入門"設置"(アイテム)
 t:要点 = マクロ経済、ミクロ経済、マーケティング
 t:周辺環境 = 倒れる人々
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *経済学入門"設置"のアイテムカテゴリ = 非消費型アイテムとして扱う。
  *経済学入門"設置"の位置づけ = 本として扱う。
  *経済学入門"設置"の内容 = 経済分析と経営学に関する基本的な入門書
  *経済学入門"設置"の紙消費 = このアイテムは一部作るのに紙を150g必要とする
  *経済学入門"設置"の特殊1 = このアイテムはPLの他、NPC(設定国民やACE達)も読み買いすることが可能であり、それによって若干の影響を与える事が出来る。
  *経済学入門"設置"の特殊2 = このアイテムを設置した場所にまつわるNPCは経済の出来事に関して強い関心を抱くようになる。
 }
 t:→次のアイドレス = 経済への興味(イベント),株への目覚め(イベント)
}

解説

ほほえみ書店にて販売中のアイテム。
個人向けと設置型の藩国向けのアイテムがあるが、こちらは藩国向け。
価格は10部20、100部30、1000部40、10000部60マイルとなっている。

経済に関する入門書とのことなので、学校などに設置するのが良いだろう。
政策などで合わせて経済系の学問を進めれば、この本を読んだ学生の中から将来のケインズが生まれるかも知れない。
彼の功績についてはかなり賛否両論かも知れないが。

アイテムとしては設置することで、NPCが経済に対して強い関心を持つようになる、という効果を期待するのが基本的な使い方となるだろう。
ただ、これもまた微妙な効果で、一概に良い悪いとは言えない効果である。
個人や国を経済的に豊かにするために頑張るようになるかも知れないが、国庫の使い方に敏感になるかも知れない。
経済への関心を強めた方が良いかどうかは熟考が必要だろう。

派生二つもそれを考えると中々難しいものがある。
経済や株に興味を持たれるのは経済的自衛という面からは良い効果かも知れないが、世界恐慌の原因の一つに投機熱の増大があったことを忘れてはならない。
使いこなせばとても有効なアイテムとなるだろうが、使い方が難しいアイテムである。
熟考の上での導入が必要だろう。

保有国一覧

藩国名 入手履歴 保有者 使用履歴 現在所持数
保有者なし

参考資料




編集履歴
矢上麗華@土場藩国 (2008/12/12)
解説
たらら@ジェントルラット藩国 (2009/01/10)