布(ぬの)

  • 万屋ポーレポールにて販売中。
  • 布を材料として使うアイテムの作成時に、このアイテムを材料として使用できる。
  • 分量 = 1m2として扱う。
L:布 = {
 t:名称 = 布(アイテム)
 t:要点 = 各種カラー,清潔,織物
 t:周辺環境 = 手芸用品店
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *布のアイテムカテゴリ = ,,,携帯型アイテム。
  *布の位置づけ = ,,,{消費型アイテム,素材,ショップアイテム}。
  *布の取り扱い = ,,,万屋ポーレポール。
  *布の販売価格 = ,,,1マイル。
  *布の分量 = ,,,1m2。
  *布の特殊能力 = ,,,布を材料として使うアイテムの作成時に、このアイテムを材料として使用できる。
 }
 t:→次のアイドレス = なし
}

解説

万屋ポーレポールで取り扱われている素材アイテムの一つ。
アイテム作成の際に資源の代わりに使用する事ができ、資源を使うのに比べて、必要量だけを用意できる分だけ効率がいい。

一般的には多数の繊維を薄く広い板状に加工したものを指し、素材も動物の毛などを使った天然繊維からナイロンなどの合成繊維まで幅広い。
ちなみに要点では「織物」という記載が入っているが、正確に言えばフェルトなどに代表される不織布のような「織っていない」布も存在するので勘違いしないよう注意して欲しい。
万屋ポーレポールでは平方メートル単位で取り扱われているので、下記の価格一覧を参考に、必要な分だけ購入して使って欲しい。

1㎡:1マイル
10㎡:5マイル
50㎡:25マイル
100㎡:50マイル
500㎡:250マイル

古代日本では税としても納められていたが、当時の日本では毛織物や木綿は作られていなかったため布の概念に含まれず、絹織物も別格として扱われていた。
そのため衣服の布には麻が使われており、現在では繊維利用を目的として品種改良された麻も登場している。
(規制薬物を作り出せる麻(カナビス)と区別するためにヘンプと呼ばれている)
ちなみに織っていない布、不織布の一種であるフェルトは断熱や保温性に優れているのでアジアの遊牧民はテントをフェルトで作っているものが多い。
この『布』と言う素材アイテムには材質の区別は無いが、もしも『布』を使って何かを作るのならば、作る品物に合った材質選びにも気を配りたいところである。

保有国一覧

藩国名 入手履歴 保有者 使用履歴 現在所持数
保有者なし



参考資料



編集履歴:
藻女@神聖巫連盟 (2009/08/06)
矢上麗華@土場藩国 (2009/07/11)
イラスト製作:松井@FEG (2008/9/28)
解説:那限・ソーマ=キユウ・逢真@FEG (2009/06/28)

添付ファイル