※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天狐 :こんばんは。予約を取っていた23時からの小笠原ゲームに参りました

芝村 :記事どうぞ


天狐 :こちらになります

天狐 :【予約者の名前】0200035:東西 天狐:akiharu国

【実施予定日時】12月9日/23:00~25:00

【ゲームの種別】小笠原ゲーム

【イベントの種別:消費マイル】

  • ミニE×2時間:20

【召喚ACE】(※小笠原のみ)

  • 1時間目サーラ・シェーシャ/2時間目結城 火焔:0(藩国滞在ACE)/10

【合計消費マイル】計30マイル

【参加者:負担するマイル】
  • 0200035:東西 天狐:akiharu国:入学済:0(※キャンセル振り替え枠により)

天狐 :こちらが正しいほうです

芝村 :OK

芝村 :イベントは?

天狐 :1時間目を勉強会でお願いします

天狐 :恋愛相談します

芝村 :OK.

天狐 :あ、2時間目も先に言うのでしたか

芝村 :いえ。流れ見ればいいさ

芝村 :2分まってね

天狐 :はい、よろしくお願いします

1時間目スタート
芝村 :/*/

芝村 :ここは保健室だよ。貴方は一人座っている。

芝村 :サーラはお茶を持ってきた

天狐 :「ありがとう、ございます」お茶をいただきます

天狐 :「わざわざすいません、時間をとってもらって」

サーラ:「いえいえ。どーしたの?」

天狐 :「好きな女の子がいるんです」

天狐 :「でも、傷つけてしまって」

天狐 :無人島の事件のことを話します

サーラ:「ふむふむ」

天狐 :「で、謝ったら泣かせてしまって」

天狐 :「元気になってほしいのですが、どうしてあげたらいいかわからないんです」

サーラ:「んー。貴方が悪いわけじゃないとおもうんだけど」

天狐 :「ええ。ですが置き去りにされて、とても怖かったとおもうんです」

天狐 :「泣いていたんです。自分が許せないんです」

サーラ;「それは、そのこじゃなくて、貴方の病気かなあ」

天狐 :「おれが、病気、ですか」すごく、驚いてます

サーラ:「大丈夫よ?」

芝村 :サーラはいたずらっぽく微笑んだ。

サーラ:「恋の病」

天狐 :「うわっちゃああああ!!」お茶ひっくり返しました

天狐 :「え、ええと、すいません。恋の病で?」

天狐 :か、顔が熱い・・・

サーラ:「そうだと思うけど。いいなあ」

天狐 :「いいもの、ですか」

サーラ:「私もそんな時代あったというと、お年寄りみたいね」

天狐 :「・・・や、サーラさんだって全然若いじゃないですか。可愛いですし」

サーラ:「ありがと。それ、相手にいってあげてる?」

天狐 :「・・・・・・う、む、いや。その」

天狐 :「ええと、ちゃんと言ったことは無いと思います」

サーラ:「いってあげるといいわよ?」

天狐 :「でも、嫌われてますし・・・」

サーラ:「嫌いって、言われた?」

天狐 :「言われては、ないですけど」

天狐 :「でも、その、置き去りに」

サーラ:「聞く勇気がない?」

天狐 :リアルでのたうってます *(約3分)

天狐 :「俺は」

天狐 :「いや、はい」

天狐 :「聞きます」

天狐 :「聞きます。俺はきっと結城さんを好きだから」

天狐 :「だから、ちゃんと、確かめます」

芝村 : サーラは微笑んだ。

サーラ:「はい。じゃあ、治療はだいたいおわりー」

天狐 :ぐたり、と脱力

天狐 :「あ、ありがとうございました・・・」

天狐 :「ゆ、勇気、勇気、勇気を出せ・・・」

芝村 :サーラはお大事にといった

天狐 :ありがとうございました、と深くお辞儀をします

芝村 :サーラは手を振った。

芝村 :/*/

天狐 :サーラさんにもお礼がいるなーと思いつつ

天狐 :ぶはー!

芝村 :はい。1時間目終了です(笑)

天狐 :ありがとうございました

芝村 :2時間目にふりわけてあげよう

天狐 :あの、中学生どころか小学生!?

天狐 :ありがとうございます

芝村 :いえいえ。

芝村 :2時間目はどうする?

天狐 :えと、無粋な質問なのですが

天狐 :芝村さんのオススメというのがあるとお聞きしたのですが

天狐 :それを選ぶことはできるでしょうか

芝村 :できるよ。なにがいいかな

天狐 :既に脳が湯だって;

天狐 :どんなのがありますでしょうか

芝村 :今一番いいのは、昼休みかな。

芝村 :逃げられないし

天狐 :こ、この間にげられましたー

天狐 :今度は捕まえてやる!

天狐 :では、昼休みでお願いします

芝村 :OK

芝村 :5ふんまってね。

芝村 :その間に作戦をかんがえるべし

天狐 :はい、よろしくお願いします

天狐 :作戦・・・

天狐 :じゃあ「正面から力押し」で

天狐 :と言うかそれ以外で着ないことに最近気づきました


2時間目スタート
芝村 :/*/

芝村 :昼休みは騒がしい。

芝村 :貴方は勢い良く席を立った

天狐 :火焔の席へ

天狐 :逃げないうちにすばやく

天狐 :「結城さん」

火焔:「……」

芝村 :火焔は貴方を見ている。

天狐 :「結城さん、いや、結城火焔。君に勝負を申し込む。どうか、うけてほしい」

火焔:「喧嘩は嫌いなの」

天狐 :まっすぐに見ます

天狐 :「ケンカじゃない」

火焔:「ここではやめて」

天狐 :「わかった。場所を変えましょう」

天狐 :「屋上でかまわない?」

火焔:「食事がしたいの」

芝村 :火焔の機嫌が段々悪くなっている。

火焔:「私の事、少しでも考えてくれている?」

天狐 :「・・・すまない」

天狐 :「また、先走った」

火焔:「・・・・」

天狐 :「食事、ですね。確かに、俺も腹が減って気が短くなったかもしれない」

天狐 :「頭を冷やしてきます」

芝村 :火焔は黙って見送った。

天狐 :「続きは食事の後にでも」

芝村 :作戦は現在失敗中だ(笑) だが、時間はまだある

天狐 :すいません、ちょっと顔洗ってきます

芝村 :はい

天狐 :ザバザバと水を被ってます

芝村 :かぶった。

天狐 :「おちつけ、おちつけ。」

天狐 :時間は、まだ昼休みですか

芝村 :ええ。

芝村 :もう後半だ。

芝村 :時間をかえてもいい。

芝村 :次のチャンスを待つなり、なんなりもできる

天狐 :教室に戻って

芝村 :はい

天狐 :火焔の姿があるか確かめます

天狐 :いるなら、どうしていますか

芝村 :ええ。いるね。

芝村 :何事も無いように友達と話している。

天狐 :自分の机にもどって

芝村 :はい

芝村 :もどって?

天狐 :すいません、バッドエンドしか浮かばなかった

天狐 :すいません、今からでも時間を進められますか

芝村 :いいよ。

天狐 :放課後に、お願いします

芝村 :OK.昼休みが終わる直前。火焔は笑顔のまま机を拳で叩いた。

天狐 :うぎあ

天狐 :だめだ完全にヘタレだ

芝村 :放課後になった? それとも叩いた時点で行動する?

天狐 :叩いたところで

天狐 :驚いて火焔のほうを見て

天狐 :ああー

天狐 :連れ出します、もう無理やりでも

芝村 :連れ出した。

芝村 :なんか野次馬が集まってる

天狐 :だあああああまたか!

芝村 :火焔は腕を組んでいる。

天狐 :場所はどこですか

芝村 :屋上です

天狐 :はははー

天狐 :「もうなんか、いろいろほんとうにごめん。俺のわがままで」

天狐 :「これで、最後にするから」

火焔:「なに?」

天狐 :「一目ぼれだったんだ」

天狐 :「どうしたらいいかわからないんだ。」

芝村 :野次馬がざわっと騒いだ。

天狐 :「もう、俺は嫌われてしまってるかもしれないけど、」

天狐 :「それでも結城火焔、君の事を好きなんだ。」

芝村 :野次馬がおおーと言っている。

天狐 :「迷惑だって分かってる。この間も、今も」

火焔:「コガ!」

天狐 :「頼む」

天狐 :!

芝村 :コガが野次馬を倒し始めた。

芝村 :静かになった。

火焔:「・・・」

天狐 :え。え?!

天狐 :「えー。と」

天狐 :「そっか、ありがとう」

火焔:「話を続けて、出来れば面白く」

天狐 :うなずきます

天狐 :深呼吸します

芝村 :鐘が鳴ってる。

天狐 :「俺は、速くないし。」

芝村 :予鈴だ

天狐 :「心も鈍いけど」

天狐 :「結城火焔を好きな思いだけは絶対に絶対だから」

天狐 :「好きです、好きです、好きです。もう頭がおかしくなるくらいに」

天狐 :「だから、君の言葉が聞きたい」

火焔:「もっと面白いこといって」

火焔:「女には一生の問題だから」

天狐 :「泣いてたらどこにいても全力で駆けつけます!笑ってくれるならどんなことだってやる!」

天狐 :「一生毎日好きです、愛してるって言います」

火焔:「……」

天狐 :「俺はバカだから」

天狐 :「なんていったらいいかわかんないから」

天狐 :「好きです、好きです、好きです、好きです、好きです」

天狐 :「晴れの日も曇りの日も雨の日も嵐の日も」

天狐 :「きっと世界中の誰より幸せだって言わせて見せるから!」

芝村 :火焔はため息をついた。

芝村 :コガがばうっといった。

火焔:「30秒でギャグ言う、急いで」

天狐 :「あ、ああああ」

天狐 :「ふ、ふとんがふっとんだ!」

天狐 :「じゃないああああ」

天狐 :「大好きです!!」

芝村 :火焔はあまりの情けなさに少し笑った。

天狐 :もうだめだ

火焔:「コガ」

芝村 :火焔はコガにのった。

火焔:「次はしっかりするように。じゃ!」

天狐 :ちからなく微笑みます

芝村 :火焔は敬礼してとんでいった。

芝村 :なぜか野次馬はおめでとうおめでとうといった。

天狐 :「わかったーーーーーーー!!!!!」

天狐 :えええ?

天狐 :「えっと、どうも」

天狐 :あー、えと。

芝村 :/*/

芝村 :はい。お疲れ様でした(笑)

天狐 :追いかけて飛び降ります

芝村 :2ゲームめも終わりだ

天狐 :あ

天狐 :お疲れ様でした

天狐 :ありがとうございました

天狐 :えーと、

天狐 :どうなったんですか?

芝村 :評価?

芝村 :貴方の怪我?

天狐 :怪我;

天狐 :えと、まず評価というか、何が起こったのかがよく;

芝村 :火焔はいなくなった。

天狐 :はい

芝村 :評価は+1+1だ

天狐 :はい、ありがとうございます

天狐 :すいません、パニックになってます、落ち着きます

天狐 :火焔は、屋上からいなくなって、私が野次馬の方たちになぜか拍手されてる。でゲーム終了。はい

天狐 :すいません。

芝村 :ええ

芝村 :その通り

天狐 :はい。

芝村 :野次馬はうまくいったと判断している

天狐 :なるほど

天狐 :うまくいった、んのかなあ

天狐 :なんか読み返すのが恐ろしいのですが

芝村 :ははは

天狐 :今日100パーセント以上素の人格ですよ、しゃべってるの;

天狐 :顔と頭が熱いです

天狐 :ああ、すいません。

芝村 :いえいえ

天狐 :サーラさんいいひとですね

芝村 :そうねえ。びっくりした

天狐 :あれw

天狐 :いや、なんと言うか、最近やっとゲームを始めたので

芝村 :バカ女だけどね

天狐 :黒くないサーラさん初めてなのか

天狐 :でも大好きです

天狐 :感謝感謝。

芝村 :はい。

天狐 :お礼をしないといけない相手がどんどん増える

芝村 :秘宝館には1・1で依頼出来ます

天狐 :あ、お引止めしてすいませんでした

天狐 :はい、ありがとうございます

芝村 :いえいえ。

芝村 :ではおつかれさまでした。とりあえずはおめでとう。

天狐 :ありがとうございます。これで年を越せます

天狐 :ありがとうございました!

天狐 :ちょっと泣けてきました

天狐 :がんばります

芝村 :ではー

天狐 :ではー
|