※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中東史

http://www.bradshawfoundation.com/journey/

従来、ネアンデルタール人は約3万年前に滅亡したと考えられていたが、2005年に イベリア半島南端のジブラルタルの沿岸の洞窟から、ネアンデルタール人が使って いた特徴のある石器類や、洞窟内で火を利用していた痕跡が見つかった。 この遺跡は、放射性炭素による年代分析で2万8000-2万4000年前のものと推定された。 このことから、ネアンデルタール人は、少なくとも地中海沿岸からイベリア半島にお いては、しばらくの間生き残っていたと考えられる。

紀元前48,000年頃、ホモ・サピエンス(現生人類)の出アフリカ。

紀元前9,050年頃、シリアのテル・アブ・フレイラ遺跡で最古級の農耕の跡(ライムギ)。

紀元前8300年~前7300年 エリコ(パレスチナ)で周囲を石壁で囲った集落が現れる。 死海の北西部にある町。古代オリエントの中でも古い町で、紀元前8000年紀には周囲を壁で囲った集落が出現した。最古の町と評されることもある。世界で最も標高の低い町でもある。

紀元前8000年頃 - 西アジア~西ヨーロッパ・北アフリカ~エーゲ海で、細石器が普及する。フランスのトゥールーズ近郊マス・ダジール(アージル文化の標準遺跡)の中石器文化栄える。

紀元前8000年頃 - 西アジアでヒツジ・ヤギ・ブタが飼われ始める

紀元前7千年紀 メソポタミア:最初の陶器が作られる。

紀元前3千年紀

完新世の気候最温暖期が終わりを迎え、以降気温低下が始まる。
シュメールの楔形文字が使われ始めたのは紀元前3500年頃、書かれた物としては最も初期のもの。
シュメール文明の勃興。メソポタミアのウル、黄金期を迎える (紀元前25世紀頃)
|