『「KYO-MEI」prologue~光のなかに立っていてね~』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ある日、リゾナントで行われたパーティー。

語学留学の為、海外へ渡る愛佳の壮行会。
21歳のバースデーパーティーも兼ねて行われたそれには、愛も、里沙も、れいなも。
また、途中までしか参加できなかったが絵里も姿を見せた。

その賑やかな夜から数日後、さゆみは夢を見た。

長い長いトンネルを走っている。
遥か遠くに出口が見える。
少しずつ、少しずつ、近付く出口。
近付くにつれ、そこにあるものが見えてくる。

トンネルだと思っていたのは、闇の世界。
出口だと思っていたのは、目映い光。
その光のなかに立っている、1人の人物。


…愛ちゃん!?

愛が、何かを喋っている。

なんて言ってるの?聞こえないよ。

曇った貴方の声は私を走らせる、走らせる、走らせる。
だが、近付こうとするほど、ノイズが邪魔をする。
近付くにつれ、耳をつんざくノイズ。

それに耐えきれなくなり、屈み込んだその時。

フワリ

何かが身体から離れたような感覚。

見ると、私はここにいるのに、もうひとりの“私”が光へと近付いてゆく。
光のなかで、もうひとりの“私”が愛と一緒になったその瞬間。

光が、弾けて消えた。
全て、闇に包まれた。


「…ハッ!?」

目が覚める。
見慣れた部屋の風景に、ホッとする。

…なんだろう、何か予感めいたもののような気がする。

さゆみは、愛佳に聞いてみようとした。
でも、時間も時間だ。
それに、出発前で色々忙しいだろう。

覚えていたら、愛佳が落ち着いた頃に聞いてみよう。

さゆみは、再び床に就いた。





投稿日:2014/01/15(水) 23:00:20.41 0