■ ベイスメントチワワ -工藤遥・新垣里沙- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 ■ ベイスメントチワワ -工藤遥・新垣里沙- ■

「ほい!そこまでっ!あがって!工藤!」
新垣の声が響く。

「いやっ!まだ行けますっ!も…もう一回」
工藤の、かすれがすれの声

「ほれっ!最初に約束したでしょーが!
アタシがやるといったらやる!やらないといったらやらない!ほい!あがるあがる!」

圧搾空気が漏れるような音と共に、分厚い金属性の扉がゆっくりと開いていく。

何重もの隔壁に守られた、その階層、その一部屋。
こんな古臭い雑居ビルの地下に、これだけの施設があるなんて。

最初、ここに通された時の工藤の感想だ。

分厚いコンクリの四方の壁は薄いミントグリーンに塗装され、天井には分厚い鉄骨と金網に守られた照明がいくつも並んでいる。

視線を壁面に這わせる。
床から2mほどの高さ、横長の窓、そこから新垣さんが『あがれ!』のサインを繰り返している。

目線をそらす。


髪の毛から、いや、あごからも、くびからも、水滴がこぼれ落ちる。
全身が、ぐっしょりと濡れている。

そして、
足から流れ落ちる大量の液体が、床の水たまりを広げていく。

「くっ!」
工藤は、よろよろと出口に向かった。

部屋を出た工藤の前に仁王立ちの新垣がバスタオルと替えのTシャツを持って待っていた。
「ほれぇ!すぐ脱ぐ!」

工藤の能力。
それは、新垣の知る限り【獣化】に近いタイプのものに思われた。

かつてリゾナントに身を寄せていた仲間の中にも、【獣化】能力を持つ者がいた。
だが、工藤のそれは、その結果こそ似通っているものの、
その根本的な部分で全く別種の能力、そう考えざるを得なかった。


【変身】

それはまさに変身と呼ぶべきものだった。

――――

今朝はやく、リゾナントに飛び込むなり、工藤は新垣に進言した。
ハルを動けなくして、みんなで武器を持って囲んでください!
そんな物騒な願い。
でもそれは、真剣な訴えだった。

二人は新垣に昨夜の事は話さなかった。
いつかは話そう?そう譜久村とは約束した。
だが、もう少しだけ、時間が欲しかった。

それよりも、まず工藤には、やっておかねばならない事があった。

自分は、リゾナントの一員として、戦士として貢献できる存在であることを、
みんなに、なにより自分自身に証明する。

あの日以来、工藤は【変身】していない。
工藤自身、不安だったのだ。

本当に自分は【変身】できるのか?
【変身】して、組織と…『あいつ』と、戦える存在なのか?


黙って話を聞き終えた新垣は、二人きりで地下に降り、この部屋に工藤を連れてきたのだ。

――――

洗いたてのタオルのいい匂いをかぎながら、工藤は必死に涙をこらえる。

「だめだ…だめだった…なんだよっ!ちくしょう!」

ほれぇとか、ほいっとか掛け声をかけながら、新垣が工藤の体をふいてくれる。
いそがしく、せわしなく、でも、やさしく、あたたかく。

工藤は、

【変身】出来なかった。

いや、

【変身】し切れなかった。

――――

工藤自身、その時の記憶がはっきりしているわけではない。
だが、『あいつ』を目にした瞬間からの記憶は、はっきりと覚えている。

確かに自分は【変身】した。

最初の記憶は、自分の全身を包む透明な液体が、肉に、骨に、変質していく情景だった。
やがて全身が肉に埋まり、視界が失われると同時に、新たに『別の視界』が開けていく。

「そうだ、これは『狼の目』から見ているんだ。」

すぐに理解する。


目だけでは無い。
臭い、音、皮膚感覚、全てが『自分で自分では無いもの』の感覚を通して知覚していた。

「ハルの中に『ハル』が埋まってる」

丁度、狼の胸腔から腹腔にかけて工藤の体が、
折りたたまれた巨大な太腿の中にはそのまま工藤の太腿が、
そして腿と一体となったような狼の脛の中に工藤の膝下が、埋まっている。
その下、獣のそれと同じように長く発達した『足』に当たる部分は狼の組織のみで出来あがっていた。

工藤の身長プラス、伸びた足先と狼の頭部
推定すれば、180cm前後の白い人狼。

白狼の目が、黒い人狼を捉える。
血が沸騰するような感覚。
怒り、憎しみ、いや、それだけじゃない。
だが、その時の工藤には、それを内省している余裕はなかった。

ただ、『あいつ』をぶちのめしたい。

意識にあるのは、その一点のみ。

咆哮。

弾け飛ぶがごとき跳躍。

一直線に飛び出す。

黒い、人狼に向かって。



                               【index】





2014/01/01(水) 23:46:18.68 0