■ ナイトアンドチワワ -工藤遥・佐藤優樹- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 ■ ナイトアンドチワワ -工藤遥・佐藤優樹- ■

膝を抱え、佐藤優樹がすわっている。
耳をふさぎ、キッと引き戸を睨みつける。

【振動操作】を持つ優樹にとって、こんな引き戸など何の意味もない。
工藤のその位置、その姿勢、その身体から発するありとあらゆる音が、すべて聴こえてしまう。

耳などふさいでも意味は無い。

彼女は音を、全身で、心で、『感知』してしまっている。

でも、塞がずには居られなかった。

どぅーは、まーに、泣いてるところ、見られたくない、聴いて欲しくないんだ。

でも、考えずには居られなかった。


なんでないてるんだろう?なんでなんだろう?
まーのせいかな?まーがおふろしつこくはいりたがったせいかな?
なんでかな?まーがわるいのかな?
おなかいたいのかな?まーがさすってあげたい。
まーのくどぅーがないてる。
なんでかな?

わかんない。
やっぱり、わかんないよ。


んーん、わかっちゃいけない。

そうだ、わかっちゃいけない。

わかっちゃったら、きっとまた、どぅーはおこるから。

おこって、それから、また、ないちゃう、から。

でも、一つだけ、わかっていること。
どぅーのことはわかんないけど、まーにはわかってること。

どぅーのことは、まーが守ってあげないとだめなんだ。


佐藤の中で、それだけは、もう、決まっている。


だって、どぅーは、まーちゃんのものだから。


石田が静かに、佐藤に寄り添う。
その背中に、背中を合わせる。

佐藤は動かなかった。

まるで、姫の居室を守る、騎士のように。

そんな三人を、譜久村が見守る。


ふと、立ち上がり、キッチンへ……


うん、熱いお茶を、いれよう。



                               【index】





投稿日:2013/12/31(火) 04:05:10.70 0