■ ブランケットチワワ -工藤遥- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 ■ ブランケットチワワ -工藤遥- ■

誰にも、みられたくなかった。

風呂から上がった工藤はそのまま毛布をかぶり、一人震えていた。

「どぅ……?」
「う…うるさい!あっちいけー!」

自分がなさけない。

動けなかった。
怖くて、怖くて、何もできなかった。

矢島さんのさわやかな笑顔が脳裏によみがえる。
また、『怖い』があたまをもたげてくる。
ちくしょー!、ちくしょー!

涙が出てくる。

もし、はるなとあゆみだったら、どうしたろう?

はるなはメッチャ弱いヘナチョコであゆみはバカだ。
でも、二人はハルとまーちゃんを助けてくれたって言ってた。
二人とも傷だらけだったって。
特に、はるなは全身を撃たれて、生きてるのが不思議なくらいだったって。

間にあって本当に良かったって。


はるなが戦った敵は「舞」って名乗ったっていう。
だとしたら、『萩原さん』だ。

話した事はないけど、顔と能力は知っている。
セルシウスには『二人の不死身』と『二人の無敵』がいる。
その『二人の無敵』のうちの一人。

【慣性歪曲】の、萩原舞。

『無敵』の、あの人から、たった二人でハルたちを助け出した。

それにくらべてハルはなんだよ。
なんで声が出なかった!
なんで動けなかった!

なんで、『怖い』と、戦わなかった!

泣き疲れて眠るまで、工藤は、自分を責め続けた。



                               【index】





投稿日:2013/12/29(日) 21:50:18.49 0