□ ダークオブダーク ‐金子りえ- □


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 □ ダークオブダーク ‐金子りえ- □

「何っ!また脱走だと!?」
「逃がすな!これ以上”不要な番号”を野に放つことは許されん!!」

けたたましいサイレン、赤色灯。
暗闇のあちこちから、怒号が響く。

闇を切り裂くように、組織の収容所を駆け抜ける少女が一人。

自らの決意を示すようにばっさり切った髪の毛が、走る風に靡く。
逞しい体が、冷たいコンクリートの上を躍動する。
紅潮するふくよかな頬、吐く白い息、いつもは柔和にすら見える表情も今は苦痛に歪む。

何より、前を見据える瞳は闇にまみれていた。

何が彼女をここまで追い込んだのか。
何が彼女をここまで、狂わせたのか。

答えはすべて、闇の中。


許さない。あいつらだけは、絶対に。

口を真一文字に結び、少女 ‐金子りえ- はひたすら走り続ける。

彼女を捕えようとする輩はすべて、闇に沈んでゆく。
自由への、復讐への逃走を阻めるものなどこの収容所には存在しない。

「りっちゃん。離れ離れになっても、仲間だから。」
「朱莉はぜったいに忘れないから!」

あの言葉は全部、嘘だった。
今ならそう理解できる。

虚構を吐くものに制裁を。
裏切り者に、鉄槌を。

それしか、いや、それだけはやらなければならない。
この収容所でなされた”実験”、重ねるたびに恨みは深くなる。

色濃い恨みは、心を闇に沈ませるほどに。


駆け抜けた先に、光が見える。

なのに。

りえの心には光は差さない。
すべては、闇に帰す。

「私が味わったものを、あんたたちにも味あわせてあげるから。」

復讐と言う名の闇に溺れた心は。
共に闇に沈む生贄だけを、求めていた。





投稿日:2013/11/24(日) 01:05:51.49 0