■ コートヤード ‐竹内朱莉- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 ■ コートヤード ‐竹内朱莉- ■

「ねぇテストどうだった?」
「んんーだめだよぉ。聖ったらどれも20点ぐらいなんだよ。朱莉ちゃんは?」
「へへーん!みてみてこれ」
「うわぁーすごいっ65点だぁっ!朱莉ちゃんいーなー!」
「ふふっ。今回は朱莉がんばったなぁ。」

私立凰卵女学院。
その中庭で二人の女学生がたわいもない会話をしている。

まるで恋人同士のよう。
互いの指に指を絡めて手を繋ぎ、肩をぴったりと寄せ合い、きゃっきゃとはしゃぐ。

一人は譜久村聖、そして、もう一人の少女。

あかり、そう呼ばれた少女のカバンの中には、12点や22点、といった答案用紙が束になって入っている。
だが、そちらの方を見せる気はさらさらないようだ。

彼女の名は、竹内朱莉。

小柄な少女だ。

譜久村と比べると、ひとまわり小さい。
制服を着ていなければ、少年のようにもみえる。
短い髪、ちょっと短めな手足、張りのあるまん丸な顔。
くりくりとよく動く瞳、ちいさな丸い鼻、
分厚くぷりっとした唇が少しめくれあがり、白い前歯を覗かせている。
見るからに活発そうな相貌だ。

学校指定より、ちょっと短めのスカートからのぞくは、
覆われたスパッツの上からでもわかる、太く、逞しい太腿。


健康的な少女だ。

肩、胸、背、腰、二の腕、太腿、
頑健な骨格と、精強な筋肉、程よい脂肪。
全身の、あらゆるパーツから、ずっしりとした質量を感じる。

瑞々しく、肉感的。

リゾナントに身を寄せる以前からの、
譜久村が凰卵に転入して、間もない頃からの付き合い。

なぜこんなにも仲良くなれたのか。
それは、譜久村自身にも全くわからない事だった。

竹内は譜久村より2歳年下、つまり『先輩と後輩』の関係だ。
『学校』という環境下にある子供たちにとって、2年の年齢差には絶対的な隔たりがある。
にも拘らず、二人の間には、そういったヒエラルキーが微塵も存在しない。

むしろ、譜久村の方が竹内に甘える、そんな関係。

今となっては、どうやって出会ったのかすら覚えていない。

廊下かロビーか、どこかでふと目があった。
たぶん、そんな、些細なきっかけだったのだろう。

自然に惹かれあい、一瞬で仲良くなった。

「なんだか、もっと、ずぅっと前から、一緒だった気がするね!」

それが二人の口癖になった。


「ねぇ聖ちゃん」
「んー?」
「聖ちゃん、幸せ?」
「えーなんだよー?急にー?しあわせだよぉー聖。あかりちゃんのお嫁さんになれてしあわせだよー」
「ちょっと!お嫁さんって!どっからそーゆーはなしに?なんだもーやだぁ、ぬふっ、朱莉みせいねんだし」
「えーじゃあ大人になったら結婚してくれるのー?」
「いやーそんな!…そーゆう…ねっ!んー…そのときになったらねっ?かんがえます」
「やったー!」

あまりにくだらない。
まったくもってどうでもいい会話が延々と続き、あっという間に時間が過ぎていく。

もう、予鈴だ。

「ばいばーい!」

校舎へと走り去る竹内の背と尻を、名残惜しそうに見送る譜久村。

再び、ベンチに腰掛ける。

うかない顔。

ため息をついた。


「はーっ」

譜久村には、少し心配な事があった。

竹内の事だ。

ここ何日か、あかりちゃん様子がちょっと変だ。
そう感じていた。

いや、具体的にどこが、といった事はわからない。
表面上は、いつもと変わらぬ、活発で明るい、
譜久村が大好きな『あかりちゃん』のままだ。

だが、なにかが違う。

反射的に使ってしまった【残留思念感知】にも、それらしい事柄は見当たらなかった。
というか、全然その生活が見えてこない。

「きもい。これじゃ聖、ストーカーじゃん。」

先ほどまで竹内が座っていた所を何度もさする。

あれだけ一緒に居て、あれだけ接触の機会があるのだ。
その気になれば、彼女の生活の全て、本当にその全てが、手に取るようにわかるはずだった。

が、何もわからない。
「どうしたんだろう?聖もヘンなのかな?あかりちゃんのこと好きすぎて、うまくわかんないのかな?」
なぜか自分の側に原因を求める。


「聖がヘンだから、そんな気がするだけなんだよっきっとそうだよっ。」

ひとりごと。

何も心配することなんかない。
いつもの『あかりちゃん』だったじゃん。

もしかしたら、本当にただの気のせい。
聖の勘違いなのかもしれないよ。

でも、心配だよ。

「よしっ!やっぱり明日あかりちゃんに聞こう!うん、そうするっ!」

ブレブレだ。
が、とりあえずの意思決定。
でもそれで、少し心が軽くなる。

譜久村は、中庭を後にした。

――――


「……」

中庭を見下ろす窓際、二人の少女が譜久村を見送っていた。

「たけ…」
「福田さんうるさい」

「…」

「でも、ありがとうございます」

「……」

「聖ちゃんを守ってくれて、本当にありがとう」

どんな表情をすればいいのかわからない。
福田花音は、そんな表情のまま無言で竹内を見つめる。

再び、とりあげてしまった。

私たちの都合のためだけに……

普通の、『普通の女の子』としての一生……

エッグの事、能力の事……

そう…奪ってしまった……


日常を


怨まれて同然だ、憎まれて当然だ。

なのに。

「さって!お別れも済んだし、行きましょっか。」
竹内はそう言ってぐるぐると左腕を回転させた。

「ええ、そうね…」

二人の少女は背を向ける。

窓の外の、中庭に。
光の中の、日常に。

「でもっ、いつか、一回だけっ、福田さんぶっ飛ばしますからねっ!」


ええ、

いつか、ね。



                               【index】





投稿日:2013/11/23(土) 11:37:01.95 0