■ ベイトトラップ -新垣里沙- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 ■ ベイトトラップ -新垣里沙- ■

『突然の大爆発』『N県山間部廃村にて火災』『廃棄された炭鉱内の粉塵が原因か?』
いくつかの関連ニュースを表示させる。

「こんなところにもあったっちゃね……組織の。」
「どんな目的の施設だったか本当のところはまだ何もわからないけど」
「ルートから考えて、この施設からの移送中に襲撃された、そういうこと?」
「うん。工藤の話と、それで繋がってくると思う。」

何重もの隔壁に守られたその部屋に集うは、
新垣里沙、田中れいな、道重さゆみ、光井愛佳、そして、石田亜佑美。

「石田はどう?」
「いえ、私も聞いたことはありません。」
「そう……」

突然、リゾナントから姿を消した高橋愛。
彼女は、その高橋と一時行動を共にしていたという。
二人の出会い、対決。そしてその後の顛末……
自分の甘さ、高橋さんの力の凄まじさを、嫌というほど見せつけられました。
そう石田は語った。

彼女の語る女性、それは確かに『愛ちゃん』だった。
だが、そこには新垣達の知らぬ『高橋愛』がいた。
それは、『愛ちゃん』では無かった。


新垣は愛佳の手繰るマウスをぼぅっと眺めながら、ふと、そんな事を考えてしまう。
ううん、今は、愛ちゃんの事より目前の事を整理しよう。
プロジェクターに映し出される山間部の画像は、どれもずいぶん遠くからのものばかりだった。
空撮すら無い。
どうやら立ち入りが制限されているようだ。
しかも『制限されている』という事すら上手い具合に伏せられているようだ。
そして、第一報から、何の続報もない。

灰色の煙のたなびく、その山間部の画像群をみるとはなしに、新垣は考えを巡らす。

確証はないが、この場所は『訓練施設』だったのではないか?
能力者や能力発現の可能性を類推される子供たちを集めての、戦闘訓練、能力開発、人体実験。

工藤遥は、どことは知らぬ地下施設で、過酷な訓練を課せられてきたという。
それがここである可能性は充分にあった。
もっぱら彼女は戦闘訓練のみを受けていた。過酷な訓練、ただ栄養管理のみ厳密な食事、規則正しい生活。
だが、ある時、急に彼女は能力開発を主軸とするあるカリキュラムに編入された。
通り一遍の生体検査やペーパーテストなどの後、眠らされ『保管庫』に収監された。

能力開発を主とする子供たちは就寝の時ですら自らの自由を奪われる。
薬品投与と電子機器による完全な睡眠のコントロール。
それは、正しく『保管』だった。
工藤が把握しているだけで10数人がその部屋に保管されていた。
そして、その第一日目にして、その襲撃は起こったというのだ。


翌日まで目覚めぬはずの工藤が目覚めたとき、保管庫は何者かの襲撃を受け、狂乱の中にあった。
そのときの話をするときだけ、工藤の口は重くなった。
混乱の中での能力の覚醒。
再び工藤の意識が戻ったのが見慣れぬカプセルの中。
そして逆光の中、自分を見つめる佐藤優樹のシルエットと声を聞いたところで再び記憶が途切れ、
そしてリゾナントで目覚めたのだった。

『餌』だ。
話を聞き終えた新垣の脳裏に浮かぶ、残酷すぎる、その仮説。
子供を隠すには子供の中へ。
襲撃者が目的とする『何か』、いや状況からいって『誰か』のかわり、
もしくはその『誰か』を容易には発見できないようにするための『餌』の『かさ増し』。

獣を捉えるための罠と同じだ。
その保管庫全体が最初から襲撃者のためにあつらえられた『罠箱』だったのではないか?

吐き気がする。
新垣の眉間に深い縦皺が刻まれる。

だがこの仮説も穴だらけだ。
説明がつかない疑問がいくつも残る。

なぜ、急に工藤は破壊された施設から回収されたのか?
新垣の仮説ならば工藤を回収する意味は無い。
逆に新垣の仮説が大きく間違っている、とするならば
工藤も将来の能力を見越して訓練を受けさせていた組織の貴重な財産、ということになる。
であれば、なぜ急に工藤を使い捨ての餌のように扱ったのかわからなくなる。
どちらも、それぞれ別のポイントで『なぜ急に?』という疑問が浮かび上がってきてしまう


わからないのは組織の意図だけでは無い。
内情はどうあれ、工藤は回収され、別の『どこか』へ搬送されようとしていたのは確かだ。
その搬送車両を襲撃し、工藤を強引に奪い取ろうとした者達の存在。
彼らの目的は?
もしかして地下施設襲撃者と搬送車両の襲撃者は同一なのか?
では工藤そのものが目的?
いや、それにしては搬送車両の襲撃者のほうはあまりにお粗末だった。
地下施設襲撃者とは手際が違い過ぎる。
そもそも、組織の施設と人材をまるごと使い捨ててまで罠を仕掛けねばならぬほどの襲撃者とはいったい?
やっぱり、愛ちゃんが?でも、愛ちゃんと行動を共にしていた石田は何も……

「ガキさん?」
「ああ、ごめん。」

一度、現地へ行ってみよう。

「とにかく、現状は情報が足りな過ぎる。もう少し調べてみましょう。」



                            【index】






投稿日:2013/10/27(日) 02:43:58.87 0