■ ライアポロジー -飯窪春菜・石田亜佑美- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 ■ ライアポロジー -飯窪春菜・石田亜佑美- ■

飯窪春菜が目覚めたとき、すでに石田亜佑美がそこにいた。
目に涙をため、起き上った飯窪を睨みつけていた。

「あ、あの…」

一瞬、目が眩み、耳が聞こえなくなる。
その頬が歪む。
間髪をいれず、
猛烈な勢いで殴られた。

再び感覚が戻った時、石田亜佑美が顔をうずめ、泣いていた。
飯窪の胸の中、飯窪を両手で痛いほど抱きしめ、肩を震わせ、泣いていた。

「一生!後悔するところだった!」
「あ…」
「あなたが死んでいたら、私は一生!」

そう言って、また泣いた。

「あの…」
「約束して!」
「え…」
「もう二度とウチを騙すようなことしないで!」
「……」
「次にまた嘘ついたら!嘘ついたら!」

「ぶつからっ!」

ぶつだけなんかーい
飯窪は心の中でそうつっこんだ。


やっぱり、いい人、だったな。

「はい…約束します。もう二度と嘘はつきませんから。」
「ほんどだよ…ほんどだからねっ……」
「はい……」

単純だけど、とってもいい人。

石田さん、二度と嘘つきません、なんて簡単に言う人が、もう二度と嘘をつかないなんて、ありえるわけ、ないじゃないですか。

きっとまた、私は、きっとまた、あなたに嘘をつく日が来る。
でも、そのとき、あなたは、また、私をぶつだけで、ゆるしちゃうんでしょうね。

石田はまだ泣いていた。
震えながら泣いていた。

でも、がんばります。石田さん。
私、がんばって、嘘をつかないように、一所懸命、がんばります。

肩をそっと抱く、背中をぽん、ぽん、と軽く、たたく。
「そんなことしたってゆるさないんだからっ!」

はい、わかってますよ……
それが、うそだって
あなたが、わたしをゆるしてくれたこと、わかっています……

大きく震える、
小さな肩を、そっと、そっと。

頬に、まだ、掌の『ぬくもり』が、残っている。

私は、もっと、反省しなきゃいけないのかもしれない。


でも……。

飯窪は不思議な幸福感に包まれていた。

ふたたび、飯窪が、石田に嘘をつく日、
きっとそれは、遥か先の、もっと先の――



                            【index】





投稿日:2013/10/18(金) 23:42:46.42 0