■ ミスイーチアダ -福田花音- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 ■ ミスイーチアダ -福田花音- ■

「それにしても、この状況……デジャブでしょうか」
福田花音はため息をついた。

無人のショッピングモール、そのバックヤードの薄暗がりに、
左耳のピアスがキラキラと揺れている。

ぺち、ぺち、ぺち。

「あらあら萩原さん、どうしたんです?
はやくアレ使ってみてくださいよ。ほらほら。」

その頬を、叩く。

「なーんだ。つまんない。もう【能力】も使えないほど、弱ってらっしゃるのね。」

「かは…かひゅー!(て、てめぇ…てめえ…!)」

「ねぇ萩原さん、なぜあの子だけこんなにしゃかりきになって回収したがるの?
わからないわ。
私たちをおびき寄せた段階で、あの子たちの役目は終わっていたはずでしょう?
他の子たちは見捨てて、あの子だけ、ねぇ?」

頬を叩くことに飽きる、ふと、鼻をつまんでみる。

「か…かふっ…ひゅー(息が、息が出来、な)」


「ふふ、ごめんなさい。あなたが知ってるはずないか。
いつもの通り、大切なことは、
なーんにも、教えてもらえてないんですものね。」

「ぐ…ぐ…(そんなこと!舞は、そんなこと…)」

「ま、いいわ。私も少し熱くなりすぎていました。
あんなに回収したがるものだから、こっちもすこし意地になっちゃってたんです。
私たちはもう『あの子たち』を奪取しているんですから。
他の、こういっちゃあなんですけど、別に何のゆかりもない子まで面倒みる義理もないわけです。
あの人たちの手にわたったのならそれはそれでいい、組織の邪魔も出来たし、結果大成功。」

福田花音は、腰を上げる。そろそろ潮時だ。

「さて、萩原さん。ごきげんよう。」

「は、はへぇーはひゅ、けへっ(ま、待って、助けて!助けて!)」

福田花音は、その憐れな茶髪を見下す。


冷たい、軽蔑のまなざしを隠そうともしない。
が、そこにふっと優しげなものが浮かぶ。
再び、しゃがみこむ。

「と、言いたいところですけど、萩原さん。
ご存じのとおり、私たち今、手駒が不足してるんです。
『あなたたちのせい』、でね。だから、あなたみたいな捨て人材でも、
役に立つかわからないけど、一応確保しておこう、今、そんな気分なんです。」

「あ…あは…(よ、よかった、あ、あり……)」

「あれ?なにか勘違いなさってます?どなたか、あなたを『助ける』なんて言いました?」

「げ…ぐ…が…(え?なに?それって、なに?……なに?!)」

「もしも、『生きてたら』またお会いしましょう、んふふ。
そのときは、せいぜい働いてもらいますよ。
……まぁ、萩原さんの自覚の無いところで、ですけど。」

「あが…あが…(やめ、ろ、やめ、て!やめて!)」

目をそらすことができない。その言葉から逃れられない。
少女の唇が歪み、そして…

「『疑うことなく』信じるにょん、あなたは……」



                            【index】





投稿日:2013/10/17(木) 00:57:10.84 0