■ メイデンボウル -佐藤優樹- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 ■ メイデンボウル -佐藤優樹- ■

「きれーい」

佐藤優樹は、その少女の寝顔に見惚れていた。
白い、長楕円筒形の、カプセル。
「きんぎょばちみたーい」
形状からして金魚鉢とは違うと思うが、そのカプセルの上に腹ばいにはりつき、その中をまじまじと凝視している。

「かわいー」

振動。
カプセルの中は少し粘性のある透明な液体に満たされている。
その質感を、佐藤優樹は正確に『体感』する。

「とろとろのなかでもへーきなのー?」

返事は無い。
美しい、その幼い少女は、涼やかな表情のまま、眠り続けている。

「おしゃかなしゃんみたーい」

ぺちぺち、ぺちぺち。

「ほしーなー、これ」

手の平と、脛の内側からふくらはぎ、で、カプセルをぺちぺち、とたたいてみる。

「まーちゃんの、おーしゃかーなしゃん」

――――


「問題発生。
ターゲット確保、および目撃者の処理完了。
ただし対象車両横転。
"対能力者"拘束シェル搬出不能。
指示願います。」

『んもー、なにやってんのー、気合いで乗せ替えられないの?、今からどうやって……いいわ、そこで待機、
誰も近づけさせないで。手段は問いません。なにがあってもターゲットを死守なさい。』

「了解しました。」

――――
一体、なにが起こった?

「まーちゃん、悪くないよ!、なにー?って聞いただけなのに、ばーんってするからぁ!」

部下たちが倒れている。
その中心に、一人の、少女。

「能力者!もう追手が嗅ぎつけたのか!撃て!絶対に死守せよ!」
――――


発振、振動、伝達、
反射、伝達、受信。

その少女は投げかけ、受け止める。
人の位置、人の動き。
アクティブソナーのごとく、少女は発信し受信する。

発振、伝達、共振、
調整、共振、合致。

その少女は、引き起こす。
細やかに振幅を変え、最適を導き出す。
そして、加熱させる。

発振、波動、伝達、
反発、伝達、発射。

その少女は作り出す。
床と自分との間に。
たわんだ毬のごとく、少女は発射される。

発振、波動、伝達。
増幅、伝達、衝撃。

そう、その少女は『うねる』。
そして、全身の、その『うねり』を、叩きこむ!

――――


「ねーおしゃかなしゃん、まーちゃん疲れちった」

「おせなか、痛くなくなってきた、なんだか、寒いし」

「ねむくなって、きちゃった、ここで、いっしょに、ねむってても、いい?」


………。


……。


反応。

「??おしゃかな、しゃん?」

覚醒。

「なに?なんていってるの?」

(だせー!ここから!……だしてぇ……)

「ここから、出たいの?」

(だしてっ、だしてよっ)

やった!やった!やった!おしゃかなしゃんがしゃべった!しゃべった!しゃべった!
でたいって!でたいって!まーちゃんにあいたいって!


「ね!ね!まーちゃんのものになって!まーちゃん、おしゃかなしゃんが欲しいの!」

(なんでもいい!ここからだしてくれるならなんでもする!はるはでなきゃいけないんだ!でてあいつに!)

「やったー!じゃあだしたぁげるっ!」

発振、伝達、共振、
調整、共振、合致。

「まーちゃんが!、すぐにっ!」

その少女は、共振を引き起こす。
細やかに振幅を変え、最適を導き出す。
そして、   砕く!

『まーちゃんが!、すぐにっ!だしたぁげるっ!』



                            【index】





投稿日:2013/10/10(木) 18:58:18.33 0