■ ピュアブラッド -工藤遥- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 ■ ピュアブラッド -工藤遥- ■

22号は火炎の中に影をみた。

炎を背に、見知らぬ少女がこっちへと……大きな、リボン。
大粒の涙を流し、ごっそりと両腕を食いちぎられた少女が、よろり、よろりと22号へ向かって近づいてくる。

「…にたぐない…じに…たぐ……」

影だ。両腕の無い少女の小さな影、その影のすぐ後ろに。

撓やかな、そして、靭やかな、漆黒の、人狼。
黒き狼はそのアギトを開き、その輝く牙が少女のうなじを捉え、喰い千切る。

「やべでぇ!やべで…ぃ…ぎぃ……ひぎゃああああああああああ!……ぁぁぁ……」

ほんの少し前まで、少女であった『それ』に覆いかぶさり、
ただ、ひたすらに、引き千切り、喰い尽くす、黒い影。

恐怖、それは、まさに、恐怖そのもの。

―だが、22号に、恐怖は無かった。

その瞬間、22号は思い出す。

―恐怖などであるものか。

己が何者であるのかを。

―そう、この感情は―


『工藤遥』は思い出す。

白き巨狼を、喰い破った、その怨敵を!

ボシュウウウウ……!

大気が渦巻き、白煙を上げて氷霧が噴きあがる。

冷気。

グルルルルル……

工藤遥の周囲の大気が急速に冷却されていく。
過冷却状態と化した大量の水滴が爆発的に生成され、
キラキラと光る結晶を含んだ白霧と化し、
一瞬で膨張し、幼い少女を、『工藤遥』を、覆い尽くす。


ズン!

鉤爪。

グルルル……グルルルル……

毛皮、唾液、耳、そして牙。

ア゛ウォオオオオオオオオオオオオオ!

白煙を上げる氷霧から、白い弾丸が、跳躍する。黒き人狼に向かって。

現れたのは、純白の、白銀の、人狼!

工藤遥のその能力。
今や彼女は『人の体に獣の頭』純白の毛皮に覆われた、一頭の魔獣であった。

地面すれすれを『滑空し』まるで音速かと見まがう速さで襲いかかる。一直線に。

今まさに目覚めた純白の人狼を


漆黒の人狼が迎え撃つ。

ゴッ!

顔面。

ゴッシャアアアアアアアアア!

拳。

純白の人狼の顔面に漆黒の人狼の、拳がめり込む。
その鼻が無残に潰れ血肉が飛散する。
勢いの行き場を失ったその身体が、顔面を軸にして前方に、
そして上方に放りだされ、一回転、二回転、三回転と宙に舞い、地面へと叩きつけられる。

惨敗。瞬殺。圧倒的な力量差。

白煙を上げ、再び工藤遥の周囲が渦巻く霧に覆われていく。
その毛皮が、筋肉が、爪が、牙が、溶ける。
溶解した獣の肉体は、透明な、常温の体液へと急速に変じ、みるみる流れ落ち、床を濡れ広がっていく。
あとに残るは、全身をぐっしょりと濡らし、仰向けに横たわる、無力な、工藤遥。


工藤遥は、黒い影を見上げる。

撓やかな、そして、靭やかな、漆黒の、人狼。

手を、手を伸ばす。
あいつを!あいつを!……!

そこで、工藤の意識は失われた。

――――

キーーーーーーン!

白いカプセルが軋み、悲鳴を上げる。

ピシッ!ピシッ!……バリン!

『だしたぁげるっ!』

声の主は自分と変わらぬ、幼い少女であった。
逆光。
工藤遥はまぶしさに目を細める。

『……ちゃんが!、すぐにっ!だしたぁげるっ!』




                              【index】







投稿日:2013/10/02(水) 12:53:57.00 0