『いっしょに帰ろう』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



破れた服。
髪に付着する羽毛。
爪の間に残った血。

窓の外には、建物が競いあって背伸びをしていて。
その中では、人が競いあって背伸びをしていて。

そんな景色を、ため息とスモッグが霞ませる。
窓の下には、背伸びで軋んだ路地裏がある。

時に、私じゃない私でないといられなくて。
大人になった私に、子供でいたい私が涙を見せる。

世界のまん中も日出ずる国もなくて、ただ広い海が隔てている。
海を隔てた先にある、私のもう1つのふるさと。

写真立ての中で、無邪気な顔してみんなが笑ってる。
いつかきっと、写真と同じ笑顔でいっしょに帰ろう。


商品:香蕉
数量:30公斤
送達地点:日本東京


帰りたい…いくつもの色で輝いていたあの頃へ…。
今は、私の気持ちが少しだけ、先に帰ります。


――話したいことが山ほどあるんだ 大好きな声を忘れたくないよ――




投稿日:2013/09/14(土) 00:06:56.91 0