『さかさまワールド』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



さゆみは今まで、色んな“傷”を見てきました。
“傷”に触れ、“傷”を感じ、“傷”を癒してきました。

さゆみも少し大人になって、夢に憧れるだけだった頃には見えなかった“傷”が見えるようになりました。
その“傷”を負った人たちは、今見てる世界がさかさまだと思うのです。
今見てる世界が全部ウソであるように願うのです。
さかさまだと思うほど、ウソであるように願うほど、痛めつけられた“傷”なんです。

時にその痛みは、他人の旨味になってしまいます。
だから早く癒してあげたい。
痛む“傷”を見つけられてしまう前に。
痛みが、自分の力になるように。

力にできるかどうかは、あなた次第。
さゆみは、そのお手伝いをするだけ。
さかさまなんかじゃない。ウソなんかじゃない。
そう思える世界になるように、さゆみはお手伝いをするだけ。

泣けてくるほどうまくいかないこの世界でも、それを愛せますように。
あなたを傷つけるあの人も、昔は誰かに愛されて育ったはず。
あなたは誰かに愛されたことを、忘れないでいて下さい。

闇に飲み込まれないように生きてゆくあなたの、お手伝いをこれからもさせて下さい。


――想像以上に歪みながら それでも僕らは 明日を待っている――





投稿日:2013/09/09(月) 22:01:03.13 0