『異能力 -Following the end-』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 refer to  異能力


生きる理由を考えてしまうのは何故だろう。
なぜ生まれ、なぜ生きているのか。
考えなくてもいいはずの理由を、考える。

 【私】を創ったヤツらは知っている。

でも、私はそれを否定した。
否定するために逃げて、そして戦って、生きて。
そして、死ぬ。

 十数年で、死んでしまう。

なんて不完全な命だ。
【私】をそんな風に作り出してしまったヤツらは、人間でいう「親」ではない。
父と母らしきモノを固体として限定できるほど、私の中身は純粋にできていない。

 無機質な製造番号によって、名前すら存在しない。

様々な遺伝情報をぶち込まれた細胞で構築されている【私】。
それが嫌で、嫌でいやでイヤデ。

 死にたくなくて

だから【私】は、ヤツらに反旗を翻した。
多かれ少なかれ、私の肉体には私が憎悪する"ヤツ"の肉体情報が入っている。
母は哀れな犠牲者だった。
憎い、憎い、憎い!
この世界に、こんな風に産み落とした原因を、この世界から抹殺したい!
それが【私】の行動理念。
それ以外にやりたいことなんて、無かった。


 なかった。
 無かった。
 なかったのに。

―― 本当は、ある。
他にもしたいことが、たくさん、たくさん出来た。

でも、ヤツへの復讐以外のことを、考えてはいけなかった。
何もせず、何もできずに、ただただ恨みの言葉を吐いて死んでいった仲間たちの為にも。
私の寿命だって、いつ尽きるのか分からないのに。

……あと、何年生きられる?
今日も明日も明後日も生きていたいのに。

 死にたくない。死にたくないよ。

だけど、明日死んでもおかしくない、不完全な命。
もしも明日、この命がなくなるとしたら。

 きっと私は、この心の底にある願いを叶えにいくのかもしれない。
 この願いを叶えられたらきっと、きっと、私、は――

 *

あの日、あの時、あの頃。
審判の保留が行われてから数年。
多次元の世界の一つ。
終結を迎えたものも多い。
だが、誰かは紡いでしまう。―― 少女の結末は未だ、其処にあると。




投稿日:2013/05/13(月) 15:33:52.31 0