(75)815 名無しツグナンター。。。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



815 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2012/12/05(水) 00:55:13.62 0
「いーなーいーなー里保ちゃんやえりぽんばっかり、みずきもしたいなー○○ナントしたいなー、体のいけない部分を共鳴させたいなー!!」
「…で、何でもぉのところに来てるの?」
「だって聖はトップツグナンターを目指してますから。ももち先輩とツグナントしたいんです」
「共鳴したいんだったらみっしげさんいるじゃん」
「道重さんには断られました。同じ臭いを感じるからって」
「ちょっとももちたち仮にもアイドルなんだから、「臭い」とかやめて。せめて「匂い」にして」
「アイドルである前にツグナンターですから。あとなんか「臭い」のほうが生々しいかなって」
「第一もぉリゾスレに出た事ないんだよね」
「検索済みなんで、大丈夫です!」
「そう?ならいいけど。ってよくないよ。出てないから。多分」
「安心してください。これを書いてる作者さんが、例の勿体ぶった会議室の話の続きで出すかも出さないかもって言ってましたから」
「えーどっちなのー?」
「どっちでもいいんです。とにかく聖はももち先輩とツグナントで汁だく特盛するんですから。さあ早く服を」
「しょうがないなあ…」
「ごくり」
「でもほら、ももちはみんなのアイドルだから。許してにゃん(ニャーのSE)」
「はい!許します!」
「待って待って。そこは許しませんでしょ。ふざけてないで本気でやって」
「ふざけてなんかいません。聖はいつでも、ももち先輩に本気ですから」
「フクちゃんといると調子狂うよね…ももちの持ち味がね」
「え?ウイスキーですか?」
「そんなこと言ってない!ももちもう帰るね」
「…ショックですけどしょうがないです。じゃあ股の機械に」
「変換間違ってるし。そういうセルフパロディみたいなことはアイドルだからしないの。ちょっと、ひっつかないで、股の機械をあてがわないで、マネージャーさーん!!!!」