(44) 198 名無し募集中。。。(神様はいるよ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

173 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2010/04/18(日) 00:53:03.06 O
俺は昨日コンサでれいなの新必殺技を見た!!
体内で共鳴増幅した力をブレスレット状の形にして拳からオタに飛ばしていた!
二、三人のオタがはぜてた・・・(実際はブレスレットが抜けて飛んでいっただけだけどね)

174 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2010/04/18(日) 01:31:26.54 O
そういう最期なら迎える覚悟はできてるぜ

175 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2010/04/18(日) 05:31:24.15 0
俺もだ

176 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2010/04/18(日) 06:44:09.49 O
流石だな共鳴保全戦士達よ!!!

177 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2010/04/18(日) 08:54:51.66 O
おい
保全戦士よ
保全前戦死はダメだよ

178 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2010/04/18(日) 11:01:52.22 O
ジュンジュンに冷たいバナナで頬を張り飛ばされたい

183 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2010/04/18(日) 13:53:55.27 0
 >>178
でも、ジュンジュンが、
『ミチシゲサンの手、冷たくてきもちー』
って言いながら、
ずっとあっためてくれたから、おかげで温まりました♪

これと同じシチュエーションがリゾナント小説の中にあったような・・・

185 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2010/04/18(日) 17:41:55.71 O
 >>183
教えて生き字引さん!

196 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2010/04/19(月) 09:33:58.45 0
 >>183

483 名前:短歌ンター[] 投稿日:2009/10/19(月) 20:18:05.81 O
神なんか いないよ、だって 君の手が こんなに冷たい なんておかしい

神様は いるよ、私に 君の手が 暖かいこと 教えてくれた


2周年記念質問スレで挙げられていたこれかな
小説じゃないけど・・・




暗い、冷たい、視界が真っ暗だ。
動く人の気配も無い。
耳に入ってくるのは爆発によって生じた炎の燃える音、何かが崩れ落ちる音。
今私が居るこの場所で生きているのは私一人、そして間もなく私も…
身体中を激痛が走っている。 胸に空いた孔からは血液と同時に貴重な命の息吹が流れ出していく。
もう長くはないだろう。
私はひとりぼっちで死んでいく。
だが怖くはない、寂しくもない、自分の行動に後悔もない。
むしろ幸せだ。 ここには、この闇の中にはあの人がいない。
あの人は光の中を歩んでいけばいい。
あの人にはこれからの人生を幸せに生きていく権利がある。
そのためなら私はこの闇の中で朽ち果てていこう。
神様、頼んでもいないのに私にこんな力を与えてくれたあんたのことを恨んだこともあった、呪ったこともあった。
でも今は違う。
この力のおかげであの人に会えた。
この力のおかげであの人を守れた。
だから感謝している。
どうかお願いだからあの人のこれからの人生を見守って上げて。
私にはもう無理みたいだから。
だから虫のいい話だとは思うけど、どうかあの人のことを守ってあげて、どうかお願いだから。


燃えさかる炎の中に里沙ちゃんは居た。
状況から考えてこの基地に仕掛けられていた自爆装置を起動させたんだろう。
里沙ちゃんの身体中から血が流れていて、まるで人形のように白い肌を炎が赤く染めていた。
里沙ちゃんが時折見せていた寂しそうな顔。
訴えかけてくるような瞳。
きっと私に打ち明けたいことがあったんだろう。
心の中はどんな思いが駆けめぐってたんだろう。
判っていながら気づいてない振りをした私の所為だ。
他人の心に踏み入らない。
綺麗事ばかり言って、本当は自分が傷つくのが怖かっただけだ。

ここに駆けつけてくるまで、何度も神様に祈った。
私の命を差し出して、里沙ちゃんが助かるなら喜んでそうすると、でも、その結果がこうだ。

倒れている里沙ちゃんの元に歩み寄る。
破壊された計器から出ているスパークが私の身体に当たり、炎の熱気が私の髪を焦がすけど、もうそんなことはどうでもよかった。

里沙ちゃん…名前を呼ぼうとしたが、返事が返ってこないのが怖くて呼べなかった。
傷だらけの身体を抱きしめて、その冷たさに泣き出しそうになる。

「何で、里沙ちゃんの身体がこんなに軽くて冷たいんや。 神なんていない」
「…いるよ」
「里沙ちゃん…」
「…だって愛ちゃんの掌はこんなに温かいじゃない」