(62) 99 名無し予告編(リゾナンターSP シルバーランドの姫君)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

予告編

リゾナンター・高橋愛を訪ねた訪問者

「愛ちゃん、手紙預かったよ。」

そこにあった手紙には『助けて』という文字と王家の紋章があった。

「あの子があーしに助けを求めている。」

助けに応じた愛は里沙とともにシルバーランドを訪れる。
「愛ちゃんとその手紙の主はどういう関係なの?」
「旅の途中で知り合った友達やよ。顔つきが似ていてもしかしてあーしら双子の兄弟じゃないかとまで思うほど気があったんやよ。」

それは愛がリゾナンター結成前に培ったひとつの友情だった。
そしてふたりは再会する。

「愛・・・」
「サファイア・・・久しぶりやのぉ。」

だが再会もつかの間、シルバーランドを覆い隠そうと闇が忍びよる。

「王は女よ!」
「国民を裏切ったおろかものだ!牢に閉じ込めろ!」
「愛ちゃん・・・このままだと・・・」
「あーしはあきらめんよ!必ず、サファイアは助け出す。」

リゾスレ60話突破記念作品
『リゾナンターSP シルバーランドの姫君』

現在、制作進行中・・・