(60) 861 名無し設定(魔女とサイボーグ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



779 名前:名無し募集中。。。[sage] 投稿日:2011/10/15(土) 07:51:39.53 0
          ◇          ◇          ◇

時空を隔てた原野。
白い雪が中空に漂っている。
静止した時間の中に存在する二つの人影。
完全に静止した人影の背後に廻ったもう一人の腕が閃いた。
そして時間は動き出し、雪が地表に降り積もっていく。
白い大地に倒れ伏す女の身体から、紅い液体が流れている。
自分に手傷を負わせた女に対して、それでも戦意を消さずに這い寄っていくが…。

「あなたの頑迷さにも呆れてしまうわね」

静止した時間の中で敵を倒した保田圭が往生際の悪い相手に宣告する。
「この世界に永遠なんか存在しない。 でももしもあなたがそれを求め続けるというのなら、永遠を殺す者として私はあなたを倒す」

「…わたしは、わたしは……」
永遠を追い求める魔女の目から力が失われ、その身体に雪が降り積もっていく。

    • 続く--

【次回予告】
ありふれた町並み、変わらない日常。 魔女ミティが率いるダークネスとリゾナンターの戦いが繰り広げられていく。
暗黒魔獣イカカニゴン、共鳴レールガン”リゾナントバスター”。
激戦を目の当たりにした愛はリゾナンターの面々が自分の知らない顔だったことに驚く。
「あんたら、一体何物?」
戦闘員の一人と接触した愛は意外な事実を知らされる。
「この町は新しい記憶を蓄積できなくなってしまったあの方に、終わりなき日常を過ごしていただくための場所」
語られる氷の魔女誕生の真実、そしてもう一人存在した炎の魔女。
「亜弥ちゃん、美貴ね亜弥ちゃんのことずっと待ってたんだよ」 氷の魔女と「A」の邂逅が世界を揺るがせる。
モーニング戦隊リゾナンターR 第22話「Aya The Witches」
全て凍らせて、思いを守れ



858 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2011/10/18(火) 22:30:46.57 0
 >>779
今さら読み終えた
次回予告、あんなその後誰も使わなかったような設定 →『Air on G - Ep. Here Me-』 を拾って頂いてありがとうございます的な



859 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2011/10/19(水) 00:26:27.97 0
 >>858
いやあのあやみき設定は好きだ



861 名前:859[] 投稿日:2011/10/19(水) 01:57:22.20 0
美貴は失った亜弥を求めて、亜弥のクローン体を創り出した。
そしてそれを強力なサイボーグへと改造することで、ダークネスの戦士として再び共に生きようとした。

だが… 「クローン」体は本人の「再生」ではない。同じ遺伝子マトリクスを持っているというだけの、全く
異なる個体なのだ。

それに気がついた時… 美貴は絶望し、亜弥の再生を待つために永遠を求め、「魔女ミティ」となる。

そして、自らの「創造主」である美貴に絶望を与えてしまった事で自分を責めるクローン体は、自らの
心を閉ざし… 冷徹無比なサイボーグ戦士「A」として生きる道を選んだ。


「…またあの時の夢か…? いや! これはバグだ…! 私は夢など見ない…!」


だが、私情から暴走を続けるミティに、ついに組織から粛清の決断が下される。
ミティ抹殺に派遣されたのは…  「A」だった。

*** ***


こーんな話を思いついたけど書けなかったw