『モーニング戦隊リゾナンターR 第20話 「Deserter(脱走者)」』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



【劇場版予告・ミズキver】

時を越える少女、ミズキ。
AD2131 Neo Tokyo Cityで暮らす少女ミズキは夢に悩まされていた
絶望の世界を変える使命を託された自分―世界はこんなにも平和なのに?
ボランティアに赴いた老人ホームでの出会い―里沙ばあちゃんはリゾナンターの一人としてpepperたちの旅を見届けたんじゃ

沸き起こるクエスチョン―リゾナンターって一体?
検索するワード―やっぱりヒットしない、リゾナンターもpepperも存在しなかったんだ
錯綜するエモーション―いい加減にして下さい、リゾナンターなんてあなたの見た夢に過ぎません

Neo Tokyo Cityに愛が降りたった―帰ってきたんだねアイちゃん
あなたが新垣さんが言っていたレジェンドの!―未来は一つじゃないんよ

愛の存在は一つのシステムを起動させた―愛と瓜二つのガイノイドアイによって野望を打ち砕かれた男の復讐のシステムが牙を剥く
危ないおばあちゃん―pepperとakシステムが激戦を繰り広げた場所―この森にはコハルとレイナが眠っている

生い茂る樹に触れたミズキ―サイコメトリー―流れ込むpepperたちの記憶

みんなあったことなんだ―pepperもリゾナンターも―記憶の奔流はミズキを真実へと導く

タイムゲートの歪み―わたしが生きていたのは2021年なのに何故―一体どこで道を間違えてしまったの

光井さん、私はどうすればいいんですか

少女の選ぶ選択は、現在、未来、それとも…?

モーニング戦隊リゾナンターR 劇場版『Return to the Future』 絶賛前売り中!



【前回のストーリー】
飯田圭織の残したスケッチを手がかりにやってきた世界で、愛は中澤ネットワークと接触する。
幾つもの並行世界を提携することで支配してきたという中澤裕子たち。
その一人【空間裂開】能力者からの提案を蹴った愛は、複数の中澤たちと交戦することになった。
同じ中澤でありながら、能力や信条を異にする並行世界の中澤たち。
守るべき者―辻希美のためにネットワークを離脱する覚悟を示した【ポロリ】の中澤に別れを告げた愛は迷い込んだミラーハウスの中で、違う世界の高橋愛と顔を会わせた。
見えない障壁に阻まれ、声が届かない状況で唇の動きを通して、意志を読み取った愛の目の前で、もう一人の愛は雨に打たれて消えていった。

第20話 「Deserter(脱走者)」

見覚えのある街角

雨の日でした―私にそっくりの顔なんです―季節は冬だと思います―見覚えはないですか?

雨に打たれ消えていった高橋愛の消息を道行く人に尋ねるが、結果は芳しくない

途方にくれる愛の前に一台のバイクが止まる

保田との戦いで負った損傷を修復する為に別行動を取っていた「A」だった

伴われて向かった先は警察署

「A」の顔を見て驚く署員―あなたは特別捜査官 麻宮サキ

捜査課の一角で情報端末を操作する二人― 雨、冬、消滅 ―8つの案件がヒットした

愛の呟きを耳にした「A」―何か欠けてる




研究施設らしき場所。

薬品を調合しているプロセッサーの状態を見つめる小川麻琴

傍らに佇む研究員が自分の研究の意義を力説している

適当に受け流していた麻琴は完成した薬剤を手に部屋を出て行く

研究の中止は決定事項、研究者が持ち込もうとしたとんでもないものも破棄せよという保田の意向を伝えて

研究者の目が妖しく光る―今更止めろって言われたってね




証拠品の保管室。

2年前に起きた集団失踪事件の遺留品の数々をチェックする愛は見覚えのある服を見つけた

消滅したもう一人の愛が身に着けていた衣類と一緒に保管されていた音楽プレイヤーを手元に隠した




暗い木々の中。

複数の足音

逃げる女を追跡する男たち

追跡を振り切った女は暗渠に身を隠した

ボロボロになった服

恨めしげに空を見上げる




バイクで移動する愛と「A」

「A」が愛に説明する―8人の失踪者の規則的な周列の欠落した部分に向かっている

現場の近くで愛は「A」に頼む

もう一人の愛の残した音楽プレイヤーに何が入っているか聞きたい

舌打ちしながらコンビニの前でバイクを止める「A」

ヘルメットに数滴の雨粒が落ちる




女を追跡していた男たち。

防護服を身につけ銃器を手にしている

脅えたように発砲する男たちの眼前に仲間の死骸が投げ出された

パニックに陥って逃げ出した男の防護服が血の赤に染まる




郊外の大きな緑地公園の駐車場。

分かち合うしかない 全ての命~

イヤホンを耳に一曲だけ残っていた歌の歌詞を口ずさむ愛

遠くで聞こえる悲鳴

駆け出す愛と「A」




誰がこんな惨いことを。

息絶えた男たちの無残に引き裂かれた死骸

気配を感じ目を凝らした愛は暗渠の中に光を見て取った





【生体反応:0】

獣の牙で噛み砕かれ、内臓を中心に欠損が見られる―喰らったというわけか?

愛とは別れて遺体の状況を分析した「A」は男たちの足跡を辿り乗ってきたワゴン車を見つける

車体を確認する為に目を赤外線モードに切り替えた「A」は生体反応を感知した

お前とこんなところで会えるとはな―敵意を剥き出しにした小川麻琴が立っていた




暗渠の中。

泥だらけになりながら探索する愛

プレイヤーの電源は消しているがイヤフォンはつけたままの愛の耳が声を捉える―キルモノ ナイデスカ

ええっと声を上げ、イヤフォンを外す愛

何か着るものは無いですか、この野郎―半裸の女性が血まみれで立っていた





お前は私が絶対だと信じていた人を傷つけた―小川が「A」に襲いかかる

お前ごときが私に敵うとでも?―「A」が小川を嘲笑う

交錯する二人の軌跡を闇の中から捉える電子眼の赤い光




半裸の女は愛の顔を見ると逃げ出した。

幽霊退散、エロイムエッサイムと叫びながら

失礼なと追い詰める愛の目の前で半裸の女は見事に転倒した



暗渠の中の空間で愛と半裸の女、李純が話し合っていた。

女は愛に脅えていたが少しずつ話し出す



日中共同の早安プロジェクト

遺伝子操作と薬物投与によって生み出された九人の能力者
先行して行なわれていた治験体に確認された異常―理性の崩壊、殺戮と破壊衝動

プロジェクトは中止が決定
九人の能力者には二つの選択肢が用意された

人間の心を持ったまま消滅するか
崩壊した精神を抱えて破壊と殺戮に走る破滅の道を行くか

破壊と殺戮に生きるモンスターとして人類の脅威になる道は選ばない
九人で話し合った結果出た答え―認識票に内蔵されたカプセルを摂取して雨に打たれ消えていく

それが正義の味方として人類の為に戦うと誓った自分たちが最後に出来ること

生まれた時は別々でもこの世界から消える時は一緒に消えよう
そう約束して同じ日に雨に打たれるはずだった

任務で死ぬことは怖いと思ったことはない
だけどこの世界から跡形もなく消えてしまうのがたまらなく恐ろしくなった
…だから私は仲間を裏切った。 たとえ怪物に堕ちてでも生きたかった

話し終えた李純
 その目が妖しく光り
  骨格が大きく隆起し
   体表が裂けて爪や牙が鋭く尖り
    巨大な大熊猫の姿に変わっていく



…グルルルル

クマ科目の猛獣の前腕の一撃が愛を襲う…

【次回予告】
獣化した李純に襲われて気を失った愛は、並行世界の高橋愛の死のビジョンを垣間見る
「何で自分の命を奪おうとするものに謝ってるんやろ」
李純に接触する小川麻琴
「君に伝えなければならないことがある」
惨劇の犯人を追い詰めるために動員される警官隊
「あの獣は人間の味を覚えてしまった」
李純に迫る裁きの時、愛が選んだ選択は
「あんたが正義の味方をするなら、私はこの子の味方になる。 たとえ世界を敵に回してでも」
次回、モーニング戦隊リゾナンターR 第21話「救済のfall」
全てを繋いで、罪人を赦せ!!


【劇場板予告・譜久村聖ver】

真実を知った彼女の選択、それは―akシステムの存在がタイムゲートを歪めているなら、私がやることは決まってます

akシステムと決着をつける愛に同行する聖

読み取った驚愕の事実―まさか、Neo Tokyo City全体が巨大なakシステムだなんて

街に住む人々を救うには制御、動力、駆動―異なる場所に設置されたシステムを同時に破壊しなくてはならない

私の能力はサイコメトリー、もし敵に見つかったらどうやって―不安な聖の前に現れたのは

あなたは人間なのに、どうしてシステムの味方をするんです―ワシは利に聡いんや

姉ちゃん、裸エプロンで仕えるんなら命助けてやってもええで―勝ち誇る男

負けたくない、あんな奴に、でも私のチカラじゃ―できるよ、君なら―この声は誰なんです?

チカラは心の輝きなんだ―コハルたちが生きていたことを感じ取ってくれた君の心は輝いてるよ

コハルとレイナの眠る場所に生えていた樹の葉に意志が宿っていた

コハルのチカラを君に貸すよ、恥ずかしがらずにポーズを決めてね―それはチカラの進化―能力複写(リプロデュスエディション)

譜久村聖、行きます―シャイニングレボリューション!!

高橋さん、あなたは全ての世界を救ってください。 私は私と光井さんの生きていた未来を救う為に旅立ちます

劇場であなたは聖戦士の覚醒を目にする