『■ サクリファイスフレンド -スマイレージ- ■』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



                               【index】


■ サクリファイスフレンド -スマイレージ- ■

「矢口さんはこちらの期待以上の働きをしてくれていたわ。」

福田花音は邪悪な笑みを浮かべた。

「プライドが高くて、それでいて卑屈。
打算的で合理的、それでいて感情的で衝動的。」

チッ。まるで私ね。

「矢口さんが一時の恐怖で私達に屈服したと言っても、
当面の危険が去れば、こみ上げる屈辱感に耐えられなくなる…
あのままおとなしく縮こまっているはずはないもの。」

「読み通り、撒いておいたリフューズナンバーの記録を掘り返してくれた。
躍起になってみんなの痕跡をたどってるわ。
そして…」

「フクちゃんに辿り着いた…」

前田憂佳が悲しげに言葉を継いだ。

「うん。いずれ仕掛けてくるわね。」

「…」

「憂佳、フクちゃんに同情してる?」

「フクちゃんも私達同様『処置を受け』てたし
一年も前からすでに覚醒している…
どのみち隠しきれなくなるのは時間の問題だったわ。」

「うん…それはわかってる…。」

「大丈夫よ。このプランがうまくいけば、リゾナントの皆さんがフクちゃんを守ってくれる。
そして同時に、計画の成否もわかる。」

「リゾナントの皆さんが何の疑いもなくフクちゃんを受け入れる、
それはそのまま『光井さんの予知を封じることに成功している』ということだわ。」

「そうしたら…そうしたら…、私達の勝ちよ。」

福田花音はふたたび邪悪な笑みを浮かべた。
でも前田憂佳は知っている。心の中で彼女が震えていることを。
前田憂佳は知っている。
彼女が、『あの人と同じ予知能力者』、光井愛佳を誰よりも恐れていることを。