(43)684 名無し募集中。。。 リゾナンターとダークネスの野球対決


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ついにリゾナンターとダークネスの戦いに決着をつける時がやってきた!
超能力バトルで?
( ´ⅴ`)ノシ<ノンノン
決着の方法は……野球大会だっ!

「そっちは9人だからピッチャーも打席に立てよ。こっちは10人だから指名打者入れるな?」
「しめいだしゃ?なんそれ?」
「えっと……ミキティにもらった解説書によると、『守備にはつかず攻撃だけ参加する人。
 主に守備の下手くそな人か、怪我をしてる人のためのポジション。』だってさ」
「ちょっとダメよ、よっすぃー。このスレじゃ“ミキティ”じゃなくて“ミティ”でしょ?」
「いやそっちのミキティじゃなくてさ。会社とかサッカークラブとか野球チームとか持ってるほうの」
「ああ、あのちょっと悪そうな感じの。そういえば昔ちょこっとお世話になったっけ」

実況[さあ、ついに幕を開けました「リゾナンター対ダークネス」最終戦!
    今、後攻のリゾナンターたちが守備につきます。いったい勝利の女神はどちらに微笑むのか!?]

実況も交えての本格的な草野球が始まった。
エンジ色の三木ティが作った解説書のコピーを片手に守備につくメンバーたち。
同じく、解説書を持って打席に入るダークネスメンバー。
ルールがわからないのはどちらも同じ!条件は対等だ!
つまり、勝敗を分けるのは運と実力、そしてチームワークなのである!


リンリンの火の玉ストレート、やすすの「ボールが止まって見えるぜぇ!」打法、八重ガキさん降臨、
えりりんの「風に乗って飛んでいけ~」ホームラン、愛佳&圭織の「ボールの落下地点が視えます」守備
などが炸裂する試合展開。
そして試合はとうとう9回裏の攻防へ!

スコアは137-138でダークネスの一点リード。
しかしリゾナンターも脅威の粘りをみせてツーアウトながら満塁のチャンスを作った!
ここで打席に立つのは田中れいな!
次のバッターはさゆみなので、これがリゾナンター最後のチャンス!
(さゆみに逆転打を打てというのは、例えるならB’zと嵐と涼宮ハルヒが新曲を発売する週に
 イベントも握手もDVDもつけずにオリコン一位を狙うモーニング娘。くらい無謀なことなのだ!)

実況[おぉっとバッター田中追いつめられた!もう後がありません!さあピッチャー、
   キャッチャーのサインにゆっくりと頷いて……投げたぁぁぁーーー!!!!!!]





こんな最終決戦はいやだ、っていうのを深夜のノリで書きました
収録はしなくていいので許してくだされ