『■ コードネームセルシウス ― ℃-ute ― ■ 』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



■ コードネームセルシウス ― ℃-ute ― ■


これが我々が組織内通者より入手した、
特殊攻撃部隊『 Celsius 』、通称℃の最新資料です。

過去、リゾネイター等との戦闘により数人の欠員を出すものの、
むしろその後の現在方が作戦遂行能力が上昇しています。

実験は某国地下の大型実験施設にて市街地戦を想定し行われています。
フォーメーション、戦術、能力、あらゆる点で重要な情報が読み取れる資料となっています。

対戦する部隊は死刑、無期、禁固100年以上等、重犯罪によりドロップアウトした元兵士、傭兵などを集め
対特殊部隊戦を想定した訓練を3か月行った後、選抜した4人小隊x6。計24名。
ただし℃も部隊側も相手の人数、装備等、互いの戦力は一切知らされないまま交戦しています。
なお、実験開始時、℃の五人は全く武装していません。

この時の℃のフォーメーションに注目してください。
鈴木愛理を中心に中島、萩原がガード役に回り
両翼の矢島、岡井が一瞬で距離を詰めます。
ここです、この場面。
遭遇後、1小隊のせん滅に2秒…。
2秒間で殺傷すること岡井1、矢島3。
恐るべき戦闘能力です。

岡井の能力に関してはこちらをご覧ください。
ご覧頂いているように、全く無防備に接近し目標を撲殺、火器を奪っています。
7.62mm程度のライフル程度では全く殺傷できません。
この場面でも左肺を貫通していると思われ内部組織も完全に破裂しているはずですが…
こちらの場面ではすでに傷がふさがりかけています。
矢島もまた、遭遇時のポイントより0.3秒後、18メートル先の目標の背後に移動し目標のナイフを奪い刺殺。
その後この目標が倒れるよりも早く、次の目標の背後に移動しています。
これらの情報から矢島の能力は【瞬間移動】と推測されています。

また、この場面もご注目ください。
この位置からの狙撃に対しての萩原の行動がこれです。
発射時の弾道計算によれば、鈴木の頭部へと命中する軌道であったことがわかっています。
が、鈴木まで、あと8メートルのところで突然、軌道がねじ曲がります。
これは萩原による何らかの干渉であろうと分析されていますがその詳細は不明です。
そして、これです。
またもや背後に現れた矢島が狙撃手を射殺、
その後一瞬でこちらの瓦礫の影より走り出てくると鈴木の脇へ並びます。

今回、その能力が全く謎のままであったのは、鈴木と中島の2名です。
鈴木はその大半で目を閉じ、拡大映像によれば…歌を歌っていたと分析されています。
しかもそれらは設置されたどのマイクも音声を拾っておりません。
ただ口を動かしていた。そうとしか判断できません。
そして中島ですが、こちらの行動はもっと不可解です。
この映像にあるように…なんだ?停電?
おいどうなって…、え?ぐわぁぁぁ!

――――――――


闇を切り裂き、中島早貴は一人、ジープを駆る。
サイドミラーのほこりを払い、ふと助手席を振り返る。
一瞬前まで無人であった助手席に長身の美女。

「おかえり舞美ちゃん」
「なきこそっちは?」
「全部おっけ」
「こっちも制圧完了。離脱しよっか?」
「おっけじゃあぽちっと」

ジープの後ろで轟音とともに火柱が上がる。
舞美が髪をかき上げる。
かぐわしい女の色香が汗の蒸発とともに風に交じり、拡散していく。
「あー汗かいちゃったなー」