『涙ッチ』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「涙ッチ」
「・・・え?」

ガキさんがいきなり変なこと言うから思わず聞き返すあたし

「涙ッチ」
「なにそれ」
「愛ちゃんの新しいあだ名」

"田中っち"みたい、一瞬れいなの事を言ったのかと思った

「なんでよ」
「すぐ泣くから」

泣き虫って言われてるんやな

「じゃあ泣くの我慢するもん」
「我慢しても泣いちゃうでしょ?」
「ぜーったい泣かないから」

「・・・ダメだよ」
「へ?」
「泣きたくなったら泣かなきゃダメだよ」
「なんで?」
「泣きなくなった気持ちに正直にならなきゃ」
「・・・」

「愛ちゃんの泣きたくなったらすぐ涙を流す素直な子供みたいなところ好きだよ」
「もう、なに言ってんの・・・」
「愛ちゃんが悲しい時に流す涙も、うれしい時に流す涙も、悔しい時に流す涙も全部好きだから」

ガキさんがおかしくなった

「わたし愛ちゃんの涙のファンだから」

ガキさんバカや

「ほら、また泣いてるよ」

気づけばあたしの頬をつたうひとすじの涙

「ガキさんがへんなこと言うからぁ」
「愛ちゃんはそれでいいの」
「・・・うん」
「溢るる感情は抑えちゃならんのさ!」
「なにそれ」
「ないしょ」
「なんだよ、もー」

この気持ち大切にするよ