(49) 510 名無し募集中(I can detect)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


こんなところでどうしたの?
…え?いや、その……ただの通りすがりの者だけど。
なんか思いつめた顔してたから。
よかったら話聞かせて?

生きてる意味が分からなくなった?
死ぬことと生きることに違いなんてあるのか?

違うよ、もちろん。

何が違うのか?
…そうだね、たとえばこの星空。
今はこんなにたくさんの星が見えているけれど、朝になって日が昇れば見えなくなってしまう。
でも……まばゆい太陽に覆い隠されて見えなくなっていても、星は変わらずそこにある。
変わらず、自分の光を放ち続けてる。
見えないことは、存在しないこととイコールじゃないんだよ。
自分の光が太陽に隠されたからって、星がみんな輝くのをやめちゃったらどうなる?
やがて太陽が沈んで、辺りが再び闇になったとき、誰がそこを照らすの?

確かにあなたはこの空一面にある星のうちの、たった一つかもしれない。
だけど、その一つ一つの光の集まりが、こうやって夜を守ってるんだよ。
だからさ、一所懸命光ることが…生きることそのものが、生きてる意味なんだと…私は思うな。
あなたを欠いた夜空はきっと、すごく淋しいよ。少なくとも私は淋しい。

I can detect your star in this sky.

たとえ、まばゆい太陽に覆われた蒼い空の中でも、私はあなたが光っているのを見つけるよ。

ここ…私のやってる喫茶店。
よかったら今度来てみてね。
「喫茶リゾナント」はいつでもあなたを必要としてるから。