『アカネ』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



(痛い──マジ、ありえねーし!)

声がする

誰?
誰の声?

(こんなトコで……じっとしてられるかよ!)

声がした方へ行くと、壁に手をつきながら片脚を引きずって歩く人が居た

「くっ……あーもう!」

ちょっと年上っぽい女の子
でも、髪はショートだし声はハスキーでボーイッシュな感じ

その女の子は、額に汗を滲ませながらゆっくり歩いて行く

「うわっ!」

ドタッ!

女の子が倒れた

「い……った、くそっ!」

引きずってた脚を、何度も何度も叩く女の子
眼には涙が溜まっている

「なんでこんな時に……!」
「大丈夫、ですか?」


気が付いたら、声を掛けていた

「君、なんでこんなトコに……?」

こんなトコ
ここは、ある条件を満たした子どもが集められた施設

「まさか……君は
「肩を貸します。ここを出ましょう」

女の子の背中に腕を通し、立たせようとする

「ごめん、無理だわ」

制された

「ここには、もう誰も居ませんよ」
「居るよ。ハルの仲間が、家族が戦ってる。ハル1人で逃げるなんて出来ない」

戦ってる?
誰と?
そもそも

「その脚で、何が出来るんですか」
「頑張っても絶対に上手くいく保証なんてない。それでも、頑張った先には何かがある。だから、ハルは行く」

上半身を起こし壁に寄り掛かるハルさん

「そんな状態になってまで、戦う理由があるんですか。歩く事も出来ないのに、普通じゃない」
「大切な家族を守るのに……正当な理由なんていらないんだよ」





投稿日:2015/05/13(水) 00:44:21.87 0





ハルさんは壁に手をつき、少しずつ立ち上がる

「……!」

脚を押さえ、うずくまるハルさん
顔色は朱く、汗は滝の様に流れている

「これくらいの痛みがなんだ……心の痛みに比べたら全然っ!」

心の、痛み

「……どこが痛いですか?」
「え?」

ハルさんの側でしゃがみ、痛めた脚に手を当てる

──痛覚制御──ロスト・ペイン

「……痛みが、消えた?」
「怪我を治した訳じゃありません。痛みを消しただけです」

消せるのは身体の痛みだけ

「やっぱり君も……能力者」

人間を超えたチカラを持つ者
でも、中途半端なチカラ
役立たずなチカラ

「そんな事ないよ」


伸ばされた手で、頭を撫でられる

「痛みを消してくれて、ありがとう」
「──!」

そんな事、今まで一度も言われなかった
なのに、この人は

「よし!」

動きはぎこちないものの、立ち上がるハルさん
その眼は施設の奥を見ている

「……行っちゃうんですか?」

ハルさんが振り返る
その表情は、笑顔だった

その笑顔は、誰の為?

「家族が待ってっからさ」

行って欲しくない

「……一緒に行きます」
「危ないから君はダメ」
「危ない場所に、あなたは行くんですか?」

行かないで


「大丈夫! 実は、はるかケンカちょー強いんです! なんてね」
「……怪我してるのに」
「そこ突かれると痛いなー。ま、怪我は君のおかげで痛くないんだけどね。ナハハー」

だって、あなたは

「心細いかもしれないけどさ、ここで待っててよ」

初めて──

「必ず迎えに来るから」

そう言って、フラつきながら施設の奥へ走って行った

その背中を見ていたら、追い掛けたいと思った
ううん、追い掛けるんだ

そう思い一歩踏み出した、その時

「見つけたぞ」

後ろから声を掛けられた

「全員避難した。残るは君だけだ、羽賀朱音」

この施設の人

「直ちにこの場を離れるぞ」
「……はい」


──


施設を出ると、空は茜色に染まっていた

「最後の1人を確保、指定地点に到着しました。転送をお願いします」

通信機で話す施設の人

きっと、ここへは二度と来ないんだろう
見納めにと振り返る

「きれい……」

施設の影から少しだけ見えた太陽
徐々に消えて行くオレンジ色は、まるであの人の様だった

心地良い声
優しい言葉
温かい笑顔

誰かの身体の痛みを消した分だけ、自分の心が傷付いてた
無能力者からは嫌われ、能力者からは馬鹿にされてた

だけど、初めて〝ありがとう〟くれた〝はるか〟さん

あの笑顔に、もう一度会いたい

必ず再会する
その為に、朱音は──





投稿日:2015/05/14(木) 22:03:38.45 0