『リゾナンター爻(シャオ)』 48話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




一方、「金鴉」によって再度転送された香音・春菜・さくらの三人は。

明らかに違和感のある光景。
春菜は率直にそう感じた。見慣れたと言えば、見慣れた。当たり前と言えば、当たり前。
臙脂色の座席、ずらりと並ぶ白いつり革。窓の景色からは、流れ行く光の国の建物が見える。電車の中
であることには間違いないのだが。

「どうしてモノレールの上を電車が走ってるの!?」

リヒトラウムには、各エリアを結ぶモノレールがぐるりと敷地を一周するように走っている。だが、その車
両はこんなどこにでもあるような通勤列車ではない。

「えー、本日は当ダークネス列車をご利用いただき、まことにありがとうごしゃいます」

そこに聞こえてくる、変な声色を使った声。
声のするほうを見ると、車両の通路にチェック柄のバスガイド服を着た少女たちが立っていた。

「列車ガイドの、『煙鏡』でごじゃいます」
「同じく、『金鴉』でごじゃいます」
「……」

突拍子もないシチュエーション。
触れてしまうとややこしくなりそうなので、そのままスルーを決め込む春菜と香音。
しかしこの娘はやはり違っていた。


「あのー」
「はい、なんでごじゃりましょうか」
「電車なのにバスガイドって、おかしいですよね?」
「は?」
「電車だったらやっぱり車掌さんですよね」

真顔でそんなことを尋ねる、さくら。
すると、黒目がちな少女のほうは見る見る顔色を変えて。

「お前やっぱめんどくさいやっちゃな。のんの言うとおりや。ほなあれか。路面電車やったら満足か!
うぉううぉううぉうせいしゅーん、いーろいーろあーるーさーってか!!」
「うーん、ちょっと違うかも」
「ったく!ノリの悪い…まあええ。のん、さっさと着替えや」
「ん、もう終わり?」

「煙鏡」に促された「金鴉」が、右手を相方に翳す。
バスガイドの制服が、みるみるうちに黒を基調とした短パンへそ出し衣装に姿を変えた。

「不思議やろ?お前ら、こいつがただの『擬態』能力者やと思ってるんやろうけど」

意地悪そうな笑みを、「煙鏡」が浮かべる。
指摘の通り。遥そっくりの容貌に姿を変えた「擬態能力の持ち主」。彼女が使役する「転送能力らしき
力」は、もう一人の「煙鏡」を名乗る少女のものと思っていたが。

「のんの『擬態』は、能力の『擬態』でもあるんだよね」

自らも、「戦闘スタイル」へと変化した「金鴉」が、今度は右手を春菜たちに差し向けた。
何もないはずの空間から飛んでくる、冷蔵庫。洗濯機。炊飯器。


「あぶなっ!!」

咄嗟に香音が物質透過能力を発動させる。
三人に掠り傷すら与えることなく後方へ転がってゆく白物家電たち。だが「金鴉」の攻撃は終わりでは
ない。次から次と、当たるとただでは済まない投擲物を飛ばしてくる。

「鈴木さん飯窪さん、私に任せてください!!」

防戦一方の状況下、さくらが躍り出る。
「時間跳躍」。ほんの一瞬だけ止まった時を、軽やかに駆け抜けていった。しかし。

「ああっ!?」

予期せぬ、抵抗。
二人の少女に届くあと一歩というところで、見えない何かに阻まれる。
やがて、時は再び動き始めた。

「…さっそくやってくれたみたいやな。予め『張っといて』助かったわ」

何故突き抜けられなかったのか。
そんなことを考えている間に、「金鴉」がさくらを思い切り蹴り飛ばす。
咄嗟にガードした両腕に、ずしりと重い衝撃。

何この力…!!

力を振り絞り時を止める事で、インパクトの衝撃をずらしたさくらではあったが、それでもびりびりと
痺れるような痛みを免れることはできなかった。


「うちの能力は、『鉄壁』。言うとくけど、ただの結界と違うで? うちの精神力とシンクロした、い
わば無尽蔵のバリアや。そこのぽっちゃりの透過能力でも、すり抜けられへんやろな」

そんな…二人ともとんでもない能力者じゃないか!!

春菜の脳裏に絶望が過ぎる。
能力まで擬態できる擬態能力者だなんて、無茶苦茶だ。それじゃ多重能力者と何の違いもない。それに、
もう一人のほうの能力で絶大な防御力まで備えている。

今いるメンバーじゃとてもじゃないけど…勝ち目は無い。
チームのアタッカーである里保や亜佑美がいたとしても。いや。それ以上は今は考えないほうがいい。
この状況を切り抜けること。そのことのほうが大事だ。

「さて、アホみたいに青ざめたツラしてるとこ申し訳ないんやけど。この電車がどこに向かってるか…
知ってるか?」
「えっ?」

香音が周囲を見渡す。
電車はちょうど、停車場を高速で通過しているところだった。

「どこって…確かリヒトラウムのモノレールは環状になってるから」
「ぐるぐる回るだけ。ま、普通はそう思うわな…せやけど」
「ざーんねんでしたー!途中のレール、ぶった切ってやったぁ!!」

レールが切断されたということは。
すなわち、これだけの質量を持つ車両が高速で地面に落下するということ。


「しかもな。お前らも見たやろ?今、施設のあちこちで火の手があがっとる。そんなんでパニックに陥っ
た大勢の人間に、この電車が突っ込んでったら」
「びゅーん…ぐしゃ!!あはははは!!!!」

楽しげにそんなことを言う、二人組。
間違いない。三人は確信する。この人達は、まともじゃない。

そんな中、さくらは。
先程のミラーハウスでの罠を立案したのは「煙鏡」だと当たりをつける。
「煙鏡」の瞳は、人を陥れることを喜びとする人間特有の昏さを帯びていた。
彼女の言動には、十分気をつけなければならない。

と同時に、自分が元を辿れば「金鴉」や「煙鏡」と同じあの光射さぬ場所にいたことを思い出す。どこか
で、自分と彼女たちには何らかの共通点があるのではないか。そんな漠然とした不安が襲い掛かる。
黒く立ち込める暗雲を断ち切ったのは、香音の声だった。

「そんなこと、させない!!」

そうだ。
今の私は、リゾナンターなのだ。
出口のない迷路に誘われかけた心が、再び引き戻された。


「威勢だけは一人前やなあ、ぽっちゃり。せやけど、自分らどないしてうちの『鉄壁』を越えてくつもりや」
「前がダメなら…上があります!!」

春菜が電車の天井に目を向ける。
その瞬間、香音とさくらにその意図が伝わった。
春菜と香音、さくらの三人が座席とつり革、網棚を利用し跳躍。その瞬間に発動するさくらの「時間跳躍」。
邪魔するものはいない。時間跳躍が解かれた瞬間、香音の物質透過能力の影響下にあった三人の体は天井を
すり抜けていった。

ところ変わって、車両の屋根の上。
休む間もなく三人は車両の先頭を目指して走る。目標は電車の運転席だ。

「早く!あいつらに先回りされないうちに!!」
「はいっ!それにしても、ナイスコンビネーションでしたね!!『上がある』だけで全部伝わっちゃうなんて」
「だって、私たち、『響きあうものたち』じゃないですか!!」

さくらは言いながら、改めて実感する。
自分は今、リゾナンターという輪の中に確実にいる。
あの二人組とはもう、まったく違う存在だということを。

モノレールを走る車両が、段階的に加速されてゆく。
風を切る音が、轟音となって周囲に響き渡っている。
最早、通常運転ではありえないスピードで飛ばしていた。
レールから飛び出すことがあれば、大惨事を引き起こすこと間違いなしだろう。

「鈴木さん右に避けて下さい!!」

突然の、春菜の警告。
咄嗟に香音が身をかわすと、鋭い槍のような物体が天井を突き抜けた。
どうやら簡単には敵も先へは行かせてくれないらしい。


「あ、あぶなっ。もう少しで串刺しになるところだった…」
「私と飯窪さんでサポートします!とにかく先に!!」

いかに香音の物質透過があると言えど、不意を突く攻撃に対しては間に合わない。
そこで、春菜の聴覚強化を利用した攻撃ポイントの先読みを行う。それでも間に合わない場合はさくらの時
間跳躍がある。
二重、三重の防御は敵の執拗な嫌がらせを、まったくの無効にしていた。

「見えてきた!先頭車両だよ!!」

香音が指差す先に見える、尖った車両の鼻先。
ここまで来たら、あとは暴走列車の制御を止めるだけだ。

勢い良く、車両の継ぎ目から前方に向かって飛ぶ。
もちろん全員に物質透過の効力がかかっているため、そのまま屋根をすり抜けて車両内に。
そこで見た予想外の光景に、春菜が思わず口にする。

「え…そんな…」

「煙鏡」たちが明らかな妨害を仕掛けていたわけではない。
臙脂色の座席と白いつり革が整然と並んでいる、ごく普通の電車の風景。
ただ一つ普通と違うのは。

運転席にあたるスペースが、存在しないということ。

「何で!先頭車両のはずなのに!!」
「もしかしたら後部にあるのかもしれません!急いで引き返し…」

慌てて踵を返そうとしたさくらだが、見えない何かによって押し返される。
この力の感触は。


「せっかくの特等席やのに。『最期』までゆっくりしたらええやん」
「いつの間に!!」

まるで三人の退路を塞ぐように。
「煙鏡」と「金鴉」が立っていた。

「後ろ行って探しても無駄や。この車両はのんの念動力で動かしてるからな」
「ありえない…これだけの質量の物質を」
「ま、のんが動かしたのは最初の数メートルくらいかな。あとは摩擦係数がどうのこうのってやつの能力使
っただけだから。のんも自分で言っててわからないけど」
「簡単に言うと。外から勢い殺さんと、この車両は止まらへん」

俄かには信じがたい発言の数々。
中でも、最後の「煙鏡」の言葉は。ありていに言えば、死刑宣告。

「っちゅうことや。ほな、ええ死出の旅路を。のん、早よテレポート使えや」
「…あ。さっき使ったのでもう『打ち止め』かも」
「はぁ!?お前いい加減にせえよ!!」
「なーんちゃってー。麻琴から『大量にいただいた』からね。あと数回分はありまぁす」

おどけつつの、「転送」。
苦虫を噛み潰したような顔をしている「煙鏡」とともに、「金鴉」はまるで煙のようにその場から消えて
しまう。さくらが「時間跳躍」を使おうが、彼女たちには届かない。姿が消えるのを、黙って見ているし
かなかった。


「そんな…どうしよう」

残されたのは、絶望。
このままだと、三人とも車両ごと地面に激突。香音の物質透過で相殺できるようなダメージ量ではないのは
明らかだ。

「か、考えましょう!!考えればきっと何か…」

落ち込む香音を励まそうと、春菜が必死に声をかける。
そんな春菜自身がわかっていた。それがただの気休めに過ぎないことを。
だが、さくらの目の光は消えていなかった。

「鈴木さん!物質透過、使ってください!!」
「小田ちゃん?」
「もしかして私たちだけでも脱出するとか?無理だよ!これだけの速度を出してる電車から飛び降りるなん
て!!」
「違います!飯窪さんが引きちぎった電車の内装を、下に透過させるんです!!」
「抵抗力で減速ってこと!?そんな!危険だよ!!」
「でも、やらないよりはましです!!」

一か八かの、危険な策。
レールの終着点はすぐそこまで、近づいていた。





投稿日:2015/04/22(水) 12:37:23.15 0