『リゾナンター爻(シャオ)』 46話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




まるで魔法の絨毯にでも乗っているかのようだ。
ただ一つ。絨毯がコンビニの入り口に敷かれていたダスキンマットであることを除けば。
逆に言えば、それがさゆみに現実感というものを齎していた。

風に乗り、さゆみを乗せて一定のスピードで飛行するマット。
それを巧みに操るは、足の長い、黒髪の美少女だ。

かそくどそうさ?で操ってるんさぁ。

ふわりと浮いたマットに乗るよう促したその少女は、さゆみとともにそれに飛び乗ると、軽快に空を
飛ばしていった。
危ういバランスで飛行しているような様子を不安げに見ていたさゆみに、少女が掛けた言葉がそ
れだった。

「加速度操作」。
そう言えば、先日春菜と衣梨奈が助けた能力者の少女の使う能力が、それだったはず。
さゆみは思い出す。彼女は。

スマイレージ。
警察組織が新たに対能力者の切り札として結成した「エッグ」の一部隊。


「道重さゆみさん、ですよね? はるなんからよく、話聞いてます」
「そういうあなたは。確か、和田…」
「彩花です」
「そう、彩花ちゃん。彩花ちゃんは、どうしてさゆみを?」

向かい風の強さに、思わず顔を顰めるさゆみ。
それでも「魔法の絨毯」の勢いは削がれない。彩花が加速度操作を巧みに使っている証拠だ。

彩花の同僚・福田花音は自分たちリゾナンターに並みならぬ敵意を抱いているという。
もちろん、彩花は花音ではない。けれど、それが彩花が敵ではないという証拠にはならない。が。

「かにょんが。『リヒトラウム』に向かってるんです。あやのせいで。あやは…あの子を止めなきゃ
いけない。スマイレージの、リーダーとして。そして何より」

さゆみは確信した。

「同じ苦しみを分かち合った、友として」

この子は、自分たちの敵では決してないということを。

しかし、気になるのは愛佳の「予知」だ。
彼女の話した内容をストレートに読み解けば、後輩たちは血の海に沈む。そんな未来が待っている。
そしてそれを望むのは、福田花音なのか。


わからなかった。わからなかったけれど。
ともかく、一刻も早く光と夢の国へと辿り着かなければならない。
ただ単に彼女たちが敵襲に遭うなら、そこまで急ぐ必要はない。なぜなら、さゆみは彼女たちに大き
な信頼を寄せているから。
ただ、愛佳の予知が外れたことなど一度もない。回避する手立てはあるけれど、手を打たなければ間
違いなく確約された未来が訪れる。その正確さは、愛佳と長い月日を歩んできたさゆみが一番良く知
っていた。

「ところで、彩花ちゃん」
「なんですか?」
「リヒトラウムは、こっちの方向であってるの? 何だか適当に飛ばしたようにも見えるけど」

彩花の扱う加速度操作はあくまでも「速度」を「操作」するものであり、物体を飛行させるものでは
ない。
つまり、この場合。最初の投擲が非常に大事になってくる。

「あやには。全てが『観ぇ』てるんさぁ」

まさか。
彼女も、二重能力者だというのか。
さゆみがかつて出会った前田憂佳という少女は、人工的に「造られた」二重能力者だった。
その同僚である彼女もまたそうである可能性は十分だが。

「なーんて。一度、言ってみたかっただけです。実は、あそこに大きな鉄塔が立ってるじゃないです
か。あそこの方向に、リヒトラウムがあるって、知ってたんです」
「なんだ、びっくりしたぁ」

二重能力者と聞くと、どうしてもさゆみは思い出してしまう。
かつて喫茶リゾナントにいた、頼もしいリーダーのことを。
皆を導いてくれた、光と影の狭間に立つ人のことを。


さゆみは、理想のリーダー像というものを模索していたことがあった。
眩いほどのカリスマ性と包容力でリゾナンターたちを率いてきた、高橋愛。
それとは違う形で、統率力と言うものを見せてくれた、新垣里沙。
二人ともリゾナンターのリーダーの名に恥じぬ活躍をしてきた。進むべき道を、背中で語ってくれた。

ならば、自分はどういう形を示せばいいのか。
悩み、迷い、底の見えない思考の沼地に足を取られかけた時。
かつて友が残した言葉が甦った。

― さゆは、さゆのままがいいよ ―

今も自らの病と闘い続けている、無二の親友の語ったことの意味。
ありのままの自分を体現することで、それが新たな後輩たちへの道しるべとなる。
そう思い至った。だから。

陰謀渦巻く光の国へ赴く。
歴代のリーダーたちが、そうしてきたように。
さゆみが後輩たちに、進むべき道を照らすために。


「…そろそろ、見えてきますよ。シンデレラの、お城が」

彩花の言葉に誘われ、前方に目を向ける。
広大な敷地に、色とりどりのメルヘンチックな建物が敷き詰められた光の都。
その中央に、白亜の城が聳え立っていた。

「シンデレラ?」

彩花の物言いに、首を傾げるさゆみ。
シンデレラの城は、もっと東にあるあの有名な遊園地にはるはずだが。

「シンデレラは、幸せにならなきゃいけないんです。必ず」

さゆみには、彩花の言っている意味が理解できなかった。
その真意は、彩花の胸の奥に。語られることは、なく。





投稿日:2015/04/13(月) 22:30:32.73 0