■ インシュアランス -研修生- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



■ インシュアランス -研修生- ■

「これは?」

旧エッグです…

「旧?」

かつて存在した次世代能力者の開発機関です…

「『わたしたち』とは違うのですか?」

同じです…
いえ、『同じに変質してしまった』…
本来のエッグの目的を忘れ…卑近な…
ごく短期間で実用に耐えうる【能力者】を『生産』するなどという…
表向きのお題目を真に受ける実に度し難いおバカさんたちがいましてね…

「あらら。」

まあその結果エッグは頓挫し…
蜜の味を忘れられぬおバカさんたちへのいわば目くらましとして
『研修生』という代替機関が作られました…
ですからその意味では同じです…

「本来の『エッグ』の目的とはどんなものだったんですか?」

『あなたと同じ』ですよ…
あなたが攻性とすれば…エッグは…
そうですね…
まあ名前そのもの、とでも言っておきましょうか…


「このひとたちは?」

彼女たちは『存在しない存在』…
沢山の『彼女たち』にチャンスを与えたのですが…
結局処置に耐えられたのは彼女たちだけでした…

「このひとは?」

…気になりますか?

「とても美しい…」

なるほど…彼女は特別です…
彼女だけが唯一の成功例と言っていいのかもしれない…
当時としては…

「当時?」

ええ…現在では…

「わたしはいいのですか?」


必要ありません…
あなたはあなた自身の【能力】だけで充分に最強だ…

「でも、このひとに私は敵わないように思います。」

その通り…彼女には…あなたは勝てない…
狙われたら最後…逃げることも不可能でしょう…

ですが…それでもあなたが最強だ…
彼女の強さはあくまで『我々の中で』ということにすぎない…
一方あなたは…『A』とわたりあえる『可能性が』ある…
この一事をもってすれば、他の理由なぞ…


「可能性…」

…そう…可能性です…
その可能性が零ではない…それだけで…あなたは最強だ…

「そのときに死ぬんですね?わたし。」

先ほど述べたとおりですよ…

「そうですか。」

怖いですか?

「わかりません…ただ…」

ただ?

「ただ…わたしは…」

———わたしは———





投稿日:2015/04/03(金) 21:57:55.40 0