『Vanish!Ⅲ ~password is 0~』(9)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



「・・・」
彼女は歩き続ける
「まってくださいよ~」
それを追うように歩く少女
「ちょっと、えりぽん、新垣さんも疲れているんだからやめたほうがいいよ」
そんな二人を追う少女

奇妙な奇妙な追いかけっこ

「だって、みずき、新垣さんと次会えるかわからんっちゃよ?
 もっともっと教えてもらわんといかんことあるとよ」
「だからって、新垣さんも疲れているんだよ!同じ糸使いのえりぽんならわかるでしょ?
あんなにたくさんの糸を一度に操ったんだよ。疲れないはずないでしょ」
足早に歩く二人を追いかけてきたためか、はたまた元来のものか頬が紅く色を帯びている
「え~新垣さんなら、あれくらい大丈夫っちゃよ
 そりゃ、えりは一本で限界っちゃけど、新垣さんは最強っちゃもん
 ですよね~新垣さん」
へらへら笑いながら生田は足を止めない、歩き続ける

「・・・」
新垣は何も話さず、歩き続ける

「だからってえりぽん、すべて新垣さんに任せるわけにもいかないでしょ?
 高橋さんがおっしゃってたように、聖達もどうしたらいいのか考えたほうが」
「え~えり、そういうの苦手やけん。できることからすると。
そのためにはまず、えりはえりのできることをすると。そういうのはみずきに任せると」
「え~えりぽん何言ってるのよ!聖だって頭良くないから、得意じゃないんだよ」
顔を真っ赤にしながら譜久村は生田を追いかける
「頭の良さと戦略に長けるって別っちゃろ?道重さんだって常識に弱いところあるけど、策士やろ?
 えりは自分でもわかっとうもん、周りをみれんってことは」
あっけらかんと自分の弱点を宣言する生田をここまで来ると逆に気持ちいいと譜久村は感じていた


新垣は無言だ

「えりは勉強や一般常識ならみずきには勝てる自信あると、みずきお嬢様やん。
 でも、戦略家としては才能ゼロやし、それならしっかりと指示通りに役割果たせるようになるとよ」
「戦略家って聖には無理だもん、聖、そういうのじゃないもん・・・」

新垣は次の角を曲がった

「あ、新垣さん、待ってください」
生田も次の角を曲がった

「あ、えりぽん、新垣さんもお疲れなんだよ!」
譜久村も次のry)

曲がった先の一本道を進むと川辺にたどり着いた
「あ、あれ?新垣さん、どこいったかいな?」
どうやら見失ったようで、眼をこらしてきょろきょろと辺りを見渡す
ようやく息を整え終えた譜久村もベンチに腰を下ろし、ハンカチで流れた汗を拭いてゆく
「まだまだ教えてほしいことたっくさんあるとよ、鉄は熱いうちに打てっいうやろ!」
「えりぽんは熱すぎるよ、聖、つかれたもん」

そこにカコン、と何かを打つ音、次いで、ぽちゃん、と水に何かが落ちる音が響いた
それも一つではなく、何回も続いた
「!!」
全力で駆け出す生田
「え~?また、はしるの?」
(新垣さん!!)
音のする方へ、する方へ、次の角を曲がった
数十個の空き缶が一列になって川端のフェンスに並べられていた


しかし、新垣の姿はない
「あ。あれ?新垣さんはどこいったかいな?」
ゆっくりとフェンスに近づく生田の後ろに、足音が近づいてくる
その主は・・・
「なんだ、聖か」
「なんだってなんですか!!えりぽん、また勝手に走り出すから、なんか、今日走ってばっかりだよ」
生田の暴走に振り回されてばかりに譜久村は半分泣き顔だ

「それで新垣さんはおられましたか?」
「ううん、おらんと、せやけど、こんなんあったと」
フェンスに手をついて聖に示した
「空き缶がたくさん並んでいるね。さっきの音はこれかな?」
「多分そうっちゃろ。新垣さんがワイヤーで狙い撃ちしたっちゃろ」
「なんでわかるの?」
「ンフフ・・・えりの勘っちゃ」
過剰な笑顔を浮かべながら、生田は袖の安全装置を外した

「そして、これが新垣さんの訓練ならえりもやってみたいと
 たぶん・・・この辺かな?うん、このくらいっちゃろ」
フェンスから少し離れ距離をとり、生田は構えた
黙り込み、リズムを刻むように踵をコツコツとならす
頭の中ではワイヤーを右から左に薙ぎ払うように伸ばし、見える全ての空き缶の中心を打つ
打ち払った空き缶達は全て川の中に順序よく、水音とともに沈んでいく

イメージが完成した時点で、生田は右腕に仕込んだワイヤーをフェンス向かい伸ばしていく
始めの数個は完璧であった。鞭で払うかのように、しなやかな軌跡をたどってワイヤーは伸びていく
(よしっ)


しかし、そこからワイヤーの軌道は上へ下へ微妙にずれていく
全て川に飛ばすつもりであったが、そうはならずただ上にとぶだけのものも出てきた
そして最後の空き缶に辿りつく前にワイヤーはフェンスに当たってしまった
結果的にすべての空き缶を払うことには成功したが、イメージしたものとは全然違った

そんなことを露ともしらず、譜久村は「スゴイスゴイ」と手を叩いて喜ぶ
跳ねながら飛んでくる譜久村は生田の不満げな顔を見て驚く
「え?どうしたの?全部倒したのに、何か上手くいかなかったの?」
「・・・」
「すごかったよ、えりぽん、あんなにきれいにカカカカカカーンって」
「・・・すごくなんかないとよ」
「え?え?」
戸惑う譜久村の後ろから、アルトボイスの声
「そう、フクちゃん、全然すごくないよ」
「・・・新垣さん。どこにおられたんですか」

新垣は落ち込む生田に気づかないふりをしながら、空き缶を拾い上げた
「あのベンチから見てた。生田のことだから、ああしていれば『えりもやる!』っていうだろうと思ってね。
 正直、今の生田の技術をしっかり見ないといけない、そう思ってたからね」
「それは今日の戦いをみて、ですか?」
「う~ん、それもあるけど、前から思ってたところもあったからね
 生田が私のことを慕ってくれるのは嬉しいんだけどね、言わなきゃいけないこともあるからね」
新垣自身も言い出すまいか迷っていることがその口調から譜久村は勘ぐった
「・・・あまりいいことではないみたいですね」
「ま、そういう部類に入るかな。ほら、生田」
拾い上げた空き缶を生田めがけて投げつけた
生田は下を向いていたにもかかわらず、空き缶をみることなくキャッチした
「うん、反射神経は相変わらずいいね」
ようやく新垣は笑顔をみせた

しかし、生田の表情は暗く、譜久村の表情はどうしていいものかわからず不安げだ


「新垣さん、えり・・・」
もう一本新垣が無言で缶を投げつけた
同じようにつかんだ生田は中身がはいっているとは思わず、つかんでその熱にやられた
「ほら、それでも飲んで落ち着きな」
新垣は自身のコートのポケットからあと2本取り出し、一本を自分に、もう一本を譜久村に投げてよこした
「あ、ありがとうございます」
「いいって、ほら、立ち話もなんだから座って話そうか」
空き缶のタブを開ける音と喉をごくごく言わせて一口新垣がのどを潤す
「・・・あ~ビールがうまいっ
 ふぅ、二人とも今日は大変だったね」

二人の労をねぎらう新垣
だが、二人の顔は浮かない
「ん?どうした?なに暗い顔してるの?」
「・・・だって今日は新垣さんの作戦も上手くいかなかったですし、亀井さんを逃してしまいましたし
 いいことなんてないんですから、それに作戦も決まっていないから明るい顔なんてできませんよ」
譜久村の弱気をききながら新垣は缶の半分を一気に飲み干す
「そりゃー私だって、反省してるよ、今日はだめだって。
 でも、うまくいかないことのほうが多いんだからさっ、あんまり気にしないのさ」
あまりにあっけらかんとしている新垣を見て譜久村は驚いた
あれほど黙っていた理由をてっきり、今日の反省をしているものだと考えていたのだから

「でも、作戦とか考えるんですよね」
「うん、明日ね。いや~生田、さっきいいこといったからね。私、嬉しかったよ」
新垣に褒められ、少し元気が戻ったのだろう、生田の顔色に血色が戻ってきた
「『できることからする』、その通りだよ、できないことを無理にする
 それって大変だから、余裕ができたときにすればいいんだよ
 はっきり言って、今日の作戦は無理があったのは認めざるを得ない
 今のリゾナンターを囮につかうとか、はっきり言ってリスクが高いからね」


「でも、それしか方法がないのなら聖達は」
最後まで言わないように新垣は首を振った
「いやいや、もうしないよ、約束する。あんな危険な賭けしても無駄だってわかったから」「そ、そうですか・・・」
譜久村は戸惑う、これが新垣が凹んでいた理由なのか?と

「じゃあ、新垣さん、えりに糸の使い方教えてくださいよ!!
 できるようになりたいんです!!えりは新垣さんみたいに強くならなきゃいかんとです」
急に立ち上がり声を荒げる生田に驚く譜久村と対照的に新垣は笑みを浮かべたまま
「うんうん、生田の気持ちわかるよ。でも、少しは落ち着きなさい
 ほら、フクちゃんも驚いちゃってるんだからね」
「ご、ごめん、みずき」

生田が座り、おしるこジュースを一口飲み、その甘さに舌がやられたのを譜久村はみた
「さて、生田の気持ちはわかった。精神操作、精神破壊、私と似た力だからね」
新垣は生田が甘さにやられていることに気づいていないようだ
「精神系能力、それは直接的な攻撃ではないが、使い方次第では反則的なダメージを与えることができる
 私が本気出せば、人格を崩壊させることも、別の人格を作り出すこともできるかもしれない
 ・・・したことはほとんどないけどね」
「は、はあ」
「その分、非常に繊細な部分も必要。人格を崩すほどの大胆さと緻密性、療法とも不可欠
 一朝一夕でできるようなものではないし、私だって人並みに使うには5年以上はかかった
 生田、あんたはまだ3年だから、焦る必要はないよ」

「さて、フクちゃん。フクちゃんの能力は『能力複製』だよね
 これまで生田や私みたいな精神系の力をコピーしたことはある?」
突然話が自分に飛んできたので驚いたが、一瞬、考えすぐに答えを出した
「あります。でも」
「うまくいかなかった」
譜久村が頷いた


「なんていうか自分自身の体じゃないものを、それこそ機械を操るみたいで、全然使いこなせませんでした
 どこをどうすればいいのかもわからなくて・・・糸を使うとかそんなところまで行きそうにもなかったんです
 えりぽんの力を試そうとしたときは、気持ち悪くなって・・・・動けなかった」
思い出したくない記憶の一つが生田の力をコピーした後の副作用
数時間、頭痛とめまい、脱力感におそわれ、見えない何かにつぶされるような幻覚に悩まされた

「精神系能力者の力は普通の能力者とは全く別。『ただ心を操る』『心を覗く』、そんなものではないの。
 耐えきれないほどの他人の心を自身の心をぶつかりあわせて、折れないように、かつ相手の心を崩さないようにする
 小手先の技術なんかじゃこの力は制御できない」
生田の目をみながら新垣はゆっくりと説う
「はっきり言う。生田、あんたはこの力に必要な繊細さが未熟だ
 今の生田じゃ、私には一生追いつけないし、一人前にはなれない」

「・・・わかっとうもん、そんなことは」
弱弱しく生田が眼に浮かべる
「わかっとうもん、えりは精神系能力者やけど、人の心を操る能力者やけど、人のこころがみえないと
 何をして笑って、何をして怒って、何をして悲しむか・・・わからんもん」
「えりぽん・・・」
「鍵穴のように、絡まったコードのように、かっちりと細かい技術が必要なのはわかっとう
 でも、えりにはそれは苦手なことっちゃ!!ドライバーで飛ばすのは得意やけどパターは苦手
 大胆なことは得意っちゃけど、繊細なことはできんとよ!!えりには」
それは隠していた思い。思わず零れてしまった弱音。
「えりは里保が羨ましいと、あんなにはっきりと闘える力があることを
 あゆみちゃんも小田ちゃんも羨ましい。前線に飛び込んでいける力やもん
 えりはこんな力望んでいないと!!もっとみんなにえりらしくなれる力がほしいと」
「甘ったれるな!!」
新垣が立ち上がり思いっきり生田の頬を殴り、生田は地面に倒れこんだ


「なにが『大胆なことは得意、繊細なことは苦手』だ
 『こんな力望んでいない』だって?ふざけるんじゃないよ!!
 それなら私だって、こんな力欲しくてもってるんじゃないんだよ
 生れたときからこの力は私の一部なんだよ、それを自分で要らない?こんな力じゃなくて他の力が欲しかった?
 生田、あんた、それでもリゾナンターなの?ちょっと見損なったよ」

「私だってこんな力、捨てたいなら捨てたい。でも、今の私があるのはこの力のためだ
 私の一部なんだ、私自身なんだ、変えられないんだよ。
 自分でできることをする、さっきそういったのは生田でしょ?それならそれも受け入れなさい
 少なくとも私が知っている生田はこんなことを言う子じゃなかった
 だからこそ、言わなきゃいけない、そう思って改めて場を作ったのに」
突然、立ち上がる新垣
「帰る。生田、あんた少し頭を冷やしなさい」
そして足早にその場をさっていく新垣

「ま、待ってください、新垣さん」
譜久村は新垣を走って追いかけた。生田を置き去りにして、今の新垣を追いかけるなんていつもの自分らしくない、と感じていた
しかし、気になってしまったのだ、いつもの新垣らしくないと
あの新垣里沙がこんなに強く、自分を慕う後輩に強く言うものか、と
その裏には何かがあるのではないか、と。

「ま、まってください」
急に立ち止まる新垣
「フクちゃん、生田を頼むね。あの子は本当に弱いから」
「は、はい・・・でも、新垣さんは何を本当は伝えたかったんですか?」
「・・・」
「こんな展開を予想しておられなかったと思うんですが、新垣さんは生田がしっかりと覚悟していると思ったんですよね?
 それなら何を」


「・・・フクちゃん、生田の言うことはある意味正解だよ
 向き、不向きがある。得意、不得手はあるよ。だから・・・私は生田に、私の後を追うのはやめろって言おうと思った」
「そ、それってどういうことですか?リゾナンターをやめろっていうことですか!!」
「違う、具体的にはワイヤーを使うのをやめろってこと・・・かな。
 あの子には人並み以上、それこそ私以上の身体能力がある。それを使っていけばいいんじゃないかってね
 ・・・だけど今の生田にはそんなことを考えさせる余裕はないね
 結局自分らしさを確立させていないんだからね。悩む年頃なのかもしれないけどね
 それに、フクちゃんも考えた方いいよ、自分の役割ってことを」
「え??それって??」
「生田がいってた参謀役、っていうのも悪くないよ」

自分自身が参謀??
考えられない、と思っているとふと残してきた生田が不安になって後ろを振り向いた
前を向くとすでに新垣は姿を消していた
(・・・)
夜風が身にしみた、涙が浮かんだが花粉のせいではないだろう

★★★★★★

「生田、フクちゃん、強くなるしかないんだよ。だって・・・愛佳の予知では」





投稿日:2015/03/30(月) 23:15:04.71 0