『リゾナンター爻(シャオ)』 43話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




一方、同じミラーハウスの別の場所に転送されていた春菜は。
「擬態」能力の持ち主がこの場所を戦場に選んだ目的を早くも理解していた。
しかし、春菜は心の余裕を保つ事ができる。なぜなら。

「おーい、はるなん!!」

すぐに、遥のものだとわかる塩辛い声。
彼女の「千里眼」と自分の「五感強化」があれば、相手がいかに自分達のうちの誰かに擬態しようとも
見破る事ができるはず。

遥の声のするほうへ駆け寄ると、相手もまた春菜を探していたようで、出会い頭でばったりと出くわした。

「なんだ、こんな近くにいたのかよ。いるんだったら返事くらいしろって」
「えっ、あ、ごめん。ちょっと考え事してて」

相変わらずの年上を敬わない態度、けれど今はそれが頼もしく映る。
能力者の少女の攻略に、遥の能力は不可欠だからだ。


「ねえくどぅー、『千里眼』で相手がどこにいるか、視える?」
「さっきからやってる。こっから斜め右方向でちょこまか動いてら」

忌々しげに遥が言うのを聞いたか聞いてないか、ミラーハウスの館内から大きな声が聞こえてくる。例
の少女のものだ。

「改めて自己紹介ね。のんは、『金鴉』。金のカラスって書いて、きんあ。”メインディッシュ”が来
る前にお前らと遊んでやるよ」
「くそ!とっとと出てこいよ!!」
「そうそう。のん、ダークネスの『幹部』って奴だから」

ダークネスの「幹部」。
この二つの言葉は、即座に緊張を齎す。
つまり、7人がかりで挑み、まるで歯が立たなかった赤い死神のことを、どうしても思い出させてしま
うのだ。

「そんな!まさか、あの子道重さんが言ってた…」
「幹部にしちゃ随分しょぼい能力使ってくるじゃん。『擬態』なんてせこい力、見破っちゃえばわけな
いって」

怖気づきかけた春菜の心を、遥の頼もしい言葉が支える。
確かにそうだ。彼女は自分のことを「オリジナル」と称していた。つまり喫茶店に現れたのは彼女のク
ローンなのだろう。しかし、使う能力が変わらず「擬態」ならば。

そこへ、鏡を通り抜けてきた香音が飛び出してくる。
ほぼ、同時に鏡の回廊を潜り抜けてきたさくらもやって来た。
「金鴉」と名乗った少女が連れ出したと思しき全員が、ここに揃ったわけだ。


「これで全員っすか?」
「多分…周りに他の子たちの気配もないし」

遥の問いに、香音が頷く。
香音。春菜。遥。そしてさくら。前線でも戦えるさくらを除き、見事に後方支援のメンバーが狙い撃ち
された格好だ。

「これはヤバいですね…」
「でも、逆に言えばチャンスかもしれない。私の『嗅覚強化』とくどぅーの『千里眼』があればね」

春菜の考えはこうだ。
いくら相手が「擬態」して自分達に化けようが、個人特有の匂いだけは誤魔化せないだろう。また、相
手の位置は常に遥の「千里眼」によってマークされている。

「それと、あの時道重さんに教えてもらった…」
「うん。これだね」

さくらと香音が、自らの右手の甲を見せる。
それを見て、他の二人も。甲には大きく「×」の文字が書かれてあった。

擬態能力者の襲撃があった日。
自分達に姿を変えて再襲撃してくるであろう刺客対策として、さゆみから教えてもらった策。

「ははは、あいつ、得意げに何か言ってたけど、うちらがこれだけ対策してるのなんて知らないだろうね」

そんなことを言いながら笑う香音。
しかし、その背後からナイフをかざした遥が。


「あぶないっ!!」

その瞬間を目撃したさくらが、時間停止を仕掛ける。
さくらが止められる時間など、瞬きするかしないかくらいの僅かな時間しかない。が、不意を衝いた襲
撃を防ぐには十分だった。

「いって!!」

さくらに突き飛ばされた遥が、後ろの鏡にぶつかり尻餅をつく。
止められた時間の中にいた香音と春菜は一瞬何が起こったのかわからないようだったが、すぐに事の重
大さに気づく。

「え?くどぅー!?」
「どうして!!」
「はるの千里眼舐めんな!お前、鈴木さんに擬態した偽者だろっ!!」

戸惑う三人を他所に、遥は大きくそう叫んだ。

「そんな!だってみんなの手の甲には×印が…」
「あいつの姿がどこにも見当たらないんだよ!!どこに消えたか探したら、見えたんだ!こいつの中に、
『金鴉』とかいうやつの姿があるのを…」
「かのは偽者じゃない!だってさっき、偽者に会ったばかりだし!ほら!『能力』だって使えるから本
物だって!!」

遥に疑われ、近くの鏡に自らの手を出し入れしながら、必死に香音は自分が本物である事を弁明する。
確かに、擬態能力の持ち主ならばそのような芸当はできないはずだが。


「いや…でもまさか…もし、『能力』すら擬態できる奴だったら」
「ええっ!そんなことできるんですか!?」
「わかんねえけど、もしそうなら『鈴木さん』のアリバイはあてになんないよ!!」
「そんなこと言ったらどぅーだって!!」
「はるはあいつの声が館内に響いてる時に、はるなんといたし!!」

疑念が疑念を呼び、収拾がつかなくなりつつあるが。
もしも相手が「能力」さえ擬態できるとしたら、四人のうちの全員が怪しいということになってしまう。

「確かにくどぅーの言うとおり、私は『金鴉』が大声で話してる時、一緒にいました」
「だよな。鈴木さんは? 小田ちゃんはどうなんだよ」
「それは…」

彼女たちには自分の身の潔白を証明してくれる人間がいないのは明らかだった。
となると、疑いはいよいよ二人のうちの一人に絞られてくる。

「か、かのはあいつの、『金鴉』の姿を見てるんだから…だとしたら」
「え、わ、わたしですか!?」
「・・・だったら『小田ちゃん』しかいないな。諦めて姿現せよ」

矛先を向けられたその瞬間。
さくらの姿が掻き消えた。

「やっぱりだ!あいつ、正体がばれたから逃げたんだよ!!」

そう。
この瞬間に、擬態していた真犯人は明らかにされた。
そのことを知らないのは、真犯人だけではあったが。





投稿日:2015/03/24(火) 22:20:04.71 0