■ ヘッジホッグ -石田亜佑美X石川梨華- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



■ ヘッジホッグ -石田亜佑美X石川梨華- ■

「おどろいた。銃が撃てる【獣】?
アナタすごいの持ってるのねえ。」

石川梨華が芝居がかった態度で大げさに驚いて見せる。

「でも、いまのは、たった2本。
アナタのその豆鉄砲みたいなのは?ああ10丁だけだったわね。
10丁あって、こっちの2本に精一杯って感じじゃない?
じゃあ次、こっちも10本に増やしちゃおうかしら…」

石川の周囲にうねる触手。
立ち上がり、反り返り、その先端を奔らせるべく、力をためる。

『スカークロウ!フォワード!』
案山子は石田を背に、迫る触手を阻まんと一歩前へ。

「さぁ!おてなみぃ!はいけええええええん!」

殺到。

10の触手がうなりをあげ、石田と案山子に殺到する。

完全不利な状況。
だが、ドヤ顔は、崩れない。

『スカークロウ!フルバースト!』

号令に案山子が応える。
無言の了解を、その身に示す。


それは正に、針鼠のごとく、
全身から、無数に生え連なる―――

―――フリントロック、フリントロック、フリントロック!

火力を、数で、補う。

『エイミーング!ファイヤ!』

大轟音

10の触手の、その先端が。
爆ぜ、爆ぜ、爆ぜ、四散する、霧散する。
飛び散り、舞い散り、消滅する。

『リロード!』

無数の銃が滝のごとく抜け落ち、瞬時に新たな銃へと生え変わる。

『エイミーング!』

針鼠の、その針が。
無数の、銃口が。
先端を失った、その触手の根元、石川梨華へと。

『ファイヤ!』



                               【index】





投稿日:2015/03/08(日) 16:52:15.14 0