■ ライオンスタチユ -石田亜佑美X石川梨華- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



■ ライオンスタチユ -石田亜佑美X石川梨華- ■

「なるほど、それでアンタなの。」

大気が渦巻き、常人には見えざる、雄々しき獅子が、『現象化』する。

「アンタの【能力】も【獣】ってわけね。」

『リオン!アタックモード!』

主の号令に、咆哮で応える。

『GO!』

迎撃の触手をかわし、駆け抜ける。
その中心部、石川梨華めがけ、突進する。

だが

「でも、無駄。」

からみつく。
触手が獅子を捕える。
獅子が、触手を噛み千切る。
だが、その間に、さらなる触手が、胴に、脚に、
次々と絡みつき、締め上げる。
めきめきと音を立て、
獅子の身体がねじれ、潰れ、引き伸ばされる。


「…『カムバック!リオン!』」

寸前、獅子は、かき消すように、
空中に四散し、消滅した。

「あーあー、あっけなかったわね?
それにしてもアンタ、なんでさっきから、
わざわざ大声あげて【獣】に命令してるの?
考えただけで動かせるものだと思ってたけど、違うのね。」

「…ウチからしたら、コマンドも出さずに、自由に動かせるほうが、
よっぽど、おかしいんですけど。」

「はぁ…まあ、いいわ…
まだやる?またすぐ『出せる』んでしょ?」

「…」

「え?うそでしょ?私なんか子供の頃でも4~5回はいけたわよ?」

「出来ないとか、言ってないし。
ウチだって、すぐ出せます…何回かは。」

「何回か?ずいぶんとまあ未熟な事。」

「…出せるけど!出さないんですよ!」

「まあ、なんでもいいわ…で?どうするの?
…まだやるの?それとも、おとなしく降参する?
降参するなら、許してあげてもいいわよ?
そうね…両手両足を、引きちぎる程度で。」


「…やってみればいいじゃないですか…どんとこい!このやろ!」

「へえ、まだやるの…じゃあ最後まで…」

ずるり、ずるり、と触手が立ち上がる。
そして、ゆっくりと凝縮する。
力を、ためる。
その瞬間を、待つ…殺戮の瞬間を…

「…やりましょう。」

触手が、殺到する。
殺到する、石田へと、殺到する。

『カムオン!バルク!バルク!アーマードモード!GO!』

「え?なに?」

獅子ではない。
凝縮する大気の中心。
再び『現象化』したそれは…


巨人

…巨大な板金鎧。

だが、触手は怯まない。
襲い掛かる。
幾重にも触手が、絡みつく。

「まあ!アンタそんなことできるの?」

見えざる巨人、その腹部、
中空の、その鎧の中、
石田亜佑美が、そこに、居た。



                               【index】





投稿日:2015/03/04(水) 18:15:24.73 0