■ トランケイト -中澤裕子- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



■ トランケイト -中澤裕子- ■

「石川が…?わかりました。
その情報は、あなたの所で留めておきなさい…ええ、ご苦労様」

中澤裕子は頭を抱えた。

「きっついわ…」

情報漏洩には十二分に配慮していた。
石川が知る余地は無かった、はずだ。

「どこや、どっから漏れた…」

  なに?また石川が暴走してるの?
  ああ、たのむわ、ちょっと行って捕まえてきてくれへん?

圭ちゃんがおったら、こないなん、なんでもないことやったのに、な…

かつての右腕は、もういない。
だがそれも、己の招いたことだ。

最悪の結末を回避する。
そのために必要なことは、すべてせねばならない。
その過程で起こるイレギュラーに、かまけている余裕はない。


犠牲は、やむをえない。

そうや、ウチはもう賽を投げてしもうた。
いまさら日和るわけにはいかん。

ならば、どっちや?
どっちを、とる?

決断は、すぐに下された。



                               【index】






投稿日:2015/03/02(月) 18:43:16.34 0