(102)944 名無し保全中。。。(喋り過ぎた刀)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



さすらいの少女剣士・鞘師里保。
それまで愛用していたなまくら刀の「出利」が敵の剣士に打ち切られ、新たな刀を探すことに。

山を越え谷を越え。
念願の妖刀を手に入れたおっさんから奪い取ったその刀は。

「ファーwwwwwwお前目がしじみやないかwwwwwwwww」

「アカンなぁ。やっぱり経験不足がモノ言うてるなぁ」

「床上手っちゅうのはな、エッチがうまいってことや」

まるで喋るように、滑らかに相手をなで斬りにしてゆく妖刀「秋刀魚」。
こちらが振らずとも、勝手に斬る。喋る。そして斬る。
まさに斬撃のマシンガン。恐ろしい刀であった。

果たして鞘師は、この呪われた刀を使いこなすことができるのか?





投稿日:2015/02/25(水) 19:42:02.76 0