■ スパイラルラボラトリ -中澤裕子- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



■ スパイラルラボラトリ -中澤裕子- ■

らせん階段。
巨大な、巨大な、らせん階段。

中央の支柱をくりぬく資材用エレベーターは、
生物が載ることを許さぬ構造となっていた。
殺菌と粉塵除去…
低温と低酸素…

その『実験室』の、主のもとにたどり着くには、
この階段を、降りていくしかない。

中澤裕子は、いつもそうしていた。
それが、この女に会うための、儀式か何かであるように…

やー中澤さん、おひさしぶりです…

「最近、定例に出てこんな…」

いろいろいそがしくて…

「それがこれ、か」

ええ、まあ…

「セルシウスを動かしたんは、お前やな」

ふふっ…


「勝手は困る…『あれ』の確実な回収…それが至上命題や。
お前の横やりのせいで、余計な犠牲が増えた。
…この責任、どう取るつもりや。」

責任?もちろん…私の責任は、いつでも、いくらでも、とりますが…
もし、矢口さんや保田さんのことをおっしゃっているのなら…
それは自業自得というものです…

「…なんやと」

何も知らずに首を突っ込むのが悪い…
『横やり』というのであれば、そもそも私の実験の邪魔をしてきたのは、
矢口さんですからね…中澤さんもおっしゃったはず…
…すべて、私に一任する、と…

「来たるべき時のため、『あれ』を完全に組織の制御下に置く…
その為の権限は与えた。
だが、それだけや。
その為のあの子らであり…そのための実験だけや…
『あれ』の制御どころか、回収すらできん状態で、
勝手にあの子らを殺すことまで許可した覚えはない」

ご期待通り、『あの人』には鎖をつけてあげたじゃないですか…
私は私の責任は果たしていると考えますが?

「その鎖が制御できとらんというのでは、元も子もない。
あの子らは生き残ったが…『あれ』の回収は失敗…
それで責任を果たしとると?」

…何をおっしゃるかと思えば…『あの人』の回収など…
もう、どうでもよいではないですか…


「なに?」

あの子たちにも『夢』は必要でしょう、と、言う事です…

「何が言いたい?何を言っとる?」

障害が大きければ大きいほど、『夢』への渇望は強固なものに…
もはや、あの子たちは、どんな犠牲を払っても、その『夢』を諦められない…
引き返せない…
あんなに失ったんですもの…あんなに失って、ここで諦められるわけがない…
たとえ、この先もっと…何倍も何倍も…失うとしても…
…『夢』とは、そういう『呪い』ですよ…

あの子たちの『夢』にとって、『A』の覚醒は、夢のとん挫を意味することになる…
…ふふふ…もう、放っておいても勝手に、あの子たちは、
こちらの意図したとおりに動いてくれます…

「ばかな…お前は、あの子らを捨てた…
セルシウスまで使って…お前は失敗した!
これでどうやって『あれ』を使うんや?
もう…時間は残されておらんのやぞ!」

先日、あの子たちから連絡が来ました、と、言ったらどうです?…

「なん、やと?」

取引したい、だそうです…ふふふ…

ふふふふふ…


…良い子たちでしょう?

ふふふ…なんてすばらしい!

特にあの子!
私も!惚れ惚れするほどの!
完璧な!合理主義!

あんなにだましても!友人を二人殺しても!
地下深くに捨て去っても!それでもちゃあんと!戻ってくるんです!

しっぽをふって!

ははは!傑作!はらわたが煮えくり返っていることでしょうに!
今すぐ私を!八つ裂きにしたいでしょうに!
それなのに!微笑みすら浮かべて!

命の恩人で!全ての元凶で!
友のかたきで!裏切り者の!

この私!

この私に!まだ!利用価値があると!

ふふふ…ふふふふふふ…

私は取引に応じましたよ…
あの子たちの要求を す べ て 、飲みました…

だぁって…それは!私自身、一度『やってみたかった』ことだったんですもの!

あははは!

いやもう本当に!
思わず!この手で抱きしめたくなります!

『直接会えないのが!本当に残念!』

中澤さん!私たちは何も失いませんよ!すべてが私の!思い通りだ!

あはははは!あははははは!あはははははは!



                               【index】






投稿日:2015/02/14(土) 02:57:01.92 0