『リゾナンター爻(シャオ)』 33話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




白亜のお城をバックに、玉座に座るシンデレラ。
彼女を守るようにして、生気のない顔をした取り巻きたちが取り囲む。

「唐揚げ」

姫が命じれば、下僕の一人が跪き、白い皿に盛られた唐揚げを差し出す。
その山の一つを摘み、満足そうに口に入れ頬張る姫。
唐揚げだったら、無限に食べられる。そんな至福の表情だ。

「ティッシュ」

次の命令で、別の下僕が引き抜きタイプのウエットティッシュを御主人様の目の前に。
引き抜いたティッシュで油のついた指を丁寧に拭い、それから意地悪な視線を正面に立つ人物
へと差し向けた。

「タケちゃんさあ、あたし、何て言った?」

ゆっくりとした口調に隠された、鋭い棘。
名指しされた、茶色い頭の少年少女は途端に顔を引き攣らせる。
覚悟を決めてきたはずなのに、たった一言で朱莉は萎縮してしまった。


「あの、て、敵を倒せって」
「だよねえ。びっくりしちゃった。あたし、間違った指示を出したんじゃないかって」

大げさに表情を緩め、朱莉に問いかける花音。
気にするでない、よきに計らえ。そんな台詞が飛び出てもおかしくないような、寛容さ。
薄く微笑みを作ったまま、花音は。唐揚げの一つを思い切り朱莉に投げつけた。水っぽい音を
立てて朱莉にぶつけられた唐揚げは、ぽそりと地面に落ちる。

「じゃあさ。なんでフクちゃんがここにいるの?」

ゆっくりと玉座から立ち上がった花音が、朱莉の目と鼻の先まで近づく。
油で汚れた指を朱莉の着ているパーカーで拭い、それから。

「ブクブク太ったアザラシの言うことは聞けないって?」
「いや!そんなことは」
「福田さん違うの!これは聖が朱莉ちゃんに」
「外野は黙ってな!!」

見かねて声をあげた聖を、花音が強く制する。

「あたし言ったよね?今回の襲撃が、『スマイレージ』の名誉を回復させる唯一の方法だって。
それをしないってことは、タケは『スマイレージ』なんかどうだっていいんだ?」
「だから、ちがっ!!」

近距離からの右フックが、朱莉の脇腹に叩き込まれた。
もちろん非力な花音であるから、大してダメージにはなっていないが。


「あかりはただ!こんなやり方…間違ってるって…」
「嘘つくなよ。あんたはただフクちゃんがリゾナンターにいるって知ったから躊躇しただけで
しょ。あたし、知ってるんだから」

朱莉の顔が、苦くなる。
花音の言う通りだ。スマイレージに敵対しているという、リゾナンター。その中に、聖がいる
ことを朱莉は知らなかった。だが、実際に聖に会い、話を聞くと。どうしても花音がお題目通
りの行動をしているとは思えなくなってしまった。

「福田さん、お願い、聖の話を聞いて!!」
「今あたし、タケと話してるの。フクちゃんの下らない話はその後に聞いてあげる」

聖は、覚悟を持ってこの場に来た。
何故、花音は執拗にリゾナンターをつけ狙うのか。そのことを問い質すために。
その答え如何によっては、戦うことも止むを得ない。けれど。
こんな朱莉を吊るし上げるような結果は、望んではいなかった。

「ねえタケ。『スマイレージ』としての決断より、フクちゃんのことが大事? もしかしてなん
か怪しい関係なんじゃないの?」
「だからっ!」
「なーんてね。わかってる。タケちゃんとフクちゃんは養成所時代からの仲良し。そうでしょ」

無言で頷く、朱莉。
それを見た花音は心底嬉しそうな顔をする。


「じゃあさ。その美しい友情とやらに免じて。ここは退いてあげる」
「えっ!ほんと!?」
「ただし…これを耐え切ったらね」

花音が、指を鳴らす。
それを合図に朱莉に群がる、花音の下僕たち。

「福田さん何を…きゃあっ!!!」

それと同時に聖の周りにも操られた男女が集まる。
両手を取られ、さらに身動きができないように固められてしまった。

「フクちゃんは黙ってそこで見てな。お友達が頑張る姿をね」

朱莉を取り囲んでいた群集のうちの三人が、一気に襲い掛かる。
それに対する、当然の反応。朱莉は両手を合わせ、光り輝く何かを発生させる。合わせた手を
広げれば、それは棒状に伸びてゆく。

一瞬。
朱莉がその棒状の何かを翻し、回し、相手に叩き付ける。
崩れ落ちた男を飛び越え、なおも襲い掛かってくる二人。朱莉に打ち込まれる拳と蹴り。
しかし朱莉には傷ひとつ与えられない。先ほど朱莉が出した光る棒が、薄く延ばされ楯状にな
って相手の攻撃をシャットダウンする。

それでも怯まずに向かってくる敵の一人に、朱莉の派手な回し蹴りが突き刺さる。
足はやはり、光り輝く何かに包まれている。さらに背後を狙おうとにじり寄っていた最後の一
人に向き直り。
大きく弧を描いての突進で懐に飛び込んでからの、ゼロ距離からの拳。
光輝く何かに包まれた拳の一撃を受け、男はぐうと音を立てて崩れ落ちた。


「ちょっとー。何やってんのタケちゃん。抵抗しちゃあダメなんだって。増してや『可塑錬気』
を使うなんて、論外」
「そんな!!」
「あれ?タケは、フクちゃんのために頑張れないんだ?」
「くっ…」

光輝く自らの気を練り、思いのままの形にして操る「可塑錬気」。
それが朱莉の能力だった。
ある時は棒状にして武器とし、ある時は手足に纏わせ攻撃力の強化に使う。さらに、盾として
展開することで相手の攻撃を凌ぐ装甲ともなる。
攻防兼ね備えた、戦闘向きの力。
それを奪われるということは。

「がっ!がぼっ!!」
「いいねー。今のはみぞおち入ったかな?」

囲まれ、無防備の腹に一撃を加えられる。
操られている男に力の加減などできるわけもなく。
ただの少女となってしまった朱莉の体に、容赦ない拳が突き刺さった。


「あかりちゃん!」
「みずきちゃんだ…大丈夫だって。こんなの、ぜーんぜん、効かねーから…ぐっ!!」

精一杯の強がりを見せて笑ってみせる朱莉。
だが、花音の下僕の一人の繰り出した足払いに、体勢を崩し地面に倒れてしまう。
そこへさらに無慈悲な追い打ちをかけられる。文字通りの、袋叩き。

「福田さんっ!もうやめて!!これじゃ朱莉ちゃんが!!」
「あたしは別にやめてもいいんだけど。タケがフクちゃんのために体張るって、どうしても聞
かないからさぁ」

まるで朱莉が自ら申し出て今の状況を作っているかのように話す、花音。
それでも朱莉は地に手をつき、立ち上がる。

「ふ、福田さん…あかりがこれを耐え切ったら…約束、守ってくれるんですよね」
「あったりまえじゃん、可愛い後輩の頼みだもんね」

満面の笑み。
それが何を意味しているのか。
大勢の手で上から押さえつけられ身動きできない聖は、ただ見守ることしかできない。
それが、途方も無く悔しかった。





投稿日:2015/02/09(月) 22:35:10.47 0