■ ウィスパーインザノースウィンド -光井愛佳・福田花音- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



■ ウィスパーインザノースウィンド -光井愛佳・福田花音- ■

電光掲示板が搭乗可能な旨をインフォメーションしている。

「ほな、ウチ行くわ」

はい、お気をつけて

「堪忍な、急なことやったのに、なにからなにまで手配してくれて」

いいえ、私は…

「?」

本当に…

「んん?」

本当に、いいんですか?
この記憶を奪えば、リゾナントの皆さんは、もう光井さんを追えない…
たとえ共鳴したとしても…
光井さんには『それが共鳴だとわからない』し、自らも『共鳴を返そう』と『想え』なくなる。
…それは、きっといつか…


「ええんや…どのみち…な…」


「ええんやて、ええんや…」


「なあ福田ちゃん」

はい

「もし…ウチの記憶がすべて戻ったとしたら…
…そんとき、ウチは、アンタを許せるんやろうか?それとも…」

許せない…でしょうね

「…そうか…堪忍な…」

…変な光井さん、なんで光井さんが謝るの?

「だってアンタ、ええ子やん?
なのにウチはアンタ憎まなアカンのやろ…そんなん悲しすぎるわ…」

…ちがいます…私は…

…私は…

光井を乗せた便を見送り、一人、つぶやく。

そのつぶやきは、北風だけが――



                               【index】





投稿日:2015/02/07(土) 01:54:19.00 0