■ クシダノギナン -新垣里沙・田中れいな- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



■ クシダノギナン -新垣里沙・田中れいな- ■

「おそい!遅いよぉ!田中っち!」

目を開けると、そこにガキさんがおった。

なん?バス?れいなたち以外誰もおらんと?貸切かいな。

「ちょぉっとぉ!いーつまでそこ突っ立ってんのぉ?
今日は田中っちが地元を案内してくれるってゆーさぁ」

そうやったっけ?れいな地元飛び出してから一度も帰ってないっちゃのに…
…もう…あれからどんくらい経っとるとかいね?
あっという間だったような…長かったような…

あれ?れいなどこ案内するつもりやったとかいね?
だってあの頃の流行のお店も行きつけのお店も
みんな無くなっとるかもしれんちゃのに…


「みて!田中っち!さくらだよぉ!さくら!あそこいこうよ!ほれ!
なんかでっかい神社見えてきたよぉ!」

えー!いつのまにバス走っとっちゃかね?
まいいかガキさんの行きたいとこいきましょう。
神社がええならそこに。

「いやーでっかい神社だったねぇ」

ですねー。

「ほぉっ!さくらだ!さくらだよ?田中っち!」

きれいですねー。

「田中っち!田中っち!…」

楽しい…楽しい…
なんやっとかね…
久しぶりったい…

ガキさんと、二人でこんなに…

楽しかった…楽しかったと…
また、また行きたいです…
ガキさんと…また…いっしょに…

―――そうだね…また、行けたら、いいね。―――



                               【index】






投稿日:2015/02/06(金) 01:26:09.93 0