『リゾナンター爻(シャオ)』 29話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




里奈は再び、凶悪な刃を握り直す。
相手の意識から自分の存在を消してしまう「隠密(ステルス)」ではあるが、先ほどのような殺気に対する
条件反射のようなものまで防ぐ事は難しい。

しかし。
里奈は殺気を消すことにも長けていた。
里保が里奈の殺気を捉えたのは、あくまでも「捉えさせた」だけ。その気になれば標的の目と鼻の先まで
近づくことができる。そして、いかなる反射神経の持ち主でも避け切れない近距離から、ナイフを相手の
体に滑り込ませる。

何が「水軍流」だよ、だっさ。

そう、こうやって、音も立てずに里保に近づいてゆく。
所謂猫足という歩き方。比喩でも何でもなく、僅かな足音すら立たない。彼女の道筋に蝋燭が絶え間なく
並べられていたとしても、炎は少しも揺れることはないだろう。
まさに、里奈は「隠密」に相応しい能力者と言えた。

不意に、足元に冷たさを感じる。
視線を移すと、水溜まりがそこに出来ていた。


あいつの、仕業?

里奈は忌々しげに、行列に並ぶ里保を睨み付ける。
初撃を殺気に対する反射神経のみで凌いだ里保。同時に彼女は周囲に水の粒子を展開させた。しかし里奈
の力により、結界も無に帰す。襲撃されたこと自体を認識できなければ、それはただの水溜りに過ぎない。

どうせ反射的に水を出しただけ…いや、違う。

相手を侮る気持ち、それはすぐに打ち消された。
先ほどの恐ろしいまでの反応。里奈の姿が見えていないにも関わらず、里保は彼女のナイフの持ち手に正
確な突きを繰り出している。
この水溜りもまた、彼女の水軍流のもたらす戦術なのか。

だとしても。
里奈はほくそ笑む。
もしこれが里保の張った罠だとするなら、おそらくこう使うはずだ。
里奈が水溜りを歩く。すると、足をつけた場所に波が立つ。あるいは、水から足を抜いた時に滴が落ちる。
その変化が、里保にとっての警報となる。

水溜まりの範囲は意外に広いが、迂回すれば避けられないこともない。
しかし里奈は。迷うことなく、水溜りを突き進んだ。

…そんなの。意味ないんだよね、ばーか。

里奈の能力である「隠密」は、能力の対象から里奈という存在を完全に消してしまう。
その中には、もちろん「彼女が触れているもの」も含まれる。
例えば彼女の身に着けている服、得物であるナイフ。
そして。彼女の靴を浸している、水溜まり。


よって水面が波打つのを里保が視認することは、できない。
すり足で移動すれば、水滴がしたたり落ちることも、ない。

楽勝過ぎる。
こんなことで、「下手を打った」スマイレージの名誉が回復できるとは。
今回の花音の召集で、最も乗り気ではなかった里奈。
対外的には、スマイレージはダークネスの幹部の一角を崩したということになっている、それでいいじゃ
ないかと思っていた。増してや花音の個人的な復讐に付き合うなど、馬鹿らしいとすら。

ただ、リゾナンター随一の能力の使い手をこの手で仕留めるというのは悪くは無い。
里奈自身の勲章は多ければ多いほど、いい。そう考えると、安いお使いではある。

ゆっくりと水溜りを滑りつつ、標的の様子を窺う。
里保はまるで何もなかったように、隣の恰幅のいい友人とたわいもない話をしている。
簡単だ。近くの自販機にコインを入れて商品を取り出すくらいに。

足元の感触が、変わった。
どうやら水溜りから抜けたようだ。ここからは音を立てないように歩き方を変えなければならない。とは
言え、もう里保は目と鼻の先の距離にいるのだが。

ナイフの柄を数度、握りなおす。
汗ひとつかいてない。冷静だ。ここ一番の時、最も心を取り乱さないメンバーとして花音は里奈を買って
いた。だからこそ、リゾナンターの「最強」にぶつけた。その期待に応える、ではない。当然の結果なの
だ。

里保の目の前で、立ち止まる。
がら空きの脇腹。そこに、ナイフを突き立てる。
あっという間の出来事だ。


そして彼女の思った通りに、本当にあっという間の出来事だった。
腹へ滑り込ませたはずの銀の凶器は里保の鞘によってまたしても弾かれる。さらに危険を察知して後ずさ
ろうとする里奈の足を、里保が思い切り踏みつけていた。

そこから空いているほうの足で、里奈の側頭部にハイキック。
綺麗に決まった蹴りは、里奈の意識を一撃で奪い去った。

ぱたりと倒れる里奈に、もう「隠密」の力は働いていない。
急にばたばたと動き始める里保に何事かと目を剥いた香音だったが。

「え、何里保ちゃん? この人誰!?」

ようやく、ナイフを握り締めたまま倒れている少女を認識する。
対して里保はポーカーフェイスを崩すことなく、床の一点を見つめていた。
そこにはくっきりと刻まれた黒い染みが、数個。

里奈の「隠密」は完璧だった。里保が作った水溜りのトラップにも対応できたはずだった。
だが彼女が最後に詰めを欠いたのは。黒い染み。濡れた靴が刻み込んだ、足跡だった。

「隠密」の能力は、里奈の触れたものを対象の意識から消す。
逆に言えば、里奈から離れてしまったものにはその影響は及ばない。つまり、床の足跡がゆっくり近づい
てゆく軌跡を、里保は目撃する事ができるということ。

姿を消して、こちらに気づかれないよう忍び寄る人間。
それは最早、里保にとって倒すべき敵であった。


「何でこんなとこに倒れてるの? 里保ちゃん、知ってる人?」

矢継ぎ早の香音の質問。
さあ? と答えようとした里保の表情が、険しくなる。
倒れた少女の傍らに、女がいた。
テーマパークには似つかわしくない、カーキ色のツナギのような服。
こちらを見ている、爬虫類を思わせるような目。
表情はどこまでも冷たく、そして見えない。

「侵入者…?モニターで見た連中とは違うみたいだけど、ま、いっか。その前に…と」

言いながら、倒れている里奈に掌を向ける。
すると。里奈の足が、何か白いもので覆われ始めた。
その行為が何を意味するか。里保の本能が強い警鐘を鳴らす。

「やめろっ!!!!!!」

危機感は激しい言葉となり、それは行動に繋がる。
里保は持ちうる力の全てを水の生成に費やし、里奈目がけて大量の水を打ち出した。
水流の勢いで、里奈の足に現れた白い何かが洗い流される。
一方、突然の水の発生に騒然となる利用客たち。

「その判断は、正しい、けど。周りを騒がせたって意味で…40点かな」
「あんた、何者?」

香音が里保を守るように、一歩出る。
その問いは明らかに、「危険な相手」へのものだ。


水の噴出を天井からの漏水か何かと思ったのか、並んでいた行列がばらけ、大きな隙間ができた。
その隙間を縫うように、女が動き出す。

迷いの無い動き。
ひと目見て、里保は相手が達人クラスの体術の持ち主であることを確信する。
香音の脇をすり抜け、ペットボトルの封を切る。即座に里保の手に収まる、水の刀。

「なるほど、水の能力ね」

言いながら、電光石火の勢いで里保と交差する女。
その時、里保は見た。女の手から、白く輝く結晶のようなものが析出しているのを。

一撃必殺のつもりで放った太刀筋はかわされた。
だが、こちらも攻撃を受けていないはず。そう思った里保だが、手の中の水の刀が急に制御を失ったよう
に暴れだし、そして破裂した。
四散した水が里保の顔にかかる。舌先に、わずかな刺激が走った。

「これは…塩?」
「どうでもいいけど、ここ、出ない? じゃないと」

そこで女にはじめて、表情のようなものが生まれる。
目を細め、笑っている。けれど、そこにあるのは。

「ここにいる人たち、全員巻き込んじゃいそうだから」

人をいくら殺めても、一向に構わないという機械のような感情。
里保と香音を、言い知れないほどの寒々しい空気が押し潰そうとしていた。





投稿日:2015/01/24(土) 03:40:53.86 0