(101)861 名無し予告編。。。(『ゼリー王子とサイダー姫』)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



名無し募集中。。。@\(^o^)/:2015/01/18(日) 01:24:28.35 0

不特定多数の人間が突然行方不明になり、その代わりのようにゼリー状の物体があちこちに散乱する、という奇妙な事件が発生した。
「うわ、気持ち悪いね…」
眉をひそめるリゾナンターの中で、里保だけが覚悟を決めたような顔をしていた。
「きっと、これは…」

ー里保が放った水の流れが、少年の前でピタリと止まる。
「変わらないね」
「…あなたもね…ゼリー王子」

チャットから出たネタより
さすがにゼミネタ盛り込むのは難しいかなw









「絵本?え、りほちゃんが書いたの?」
「うん、ちっちゃい頃だよ?…あの、恥ずかしい…とか言ってる場合じゃないけどあんま見ないで…」
「ぶは、みじかっ!4ページしかない!これ鞘師が書いたの?」
「はい~?ちょっとまーちゃん、今なんて」
「で、これとさっきのニュースと何の関係があると?確かにゼリー王子って名前やけど…」

「…ゼリー王子は、本当にいたの」


ー「…ほんとに変わってないね。すぐ止められちゃう。飽きちゃうよ」
里保は肩で息をする。触れなければゼリー化することはないが、逆にこちらも何の攻撃も仕掛けられない。
「お姫様は、大したことないね」

建築物などの一部が消失し、代わりにゼリー状の物体が散乱するという奇妙な事件が発生した。

はじめは面白おかしく取り上げられていたものの、その被害に合うのはついに無機物だけではなくなってくる。

ペットが。野生動物が。そしてついに……人間が。

「これ以上、悪だくみはさせないわ…」

立ち上がった少女が口にするその名は…

次回、『ゼリー王子とサイダー姫』

「サイダー姫なめんなぁ!」





投稿日:2015/01/18(日) 01:40:47.89 0